クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

281話 閑話 主の友

まさかこんなところで会うことになるとは………。
一人はよく知らない人でしたがこの二人、確か名前は水澤沙耶と美樹夏蓮。
そして、マスターの想い人だと思われる人。
リリ姉はよくそう言ってるだけなので、実際にマスターが言ってたわけじゃないです。なのでよく分からないところではありますけど。

リリ姉は普段は冷静沈着なのにマスターの事となると途端に自信と冷静さを欠く所があるのでなんとも言えません………まあ、ニキスも人の事は言えないですが。
あの頃のニキスはまだ自意識が幼くて、色恋や感情の区別が中々つかなかったのでよく判らなかったですし、マスターの想いの真相はよく分かりません。

それはさておき実際この三人はマスターの同郷の仲間、確かマスターはクラスメイト?と呼んでいた人達。
勇義とか言うマスターを害する様な奴なら噛みちぎってやるところですが、この二人はマスターと友好な関係を結んでいたはず。
ここでただ断って放置するのは得策ではないはずです。
ラズ姉もそれが分かってたから言葉を話せるニキスを待ってたんでしょう。
取り敢えず、相手の提案聞き再開の約束をしておけば、後々マスターの好きな方に動ける。

「それでニキスさんとラズリさんはどこから来たの?」

「ニキス達ですか?」

う~ん。
この辺は別に正直答えて問題ないはずです。

「帝都です。」

「あっ!良かった一緒だ。」

「良かったと言うのは?」

「私達の実力じゃ夜のこの森はリスクがありすぎるもの。」

水澤沙耶はそんな風に話す。
………仮にもマスターと同郷の戦士……それにそれなりの強さがあるのを感じます…………この大樹海が危険とはいえ、そこまでリスクが高いようには感じないですが………まあいいです。

「ニキス達も渓谷を抜けて帰るところです。ご一緒しますか?」

「いいの?」

「はい。是非ともご一緒に」

その後、渓谷付近に再び現れていた魔物達を倒しながら歩きます。
倒した魔物はラズ姉の中に突っ込みます。 
そして、渓谷を抜けました。

「おそらくマスターは許可してくれるとは思いますが、もしかしたら駄目かもしれません。明日は冒険者ギルドで落ち合いましょう。………後、ニキスはちょっと用事があるので武道会当日までは一緒に訓練出来ません。ラズ姉は大丈夫みたいなのでダンジョンに行くならラズ姉と行って下さい。」

ラズ姉は食べ物があるならどこでも良いみたいだし、ダンジョン行きを喜んでいます。

「そうなんだ………。でも本番来てくれるだけでありがたいよ。」
 
「さて、ニキス達は早く帝都のマスターの所に戻りたいのでここで失礼します。」

「うん。ありがとう。またよろしくね?」

ラズ姉を頭に乗せ全力で帝都に帰ります。
1時間位でようやく帝都まで戻った来ました。

「あれ?リリ姉だけですか?」

宿の部屋に入っても中に居るのはリリ姉だけです。

「ニキスにラズリですか……。あれ?二人は一緒の用事だったでしたっけ?」

「別の用事だったのですが、少し金が必要になって大樹海に魔物狩りに言ったら偶然出会ったのですよ。あっ、それとは別に…」

「ただいま。戻ったよ。」

「今帰りました。」


マスターとエミリアが帰ってきました。

「おかえりなさい。」

「マスターお疲れ様です。」

「おぉ……僕らが最後か?……いやヒスイがまだか?」

「ムギムギュ」

………へぇ………なるほど。

「ラズ姉曰く、どうもヒスイは帰らず森奥まで行ったそうですよ。大樹海の5強とかいうやつの一角である精霊に会いに行ったみたいです。因みに冒険者ギルドの受付で面白い人が仲間になったみたいでその人と二人で奥まで行ったみたいです。」

「面白い受付?………まさかな。」

「マスターの方は何かあったのですか?」

「あぁ…………少し気になることがあるにはあった。………ダンジョンに言ったんだがそこにいた魔物が僕の元居た世界の言葉を話してたんだよ…………。」

「それって…………どういうことなんでしょう?」 

「それが考えても分からないんだよね。………う~ん。」

マスターの故郷のことが分かるのは嬉しいですが。………いつかマスターがニキス達の事を置いて元の世界に帰ってしまうのでは?と心配になってしまいます。
マスターの望みなら受け入れますが…………その未来が怖いです。

「それでニキスとラズリの方は何かあったの?リリアの方は変わらず対人戦やってるだけだろうし。」

「人を戦闘狂見たいに言わないで下さい。」

「ごめんごめん。それでニキス達は?」

あっそうでした。美樹夏蓮と水澤沙耶についてマスターに聞かないと!

「そう言えばニキスとラズリの力を借りたいと言う人が居たんですがマスターに聞きたくて。どうも「魔装師]という職業で、魔物の力を武器にして戦えるようで、武道会に出るのに新たに使役獣を探してたそうなんですが、ニキス達の強さを見て一時的にでも良いから力を借りたいらしいのです。もし可能ならニキス達の主人であるマスターに明日会いたいと………。…それでその力を貸して欲しいという人間が」

「良いよ良いよ!ニキス達にも新しい交遊関係をつくって欲しいとは思ってたんだ!ヨシヨシ!明日?時間ぐらい幾らでも作るさ。」

マスターは以前からニキス達にもっと色んな人達と交遊を持っていて欲しいと思っていた様でニキスとラズ姉を誉めてくれます。
う~ん♪頭撫でられるのはホワホワしてポカポカします。

「あっ!でも、武道会に出ると言うことだったのでリリ姉と戦うことに…………。」

「いくらニキスとラズリが力を貸したとしてもそんじょそこらの冒険者に負けるつもりはないですよ。それに正々堂々とした勝負で負けたのなら仕方ないことです。」

「だってさ。」

♪久しぶりにマスターにナデナデしてもらえました。
珍しくラズ姉もご飯以外の事で嬉しそうな顔をしてます。
………う~ん?何か伝えないといけないこともあった気が……?

「ヨシヨシ♪」

まあ、思い出せないなら大したことではないですね。

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く