クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

254話万工フレウラ

サバウさんに案内された工場こうばの外観は大きさこそ大きいものの結構古そうな建物でとてもじゃないがトップクラスの鍛治屋には見えない。

「すいませんフレウラさんいますか?」

「あっ、こんにちはサバウさん。師匠でしたら奥にいますのでお呼びしてきます。」

中は狭い空間に受付のみ………炉や金床は奥かな?
受付に居た若い男が建物の奥に消えていく。
そしてしばらく経つと戻ってきた。

「師匠は今炉から離れられないようで、すいませんが中にお連れしろと。」

建物の奥に入っていき、扉を開けると中からすごい熱気が!
中を見ると十個近い炉と20個近い金床、十数人の男達がいる。
部屋には金属製の換気扇のようなものが幾つかあり、世界観が崩れていく気がした。
流石に電気はないだろうし、魔法世界特有のエネルギー、或いは原理に基づき動いてるんだろうな。多分。
そして、この中で一際大きい炉の所に案内される。

「おお、すまなかったなサバウの旦那。ちょいと今は手が離せなくてな。ちっと待ってくれや。」

案内された場所には三十後半くらいのオッサンがいた。
なんかダンディーで良い年の取り方したって感じの人で、バーとかでタバコ吸ってそう。

そのまま作業の様子を見学する。
フレウラさんは金属材を炉で加熱しており、真っ赤になった金属材をタガネで削っている。
その他の作業している人達は溶けた金属を砂型に入れていたり、グラインダーで金属材を研磨していたりする。
グラインダーの動力は、歯車が炉の上部の排熱筒に繋がっていて、廃棄する熱の上昇エネルギーを活用しているようだ。
これが、原始的な蒸気機関に当たるのかは分からないけど、ファンタジー感が無くなっていく。思いの外近代的だ。
…………あれだな。昔意味もなく日本刀の製造工程とか、西洋剣について勉強してなかったら道具すら分からなかった。
現代チートは少なくとも僕レベルの知識量では殆ど無理かもしれない。その分野に専攻している高校生でギリギリ位なのかも。

そんなこんなで現代チートの有無について考察をしているうちにフレウラさんの作業は終わったらしい。

「すまんな。………所でそっちは?」

フレウラさんが僕らの方を見ながらサバウさんに訊ねる

「こちらは今後、私共ライナック商会をご贔屓にしてくださるお客様ですよ。」

「おいおい!オーダーメイドってことかよ?おりゃ自分が面白いって物しか作りたかねぇんだがなぁ。まぁ、サバウの旦那には恩もあるし頼まれりゃしかたねぇがよ。」

「安心してください。こちらの方々の注文は一癖も二癖もあって気に入ると思いますよ。」

「あぁ?因みに注文は?」

「全てが相手がSSSランクの魔物でも実践用で通じる想定でアクセサリー3つうち1つは能力強化で、2つは守護や結界・最低でも重さ50kg以上の魔法電導率の高い大剣、あと出来れば魔法によって操作しやすく、硬度・魔法電導率のある金属材が欲しい。」

「ニキスは大型の魔物にもダメージを与えられる短剣を!…………以前レヴィアタンのレディアと戦ったときは有効打が無かったので。」

「じゃあ私は樹属性と親和性の高いロッドをお願いするわ。」

「私は店売りの品で今のところは間に合ってるので大丈夫です。」

「ムギムギギュ!ムギュー」

うん。
ラズリは何言ってるか分からないけど武器も防具もつかえないでしょ?

「あぁ?SSSランクだ?てめぇら鍛治舐めてんのか?持ち手の実力がなけりゃどんな良い武器も腐るってもんだ。それにそんな業物作るならそれ相応の素材と金がいる。てめぇらにそんな財力あるのかよ?」

「素材は持ち込みで。金の方は不要な素材を売って用意してください。必要な物があれば行ける範囲で取りに行きます。」

「おいおい………素材持ち込みって…………最低でもSランク級が幾らか必要だぞ?取り敢えず見せてみろ。その話し方ってことは[ボックス]持ちかなんかだろ?」

「了解。ここにだしますよ。」

島で倒した魔物の爪・牙・骨・鱗・角・翼膜・皮・外格・核・木材・鉱石・結晶・宝石…………沢山の素材を出す。
取り敢えず出せる分だけ出した。まだこれでも全ての1/6くらいだ。
だが、その量は六畳一間が埋まるレベルだ。

「ちょっまて!この素材の量!それにこいつはキリンググリズリーの毛皮!?こっちはポイズンワイバーンの素材?それにクラーケンの烏賊骨にフェネクト古代樹材、これはエンシェントフェアリーバタフライの死体か?………何れいずれもAランク以上の魔物素材に匹敵する素材、中にはSSランクで更に老年期で傷も少ない素晴らしい素材まであるぞ。」

「嘘ですよね!これ全部売ったらいったい何十万ミスリルになるのでしょう!?フレウラさんの糞みたいに需要の偏った武器と違い市場に流れれば一瞬で買い手のつくようなレベルの貴重な素材ばかり………………。」

「おい!サバウ!何口走ってんだ吹っ飛ばすぞ!…………それにしてもこいつらををいったいどうやって。」

「まぁ、全て倒して入手しました。実力的には武器を腐らせることもないと思いますが?」


「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く