バドミントン部

watson

部活見学

 体育館を覗いてみる。
しかし、そこにはトレーニングジムでバーベルを持ち上げている人、ランニングマシンを利用している人がいるだけで、天井は低く、とてもバドミントンができるような場所ではなかった。また、部活動をしている雰囲気もなかったのでその日は家に帰ることにした。
帰り道、確かにあの体育館で間違いないのにどうして部活がなかったのか心に引っ掛かるものがあった、1度部活のホームページを確認することにした。
バドミントン部のホームページには[学校内にある3つの体育館のうち1番南にある体育館で活動をしています!]と書いてあった。間違いなくあの体育館だ!でもなぜやってないのか、練習の日程が違ってたのか?いいや、今日のこの時間帯はやっている、、、んっ今日は自主練って書いてある、もしかして全員サボってたのかも!
そう結論付け、また明日行くことにした。

 次の日、もう1度同じ体育館を見に行くとまたやっていなかった。その日は自主練ではなく、本練となっていたのでサボっていることはない。不思議に思いながら体育館の周りでラケットを持っている人が来るのを待っていると、いかにもバドミントンをしそうな格好の男性がきた、直接「バドミントン部ってどこでやってるかわかりますか?」と聞きたかったが勇気が出ず、その人についていくことにした。すると、その人は体育館の2階に上がって行く、2階建ての体育館だったことにいま気づいた。そこでは、10人くらいがフットワーク練習をしており、私がついていった(尾行していた)人は、ちょうど荷物を置いたとこだ。
  やってやるぞ!という熱い気持ちと大丈夫かな?という冷たい気持ちが混ざったまま春なのに少し蒸し暑くなった体育館に足を踏み入れた。

「バドミントン部」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く