クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

237話 駆け付け

「[プラントロック]!」

「何だこいつ!?」

「躱せねぇほどじゃねぇ。」

「…………っ!ちょっ!………躱さないで当たりなさいよ!」

ヒスイが[樹魔法]で拘束しようとしているが、攻撃速度の遅い[樹魔法]では万全な状態の相手達を捕縛出来そうにない。
ニキスが心配だ。………このままでは時間がかかる。
…………でも……殺せば一瞬で終わる。
そう思い拳に力を入れる。

その瞬間背後から耳をつんざくような轟音がした。
振り向くとリリアが地面に拳を突き立てて8m程のクレーターを作っていた。

「急いでるんです。さっさと投降してください。でないと次はあなた達がこうなりますよ?」

リリアは人拐い達に、陰のある笑顔を向けながら語りかけた。
人拐いたちは直ぐに投降した。
僕は悩んで覚悟を決めたのに呆気なく敵が投稿して呆然としてしまっていた。

「美月様……。初めての対人戦で混乱しているのはわかりますが無理に人を殺す理由を探してはダメです。人を殺すのは最後の最後に選ぶ選択肢でなければいけません。こんな時代です。いつかはそんな場面もくるでしょうですが今ではありません。」

まるで、僕の内面を読み取ってからの発言の様に聞こえた。

「…………そんなに分かりやすいかな…………僕?」

「……誰しもが初めてのときは悩むものです。ですがそこで安易に人殺しという手段を選ぶと心を壊してしまいます。私もみんなも、なるべく美月様がその選択肢を選ばずに済むように頑張ります……ですが……いつかその時が来れば………私が支えます。必ず教えてくださいね。」

「まぁ私も、輝夜がつらい思いしなくて済むように手伝ってあげるわよ。」

…………。
そうだな。
僕は異世界に来たからといって人殺しも躊躇いなくできる人間になりたかったわけじゃない。
なのに安易な解決を求め、いつの間にか人を殺す理由を探してしまっていた。
…………多分いつかは人を殺さないといけない時が来る。
その時に向けせいぜい覚悟を決めておくとしよう。

「さて、こいつらをどうするか?縛ったまま放置するのもな。」

「そんな場合じゃないわフイルミナちゃん!私の代わりに二キスちゃんが!」

「そうだったわね…………。どうしようか…………。」

二キス………心配だが二キスは強い。
だが相手のことも分からないしさっさと助けに行こう。

「……わたしが残る………。戦闘じゃ……役に立たないし…………。」

「私の糸なら切れないでしょうし問題ないと思いますね。」

ネルメアさんが残ってくれるらしい。
投降した4人を蜘蛛の亜人族のサリアさんがお尻から糸を出しグルグル巻きにしている。
確かにこれを抜け出すのは無理だろう。

「フィヤさん!すいませんが二キスのところに案内してもらえますか?」

「うん。こっち。」

フィヤさんについていく。
しばらくすると開けた場所に出てきた。
そこには二キスと、人攫いと見られる男が4人、そして影で縛られた地面に倒れている男が三人いる。

「マスター!?」

「っ!?まさかあいつ等、しくじったのか?」

「こいつらは危険です!特にあのリーダーらしき奴は麻痺の魔法攻撃と麻痺毒を両方使ってきていて簡単に動きが読めません。」

二キスがこちらに戻ってくる。

「二キス大丈夫か?」

「はい!」

「妹は!妹!ソミアどこに!?」

スィヨンさんが焦ったように二キスに訪ねる。

「まだ確認してませんが幾つかテントがあるのでその中のどれかにいるのではないかと。」

それを聞いた途端スィヨンさんは近くのテントに駆け出していく。
流石にスィヨンさん一人だと不安だな。

「私達も見てきます。」

リリアとヒスイ、蜘蛛亜人のサリアさんがスィヨンさんを追いかけていく。
まあ、あの三人が行ったなら大丈夫そうだ。
サリアさんも結構武闘派っぽいし。

「てめえら俺らに喧嘩を売るということがどういう事か分かってんだろうな?」

「王都で幅を利かせてる犯罪者集団の【オルトロス】だろ。仲間の妹は返してもらうよ?」

リーダー格らしき男の言葉に応える。
初めての対人戦の実践だというのに僕にはかなりの余裕がある。リリアのおかげだな。

「さっきの獣人……大樹海からか…………。まさかあいつかが冒険者とコンタクトを取るとは………。だが俺らが【オルトロス】と知って喧嘩を売るとは、もうこの国じゃ生きいけねえぞ。」

「それはどうかな。今君をここで捕まえてしまえば、誰が君たちを捕まえたか何て分からないし、仮にバレても私たちは貴族にも伝手の多い冒険者だ。いくら君たちの組織が大きいとはいえ、メリットもないただの報復の為に襲ってくるとは思えないな。」

「ちっ!その顔はBランクレギオン【先見の瞳】のフイルミナか…………。だがてめぇらは戦闘能力は低いレギオンだと聞いてるぜ?俺ら相手に勝てるとでも?」

「そこを突かれると痛いんだが今は助っ人がいるんだよなぁ~。」

「それがそっちの男か……。お前らそっちの奴らの相手をして時間を稼げ、その間にこいつを倒す。」

「フィヤにメルティは下がってて。」






「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く