クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

223話 今日の予定

「あの……マスター…、そう言えば二キスもまだ冒険者になっていなかったので、二キスが冒険者になってスィヨンさんについて行きますよ。二キスは人間の街での生活も長いですし。」

あぁ!
そういえばそうか!
二キスはガレンディアでは魔物の姿だったけど街の外では、[擬人化]して一緒に冒険してたから意識してなかった。
確かに二キスが同行すれば少しは不安の種が無くなるが、これは二キスだけじゃ無くリリアにも言えることだけど、しっかりしてるようで案外抜けている所もあるからな。
それに二キスも街中では[アイテムボックス]の中で待機してもっらてたし…。
二キスも役に立てるとニコニコしては居るが………。

「丁度良い機会だし、二キスも冒険者になってもらうのは賛成なんだけど…。」

「マスター!二キスの強さなら大丈夫です。任せてください!」

強さに関しては何一つ心配してないんだよなあ。
特に見た目は獣人の二キスとスィヨンさん二人だけで行動させるのもなぁ。
基本的にはこの街の人間は獣人に対する差別意識は少なそうだけど、全員って訳じゃ無いだろうし、他の国・街の人間もこの街に訪れることもあるだろう。
もしもトラブルに巻き込まれた場合、二キスがうまく対処できると思えないんだよな。

「う~ん。Fランク冒険者はとりあえず戦闘に適性があるかどうかを反応しますからね……。分かりましたちょっとお待ちいただけますか?アリスその間に二キスさんの登録お願いします。」

サリーさんはそう言って奥の部屋に入っていた。

「じゃあ二キスさんこちらへどうぞ。」

二キスは奥の部屋について行く。
数分して二キスが冒険者登録を終えると、直ぐにサリーさんも一人の男を連れて帰ってきた。

「こちら元Cランク冒険者のラッドさんです。今は引退して冒険者ギルドの新人育成指導や戦術顧問をやってくれてます。今回事情を説明したら同行してくれると言うことです。」

「よろしく俺はラッドだ。大樹海で暮らして獣人ってのなら戦闘もお手のもんだろうが、外にはなれてないだろうからな。このんなおっさんだが手助けになれるだろう。」

結構いい人そうだ。
ギルドの職員みたいだし、なによりサリーさんが紹介してくれたんだ。
信用に足りる人物だろう。

「うちの二キスとスィヨンさんをよろしくお願いします。」

「おう。任されたぜ。少なくともGランクのクエスト位なら、何があっても嬢ちゃん達は連れ帰るから安心しな。」

「では早速Gランククエストですね。今回は街の西側で討伐されたゴブリン群れの残党狩りです。証言によれば3匹ほど取り逃がしてしまったようです。注意事項ですが、先日パラサイトポイズンプラントという魔物に取り憑かれたゴブリンが現れました。非常に危険な毒を持っているので、この魔物が現れたときは戦闘はせずにギルドに報告してください。」

サリーさんがラッドさんを含めた3人にクエストの説明を行っている。

「では私たちはどうしますか?」

「へん!バカのでへっぽこならせいぜいレベルを上げることね。」

「言われなくともやるに決まってんだろ?おまえが「レン様強すぎかっこいいわ!」ていうぐらい強くなるわ!」

「ふふ!なにがあってもあんたなんかにそんなこと言うわけ無いじゃない。そもそもあんたなんかが私より強くなれるとは思えないしね。」

まだ口論してたのか。
この二人ある意味相性良すぎだなぁ。

「そもそもお前どのくらい強いんだよ。もしかしてそんなに強くねぇんじゃねえのかよ!ステータス見せてみろよ。」

「嫌よ。なんであんたなんかにステータス見せないといけないのよ。心配しなくてもあんたの一億倍強いわ。……あ、話し合いも終わってたみたいね。退屈な時間も終わったし、これ以上あんたと話すという世界一無駄な行動は止めるわ。」

「おい!逃げんのかよ」

ヒスイがレンとの口論を切り上げこっちに戻ってきた。
因みにヒスイがステータスの話をしていたが、この世界実は人族は5歳でステータスプレートを使ってステータスを見たりできるようになるが、他の魔物・精霊・亜人(獣人を含む)は生まれたときから見れるらしい。
不思議だなにか理由があるんだろうか?

「所々しか聞いてなかったけど結局今日は別行動な訳なのよね?だったら私は近くの森で森林浴してくるわ。街は便利で過ごしやすいけど大気中のマナの質があたしに合ってないのよ。やっぱり私は森のマナが一番ね。気分転換に行ってくるわ。」

なるほど。
精霊にヒスイはその辺が敏感なのか。

「じゃああとは僕らだけですね。」

残ったのは僕・ラズリ・リリア・エミリアさんの三人と一匹だ。

「そう言えばリリアの武器はローズに壊されてたよね。一緒に武器屋巡りでもしょうか?」

前回武器屋に行ったときは二人でデートしてたときだったからなぁ。あんまり見てなかったんだよな。
はぁ~。リリアのデートセンスは人生で初めて彼女のできた僕以下な気がする



「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く