クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

277話 ニキスの悩み

ふぅ。ようやく抜けたわね。」「ムギ。」

「はぁ……道中もラズリちゃんばかり活躍してて結局ヒスイさんの実力を見れなかったんですけど………。」

「まあまぁ~。良いじゃん。まだあとで見せるから。」

う~ん。中々実力を披露するに相応しい相手がいなかったのが問題だったなぁ。
何かあっと驚く敵はいないもんか?
私より強いやつらは噂の5強くらいのものなのかもね。
そう言えば5強と言えば獣人族はまだ見てないな?
スィヨンは元気だろうか?

「獣人族達は見てないけどこの辺には居ないの?」

「獣人族達ですか………実は彼らが普段暮らしているのは大樹海の中でも比較的に弱い魔物が多い北側の密林区域なんですよ。南側には山脈に風竜、カルナ湖に精霊、湖より手前にはエージェントベヒモスと強者ばかりですし、ただの魔物でも強い魔物ばかりですから。昔は獣人族の戦士達が食料を得るためにこの辺まで出っ張って来てましたが、今も続くセレン聖強国との戦争で疲弊し、この辺で獣人族と遭遇することはなくなりました。」

「ふーん。また戦争の話かぁ。」

人間のルールはよく理解しきれてないけど、なんで戦争なんてするかなぁ。
耳と尻尾があるかないかの違いだけじゃん………。
私達精霊なんて、同じ精霊でもそれぞれ見た目がまるで違うのに。
まあ、私は自分以外の精霊なんて出会ったこと無いけど………妖精なんかはちょいちょい見かけてるけどね。

「ムギギ」 

「あらほんと?じゃあここでさよならね?」

ラズリとはここでお別れか。
私は当分大樹海から帰るつもりは無いけどラズリは日帰りみたいだし、ここらで狩りしてる方がいいかもね。

「ちょっ!本当にラズリちゃん置いてくんですか?」

「あら?まだラズリの実力を疑ってんの?」

「ギュ~?」

「違います。私はヒスイの実力を疑ってるんです!ラズリちゃんの強さは理解できました。それならなおさら戦力として連れてくべきです!」

「はぁ。大丈夫大丈夫。」

「私は貴女の心配をして!……って!あっ待って!」

話が長くなりそうなのを察してラズリが木々の中に逃げてってくれた。

「ほら、もうどこ行ったか分からないし行くわよ。」

「………………。はい。」


〈ニキス視点〉

あれ?あの姿は?

「ラズ姉。こんなところで会うことになるとは。」

「ムギ。ムギギュギュ」

「あぁ~。ヒスイさんとですか?なるほど…………積もる話もありますが、それは帰ってからの宿でしますか?ここまで片道でかなり掛かりました。渓谷には魔物が多いと聞いてましたがまるで居なかったお陰でこんなに奥まで来ることになってしまいました。」

「ムギ?キギュギュムギ?」

「はい?あぁ~。ラズ姉が倒してしまってたんですか?まあ、ニキスの目的は高位の魔物を倒して素材を売ることなので、結局この辺まで来てもっと強い魔物を狩らないといけなかったと思いますし。では、ニキスはもう少し奥にいきます。」

ラズ姉と別れて森を歩きます。

裏ギルドの情報を得るために情報屋を見つけるのはなんとかできましたが、まさか金貨50枚も要求されるとは思ってもなかったです。
完全に子供の悪ふざけと思われてるのか、実際にその額を要求してきているのかは分かりませんが、集めるしかないですね。
マスターに頼めば高値で売れる高位の魔物の素材を[アイテムボックス]から出してくれそうですけど、マスターばかりに頼るようでは使役獣としてマスターに顔向けできません。

…………キチキチキチ!………


魔物………カマキリですか?
………こっちに向かって殺気をとばしてきてますね………ニキスを……食うつもりですか?
まあ、叩き潰してあげます。

…………キィシャァー!!………。

二本の大きい鎌による攻撃………。
中々に自由度が高く厄介ですね。

「[影移動]…………[アサシンエッジ]!」

木々の影に入り込み、カマキリの後ろにすり寄り一撃………。
カマキリは動かなくなりました。

「よし。」

…ブモォ~~~!!

デカいですね…………。
牛系の魔物ですね。
体長は8m、体高も5mはある大型、かなり外皮は固そうです。
ナイフでは致命傷は狙えないかもですね。

「………[シャドウローズ]」

周りの木の影から一本の槍を作り、牛に突き刺します。

……ッグモォ~!?

…………刺さることは刺さったですが、深くまでは刺さらないです。
やはり、今一つ影魔法は攻撃魔法としての決め手には欠けますね。

ブモォ!!フガァ!!

牛の魔物は怒ったように助走しこっちに突進してくる。
でもニキスのさ体に当たる直前で急に体が止まる。

「もういいです。ご協力ありがとうございました。」

それはニキスが[シャドウローズ]による槍を突き刺したからです。
一本ならともかく数十本なら致命傷ですね。
ですが、同格の相手には通用しないですね。

やはり師が入りますね。
取り敢えず今は、更に魔物を倒して金を入手するしかないです。

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く