クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

247話 旅

「はぁー、風が気持ちいいですねぇ。」

今は借り物の馬車を使ってフエデリア帝国に向かっている途中、ようやく穀倉地帯を越えて、草原地帯に突入している。
ぼくは馬車の御者なんて初めてだけどこの世界の馬の代わりに魔物の馬を使うらしく、こっちとのレベル差を理解しているためかすごく大人しく言うことを聞く。というか、なんなら「あっち」と指を指すだけでそっちの方向に向かってくれる。

「良かったですね美月様。」

「まあ………ね。」

リリアが言ってるのは、ガレンディアを出る前にフイルミナさんが「人拐いに拐われて心を壊してしまっていた人の心が戻ってきた。」と言ったいたことについてだ。
慎重に事情を聞いてみたらゆっくり思い返すように語ってくれたらしい。

息子と夫の三人で村の外を歩いているときに人拐いに襲われた。
夫は二人を逃すために立ち向かったが、実力でも数でも負けているため直ぐに殺され、二人は捕まってしまったらしい。
そこで女性は「私がおとなしく付いて行くから息子は許して」と懇願したらしい。
人拐い達はその女性の提案に乗った。
その夜隙を付き女性が逃げたしたが捕まり暴力を受けたようだ。
だが、女性にとって一番ショックを受けたのはその時に見せられた息子の遺品だったそうだ。
夫も息子も殺されてしまい、暴行を受けたことで生きる意味を見失ってしまったようだ。
その後は僕らの知る通りの状態。

その後修道院で暮らしていたが、となりにある孤児院との交流の中何故か涙が溢れてきて、そう思ったら何故かこのままじゃいけない。と思えてきたらしい。
その後は時折、孤児院の手伝いをしたりなど積極的に活動するようになったそうだ。

「……まあ、色々心配する気持ちも分からなく無いですが、そこから先は彼女の人生ですよ。」

「まあ、そうだな。」

まあなんだ。その女性がそこ孤児院の子供達に息子を重ねて依存しているんじゃないかと少し不安だったんだが、そこまで考えるのはある意味傲慢だったのかもな。

「それは良かったけど陸の旅って海の旅よりはマシだけど、それでもやっぱり退屈ね。」

「はぁ~。ヒスイさんはわかってないですね。この穏やかな風景と時折すれ違う馬車、ちょっとした雰囲気の変化が楽しいんじゃないですか。」

「エミリアさん………。僕も確かに同感ですけど、それ年寄り臭いですよ?」

「なっ!こんなうら若き乙女を捕まえて年寄り臭いっ、何てこと言うんですか!女性は繊細なんですよ!ねぇ、リリア?」

「ぇっ!…あっ!……そっ、そうですね………。」

リリアは戸惑った様子で明後日の方を見ながら答えている。

「ほら。言ったじゃないですか。」

「ほらじゃないですよ!どう見ても本当はそう思ってない表情ですか!えっそうなの!?私女子力低いんですか?私も取り敢えずそう言うことにしたほうがいいのかな?みたいな感じだったじゃないですか!」

「美月さんにリリアの何がわかるって言うんですか!」

「少なくともエミリアさんより付き合い長いですよ!それにほら!リリアも自分の考えがバレてめっちゃ恥ずかしそうにしてるじゃないですか!」

「止めてください!」

「はぁー、意見の相違ですね。」

エミリアはそう言いながら馬車の荷台に戻ってしまった。

「美月様。二人して私の事をあまりからかわないでくださいよ。」

「つい……ね。」

にしてもこの世界に来て今が一番穏やかな瞬間かもなぁ。
島を出てガレンディアに来てからもなんだかんだ忙しかったからな。
前の手作りオンボロ船での船旅に比べて食糧もあるし、ゆったり出来てて最高だ。
良くある異世界転移物ならこんなシーンで魔物に襲われるとかあるがそんなこともなく平和だ。

「ふにゃ~。日向は気持ちいいですぅ~。」

「ムギュ~~。」

「あぁ~。日光が気持ちいいわねぇ。」

荷台の上では幼女二人とスライムがダルダルしている。

そんな感じで平和に旅をしているとダレン王国の国境を越えて直ぐに自体は動いた。

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • アキ

    自体→事態では?

    0
コメントを書く