クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

274話 閑話 ヒス×ラズ

「よし!取り敢えず冒険者ギルドに行くわよ。情報がいるわ。」

ラズリと二人で大樹海に行くことにはなったけど情報が無さすぎるわね。
湖の精霊ってことは判るけど、相当でかい湖みたいだし宛もなくさまよいたくないもの。

「私の頭の上にでも乗っていいわよ。その辺居たら勘違いした冒険者が攻撃してくるかもしれないし。」

ラズリの、体を掴み頭の上に乗せる。
…………これ結構重いわね。
輝夜がしょっちゅうやってたから軽いのかと思ってたけど。

「あんた結構重いのね。」

そう言うとラズリは心外だと言わんばかりに震える。

「…………ッ!ムギ!」

「あらほんとに良い匂いね。」

ラズリの声に吊られてその方向を何やら屋台があるわね。

「ムギ」

「そうね」

早目の昼御飯にしましょう。
………気付けば太陽の位置がかなり変わってる。

「ふう。腹ごしらえもこの辺でおしまいね。」

別に予定通りね。うん。問題はないわ。
その後冒険者ギルドまで移動し、中にはいる。

「えーと?……Cランクは一番下のランク窓口ね…………。輝夜達と別の窓口と言うのもめんどくさいわね。うーん適当に何か魔物でも狩ろうかしら?」

「ムギ!」

「はいはい分かったから。早く行くわよ。」

そんなに急かさなくても良いのに。

「クエスト………じゃないわよね?どこに行けば良いのかしら?」

「ム~~ギッ。」

う~ん。
めんどくさいわね。
その辺で適当なの捕まえて聞くことにした方が楽な気がしてきたわね。

「ムギ。」

「ん?相談所?………ふーん。まあいきましょうか。」

人も並んでないようだし、さっさとその相談所に行く。

「はいはい。まずはランクを知りたいからギルドカードを提示して。ランクだけ見せてくれれば良いから」

「はい。」

ギルドカードを見せる。

「Cね。それでご用件は?」

「大樹海に居るっていう大精霊について、知りたいんだけど?」

「それって聞いてどうするの?」

「ちょっと用があるから会いに行こうかと思ってね。」

そういうと相談所の女は手で頭をかきむしりながら答える。

「ああ!!もう!なんでこうもバカばっかり!さっきは少し反省したけど、やっぱりどう考えても実力が合ってないでしょうが!」

煩いわね耳が痛い。

「Cランク以下相談所で1人欠員が出たから助っ人に入っただけなのに何でこうも。」

「それで早く教えてくれる?」

「あのですね。貴女がさっき言った精霊は大樹海の中にあるカルナ湖の精霊のカルナって存在なの!推定ランクはSSSランク級!大樹海の5強の一角なの。貴女みたいな女の子とスライムごときじゃ敵う相手じゃないの!」

「へぇー。面白そうじゃない。」

SSSランクね。丁度良いわ。
それぐらいの相手じゃなきゃ教わる意味もない。

「因みにその大樹海の5強ってのは?」

「はぁ、その5強っていうのは文字通り大樹海でも特に大きな存在達を括って読んでる呼び方。……単一にして最強にして最大、大樹海の中心に住まう最悪エーシェントベヒモス。当然推定ランクはSSS………………帝国と大樹海を隔てる山脈に住まう属性竜の一角……魔物ランクSの風竜、そしてそれの群れを統べる竜種の頂点…こちらも当然推定ランクSSS…風竜王ウェルド………………………大樹海北方の沼地に住む二匹、詳しいことは判明してない謎。その二匹に敵対した大型の魔物は骨すらもグジュグシュに溶けて無くなったってことが判明しているわ。単体でも最低SSランク二匹合わせた危険性ならSSSランク級と推測されてる。稀に遭遇した人間を見逃すこともあるみたいで名は瑠璃と理々………………大樹海の住人、個としての力はD,Cランク級だけど、集団としての実力は一国を相手できる強さ。種族全体の危険度はちょっと他よりは落ちるけどそれでも推定SS~SSSランク獣人族。まあ、彼らは話も通じないことはないし、魔物でもないけどね。……………そして最後がカルナ湖の精霊カルナ。大樹海そのもの、ひいてはそこに住む全ての生き物の生命の根元であるカルナ湖、その莫大な信仰を持つ大精霊。ここ五十年はまともな目撃例もない。かつてこの国の治水工事で、カルナ湖から無理に水を引こうとした地方領主が居たらしいけど町ごと水で流されたらしいわ。当然推定ランクはSSS。」

「ふーん。」

湖の精霊以外にも強くなるための師匠になるようなやつがいるかな?と思ったけど期待はずれね。
物言わないデカ物と………………風竜王…多分レヴィアタン程の強さじゃないと思うけど……まあ、これも私の探してる強さじゃないわね。そして、なんなの謎の二匹って?まぁ、毒っぽいしパス、そして獣人族の集団能力も私に必要な力じゃないわ。

「やっぱり湖の精霊………カルナだっけ?それしか無いわね。」

「あのね!さっきの話聞いてた!?推定ランクSSS!……SSSランクには及ばないものSSランクの中でもトップの危険性と言われる獣人族ですらセレン教国と戦争できるほどの力なの!SSSランクは国を滅ぼす強さなの!SSSランクの魔物ってのはSSSランクの冒険者でも部が悪い程の存在!貴女には無理なの!………………そもそも貴女じゃ大樹海の中を歩くことすら難しいくらいなのよ?そんな深部なんて行けるわけ無いじゃない!」

ぁぁー!もう。めんどくさいわね!

「私はこう見えて結構強いの!余計なお世話!」

「ああ!もう!これだから弱小地方ギルドの温室育ちは!分かった私もついていくわよ!」

「えっ?」「ムギュ?」

「だから私もついていきます!Bランクがケヘランダンジョンならともかく、Cランクが5強なんて死にに行くようなものでしょ!私が着いていくから本当に死にそうになったら言うことに従って撤退すること!貴方みたいなのは一度死にかけないと分からないみたいだから付き合ってあげます!」

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く