家族に愛されすぎて困ってます!

甘草 秋

22話 ハタとカズ(初の別視点)


「もう遅いし、今日はここまでにしましょう」
「はいよ」
「うぇ〜〜」

 亜紀斗は長時間ぶっ続けの勉強会で疲れたみたいだ。

「まさか、因数分解から分からないとは......」

 亜紀斗の脳は想像以上の皆無で、中学の時に習った因数分解すら曖昧だった。公式を覚えていなかったのだ。

「ほら、疲れてるんだったら早く帰って寝て方がいいぞ」
「そうだな」
「じゃまた」
「さよなら伊藤さん」
「あばよ」

 伊藤さんは素早く片付けを済ませ、教室を後にした。

「俺達も帰るぞ」
「おう!」







 ーー伊藤さん視点



 私の名前は伊藤 かなで。16歳の高校1年生。一応、中間テストの成績は学年二位で、クラスの委員長も務めてます。趣味は読書と勉強、好きな教科は数学です。
 そんな勉強ばかりしている私にも、今ハマっているものがあります。

 それはーーゲームです!

 私の家系はとても厳しく、親が病院の院長をしていることもあって跡継ぎのため、勉強ばかりしていました。当然、ゲームは禁止。何一つ楽しみがありません。
 ですが、私は出会ったのです。スマートフォンから簡単にダンロード出来るアプリのバトルロワイヤルゲームと。
 私はこのゲームを初めてプレイした時、とても興奮したんです!ゲームってこんなに楽しいものなんだ!と。
 今日も家に帰って、そのゲームをします。なんと今日はアップデートが入りましたから。

「お母さん、ただいま」
「奏、お帰りなさい」

 リビングにいる母に挨拶した後、自室に行き、鞄を置いて、早速スマホを取り出します。

(あの人・・・、やってるかな?)

 あの人・・・とは、このゲームで知りあった人。つまり、ネットの友達です。

「あ。オンラインになってる」

 今日も一緒にゲームをします。この人とは、妙に親近感があって勝ち負け関係なく純粋にゲームを楽しめます。
 私のキャラクター設定は男です。何で?って聞かれると困りますが、ゲームの世界は自分と違う人が良かったからです。

??))今日もやろうぜ!
??))おう!

 ゲームをして、ご飯とお風呂を済ませ、またゲームをする。
 勉強から離れた一日を送るのは裕福だった。

ーー今日くらいは、勉強休んでもいいですよね。








 言い忘れてました。私のプレイヤー名はーー










ーー「カズ」。









 一部の内容を変更しました。

サバイバルゲーム→バトルロワイヤルゲーム

「家族に愛されすぎて困ってます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く