クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

255話 試し切り

「これだけの物があるなら………確かに作れる。だが、使って良いのか?どれも一級品の品物だぞ?」

「だから、名工と名高い貴方が使うに適してるんじゃないかと思うんですが。」

まあ、僕らが持っててもただの宝の持ち腐れだからな。
そんな中、サバウさんはソワソワしながら言ってくる。

「あ、あの!もし余った分を売るのでしたら私達ライナック商会に」

「ばか!てめぇ俺が買い取るわ。人生で一度見れるか見れないかクラスの代物。今入手しとかねぇと。………そもそもサバウの旦那が買ったところでこれクラスの素材を生かしきれるのは俺ぐらいのもんだろうが!」

「別にサバウさん以外にも、貴族がコレクションとして欲しがったりします。むしろそっちの方が高く売れますから。美月さんたちとしても嬉しいんじゃないですか?」

今素材持ってるのはあの島で戦った中でもそこそこ厄介だったやつばかりだが、それでもやっぱり結構凄い魔物だったんだなあの島に居た魔物達。
じゃないとここまで反応しないだろうし。

「まあ、余った分に関しては話し合って二人で買い取ってもらって良いですよ。その代わりもし何かあったとき融通してもらえれば。」

「あぁ!任せろ取り敢えず、注文の品は最高の出来にしてやる」

「ありがとうございます。半分でも莫大な利益と、新たなコネクション、それに知名度を上げれます。私達主催のオークションなんかも良いかもしれませんね。」

「それで具体的な方向性について話したいんだが、取り敢えず大剣の持ち主と、短剣、杖、あともう1つ特殊な武器の相談ってことだったが、それぞれ戦い方を見せてくれ。裏庭に案山子があるからそれに頼む。」

そのまま案内されて裏庭に行く。

「取り敢えず、今持ってる武器でこいつを攻撃してくれ。」

持ってきた案山子はスライム状のもの、藁のもの、金属のものの3つだ。

「取り敢えず藁は余裕だろうし、こっちのスライム製の人形に頼む。」

「では、私から。」

リリアが背に背負っている大剣に手を触れた瞬間に前に剣を抜きながら一瞬で詰め。

「[横一文字]!」

スライムの胴体が真っ二つになる。
しかし、直ぐにスライムが案山子の台に戻ると元の形に戻る。

「こいつは下に設置してある魔石の魔力が切れるまでは再生し続ける代物だ。しばらく攻撃し続けてくれ。動きをみたい。」

因みに魔石は高純度の魔力が結晶化したもので魔力の多い地層やダンジョンの宝箱、あとは稀にものすごく長く生きた魔物の体内にも精製されるらしい。
モン◯ターハンターで言うところの宝玉っぽいポジションかもしれない。
まあ、ダンジョンや地脈からは割りとゴロゴロ出るらしいけど。
一応2,3個は持ってるけど、結構小ぶりな物ばかりだ。

「なるほど………始めて見ましたが、結構便利なものですね。………では[武器硬化]、[武器魔法付与《ウェポンエンチャント》]、[二重武器魔法付与《ダブルウェポンエンチャント》]」

リリアが剣に魔法を乗せた為、大剣が銀色から赤になり、そのあと赤を越えて緋色のような光を発する。

「ちょっとまて!それはやりすぎだ!」

フレウラさんが何か言っているように聞こえるが、もう止まらない。

「[横一文字]!」

今度もスライム案山子のど真ん中に一撃が命中する。
しかし今回はスライムが斬られた衝撃と熱量で蒸発し足から上が消し飛んでいた。
スライム案山子は足から腰まで再生するがそこで再生が止まりそのまま液化して、地面に吸い込まれた。

「マジかよ、おい。ほぼほぼ新品のスライム案山子が2擊か………。後で鋼製の案山子にも攻撃してもらうつもりだったがこれじゃあな………。」

なるほど………動きを見たいなら実戦訓練でもいいかな?

「ひさしぶりに2対2で実戦訓練でもする?」

「それは丁度良かったです。最近は美月様を揉んでませんでしたからね。ここらで師匠として少し手ほどきをしましょうか。」

「じゃあニキスはマスターを守る戦い方の訓練をしたいのでこっちに。」

「じゃあ私は輝夜をボコボコにしてあげるわ。」




「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く