家族に愛されすぎて困ってます!

甘草 秋

1話 ただいまの前に


「はぁー。疲れたー」

 ぎこちない溜息をつきながら、自分の家への帰路を歩く。

「はぁー............ふぅー............はぁー............」

 何度も何度も息を吐く。
 別に走っているわけでもない。何か熱いものを冷まして食べようとしているわけでもない。
 ただ......家に帰るとより疲れが増すのだ。
 只でさえ学校が疲れるのに、これ以上俺をボロボロにしないでくれよ......。
 こうして話しているうちに、あっという間に家に着いた。
 普通なら元気よく「ただいま!」というのだが。何というか......「ただいま」を言う隙もくれないんだよな......。
 玄関のドアに手を掛ける。鍵は開いている。後は開けるのみ。

「はぁー。何で俺、家に入るのにこんなに躊躇しなきゃいけないんだ......」

 何で俺がこんなにも困っているのか。その理由は......まぁこのドアを開ければおそらく分かるさ。

「よし......!」

 俺は、思い切りドアを開けた。



そこには............

「みんなー。ただい......」

「お帰りなさい!春ちゃん!ご飯にする?お風呂にする?それとも......わ・た・し?」
「母さん......たまには普通にしてくれよ......」
「ちょっとー。春くん!遅いよ〜。お姉ちゃん凄く待ったんだよ?」
「春。私も凄く待った。けど、大丈夫。春の妄想をして、たっぷり癒されたから」
瑠美姉るみねぇ、遅れてごめん。それと瑠奈姉るなねぇ、後で話がある」
「うわぁ〜ん。良かった〜。たーくんが事故に巻き込まれたかと思っちゃったよ〜」
「ちょっと里姉さとねぇ、泣かないでよ。はい、ハンカチ」
「春お兄ちゃん!お帰りなさい!ねぇねぇ!早く絵本読んでー」
「分かった分かった。寝る前に読んでやるよ」


 そう。俺、近衛このえ 春鷹はるたかは、家族に愛されすぎて困ってます。

「家族に愛されすぎて困ってます!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く