最初で最後の無法地帯

こむぎ子

興味

出会った第一印象ははっきり言ってしまえば
(あっ、首が良い)
だった。
補足しておくと諫名は首(顎の下から肩の上まで)と手(主に指や爪)がフェチな女性だったのだ。
その化け物は縫い合わせのある古めの帽子を被り、顔にはペストマスク、茶系の行燈袴にケープの外套、鷹の翼(袖に通してあるから腕?)に片足白いライオン、もう片足は鳥の骨のような状態で、白い尻尾が生えている。
しかし何よりその首だ。首が良い。ペストマスクも良い。
私は恐怖よりも先に興味が勝った。
いやしかし恐怖心が一切無い訳では無い。
好みではあると語るが脳だけがそのように謳っているだけで、体は何も行動を起こせずにいた。
「そんなに怖がる必要は御座いませんよ。あたくしは死神ではなく、ただの化け物で御座いますからな。」
「なら、良かったです…?……あっ、はじめまして。諫名です。」
「あたくしは、『虚音イフ』で御座います。」
案外友好的なものだったなぁと後々に思う。
「……この祠に、何か御用が…?」
「いえ、あたくしはこちらに」
イフ、と名乗るその方は上を見上げた。
そこにはまだ季節を迎えていない椛の木があった。
「椛のお嬢」
(お嬢?…お嬢??.........雌株、とか?そういうのなのかな??)
椛の木を見つめる彼(彼?)は、表情はペストマスクで見えないものの、どこか慈しむような、愛おしく思うような雰囲気を感じた。
「……って、やばい!塾あるじゃん!!」
ふと現実を思い出した私は、リュック紐を握り
「ごめんなさい!!えっと…イフさん!!生贄はまた別の日に!!」
とその場を走り去って行った。
「はて…。」
イフは首を傾かせて、人間の慌て去る様子を見送った。

「最初で最後の無法地帯」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く