クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

263話 知らない過去

基本的に仲間の事を第一に考えるリリアが、そんなの無視してこんな人通りの多い場所で赤の他人に攻撃を仕掛けたりしない。
つまり、それだけの理由がリリアにはあるんだろう。
だが、こいつのこのステータスと、あれだけの人間に囲まれる人望……あまり目立ちたくもないし…………今これ以上ここにいるのはリスクが高い。

「リリア!ここは往来が激しい。何があったかは知らないけど一度引こう。」

リリアにそう呼び掛けるが返答はなく、相手の男を睨み付けてる。
周囲が静まりかえりる。

「っ!?」

しかし、次の瞬間轟音と共にリリアの居たところに斧が刺さった。
リリアは一瞬のうちに飛び退き躱している。

「ちっ!避けやがるのか!…………まあいい。それよりさっきの蹴り………マジだったろ?うちらがこの都市最強レギオン【武烈峰】の最強パーティー【聖剣翔】と知って喧嘩売ってんのか?」

「っ!?……【武烈峰】最強?貴方みたいなゴミが?」

リリアに攻撃してきた斧使いの女性、それともう一人回復職っぽいシスターの女性の二人が駆けつけてきた。
口ぶりを聞く限りはこのヒューヤってやつのパーティーメンバーなんだろう。
斧使いの名前はゼレル。レベル94で筋力値一万越え、かなり強い。
シスターの名前はユノン。レベル86で、魔力値と魔耐値は8000越えで魔法もかなり強そう。あと、職業は賢者だったわ。

「う~ん。君どこかで会ったかな?見覚えがある気もするけど?」

「っ!」

「リリア引こう!」

「ゼレルさん!急にそんなもの投げつけないでください!」

「だってあいつらからケンカ売ってきたんだぞ!うちは悪くない。」

向こうにもブレーキ係が居て引いてくれそうだ。
ヒューヤと呼ばれていた男は先程から思案顔で行動を起こさない。

「ちっ。今回は勘弁してやるよ。」

「ほら!ヒューヤさんも行きましょう」

「……ん?あぁー。分かった。……周りの麗しきレディー達も騒がして悪かったね。武道会……楽しみにしててね。」

三人は去っていった。
リリアは拳を握り締めて立ち尽くしている。

「……もう行きましたよ?」

そう言いながら肩に手を置くとビックリしたように回りを見て僕に目線を合わせる。
すると、リリアさんは途端に頬の緊張を解いた。

「あっ、あぁ………すいません。気が動転してしまって。」

「それはいいよ。取り敢えず移動しましょう。」

人通りの少ない裏路地に移動する。
そして誰からも声を発せず時間だけが過ぎる。
その中、エミリアさんが沈黙を破る。

「リリアのあの反応普通とは思えませんが……、聞いても良い?」

「………すいません。言えない訳ではないんですが………今は冷静になれません。感情的なってまともに話せないかもしれません………。」

意外だ。
リリアがここまで言うなんてあの男は何をしたんだろう?

「………一度1人になって考えたいです……予定より早いですが、今日から訓練をして冷静になってきます。」

「あ………あぁ。分かった。」

リリアは背を見せ立ち去ろうとしたが、ふとこちらに振り向く。

「あとこの国は武人の国、他の国では「ステータスを隠すなんて怪しい奴め!」となりますが、この国では「ステータスを隠すのは情報戦の一種だ」と言う考え方が一般です。故に[遮蔽]でステータスを隠すのは良くあること。なので、ステータスを完全に隠した方が良いと思います。この国で[遮蔽]を持っていてステータスを隠してない人は、弱い人と、バカな人、あとは………よっぽどの強者のみですので。」

そう最後に告げて、リリアは路地裏の方に消えてった。

「あのリリアがあの様子って、相当な理由がありそうですが………。」

「リリ姉………。」

「それに相手はかなりの凄腕でしょ?リリアの一撃を止めるなんて並みじゃないでしょ?」

「[高位鑑定]使って見たらステータス一部は3万越えてたよ。しかも、[遮蔽]は使ってなかった。リリアがさっき「ステータスを隠してない人は、弱い人と、バカな人、あとは………よっぽどの強者のみ」言ってた。つまり、あれがバカでなければ………。」

「リリア姉によっぽどの強者と言わせる程の実力と言うことですね。」

「それだけでなく他の二人もかなりの実力者でしたよ?まあ、ステータスは[遮蔽]で隠してはいましたけど。[高位鑑定]の前には効きませんがね。」

そう言えばエミリアさんも[高位鑑定]持ちだったな。

「さっきの男にしろ、この国のことにしろ知らないことが多すぎる。取り敢えずは情報を集めよう。…まずは………冒険者ギルドに行くか。」

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く