クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

280話 降って沸いた者

「そう警戒しないで下さい。…………皆さんにケンカを売るつもりはありませんよ。………少なくとも今は。」

最後に不穏な言葉を聞いたが一つまずは大丈夫と思っていいんだろうか?
そのまま無言の時間が過ぎる。
何かを話さないとと思ったのか夏蓮が声を絞り出す。

「何でこんなところに獣人の貴女が?」

そう言えばそうだった。
受付嬢の話によれば、大樹海の北部でしか生活してないって聞いてたのに。

「?……あぁ~。なるほどそれでですね。…安心してください。ニキスは大樹海の獣人ではないです。なので仮にニキスと敵対したところで獣人族達は動きませんよ。」

その言葉を聞き、一先ず安心する。

「それで?ラズ姉の力を借りたいとか?何やら武道会で勝ちと言ったと聞いたんですが?」

「ラズ姉?」

「あぁ。ラズ姉と言うのはこのスライムのことですよ。本当の名前はラズリ。ニキスのお姉さんなのでラス姉です。」

「そうなんですね。」

その後事情をかいつまんで説明する。
本当は双音自身が説明する方がいいんだろうけど、双音には話辛いこともあるだろうし、代わりに私が説明した。
双音がパーティーで情報解析と索敵をやっていること、パーティー内で一部の人間が現状双音に自衛能力が無いことを理由にパーティーから追い出そうとしていること、武道会に出て実力を見せないとパーティーから追い出されそうなこと、職業[魔装師]の力があれば魔物の力を借り自己を強化できることを説明した。
勇者のパーティーであることは内緒だ。
冒険者ギルドには言ってるし、色んな人が知ってることではあるけど、勇者のパーティーがパーティー内で揉めてるなんて噂が広まってほしくない。

「新しい魔物を仲間にしたらこの近くのケヘランダンジョンって所に行ってレベル上げをして武道会に備えようかと思ってるんだけど………どうかな?」

「スライムさん………私じゃ嫌?」

そう問いかけるとスライムと獣人の少女は悩むような素振りを見せる。

「……まあ、いいですよねラズ姉?」

「ムギ……キュ。」

「…………えぇっとですね。実はニキスは魔物なんです。」

そう獣人の少女が言った瞬間、少女は煙のように消え、そこに猫が残る。
[擬人化]のスキル持ちの魔物!
最低でもBランク級以上の力を持つ魔物の中で知性の高い魔物が持っていることの多いスキルだと聞いてる!

「ニキス達、実はある方の使役獣で、今鍛練の最中なんです。力を計るために一時的に力を貸すのはニキス達も願ったり叶ったり何ですが、マスターの許可がいります。」

「そうなの!?」

なるほど………それでか。
スライムと言えば知性無き魔物の代表格って聞いたことがある。
それなのに初対面の人を守ったり、地面に文字を書いたりと特殊過ぎた。
それが誰かの使役獣ってことなら納得だ。

「そうですか……。他人の力を借りて勝つというのも………。」

これはお断りする流れになってきてる。
う~ん。
仮に今すぐ野生の魔物を仲間にしたところで直ぐに活躍できる強さになるとは思えない。
それに勇義……というよりは供花に双音がパーティーに必要だ。と思わせるには[魔装師]の将来性を見せるだけで十分だ。
あれでも供花は使えるものはなんでも使うタイプ。
双音が自分に降りかかるリスクを減す力があるとすれば、パーティー残留に積極的になると思う。
その点この二匹は最高だ。今回限りなのは残念だけど、私達勇者パーティーメンバーをも上回ると思われるこの二匹の強さ………それと双音の[魔物魔装化]と合わさればどれ程の力になるか想像できない。

「双音チャンスよ!これ!勇義達を見返すチャンスじゃない!」

「えっでも、それって私の力じゃ………。」

「仲間の魔物を力を生かして双音の力として一つに纏める能力こそ双音の力。ちょっと先の自分の力を見させてもらうだけのようなもの。それに相手の二人?二匹?もメリットがあるって言ってるし遠慮することないよ!」

「そう……なのかな?」

「私も二人の力を借りていいと思うよ?」

夏蓮も助け船を出してくれた。

「双音ちゃんにとっても、多分今後使役獣になる魔物にとっても、使役獣決めって大切なことなんだと思う。それを急いで決めるのって勿体ないし、なんか言葉には出来ないけど変な気がする。仲間にする魔物はまた時間を掛けて探そ?」

「そう……だよね。うん。そうする。私のフォークちゃんもハックスちゃんもなるべくして使役獣になったんだ………。そんな決め方じゃ新しい使役獣に悪いよね。」

………フォークにハックス。
それぞれレストホを略してフォーク、イドフォを略してハックスってのは分かるけど………名前が食器と印刷機に聞こえるんだよ………ネーミングセンスが…………。


「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く