クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!

TNKt_k

215話 救援

宴も御開きになり、集落の空き家で寝ていると突然大きな声が聞こえ眠気が覚める。

「おい!人間が来た!」

「子供と怪我人を隠せ!」

「武器を持ってきて!」

セレン聖教国が側からこの集落に来るには戦争中の獣人達を越えて、更に大樹海の深部を越えてこなければならない。普通に考えるとそんなルートを通って来る人間が居るとは思えない。
となるとダレン王国側から来たことになる。
………例の人拐いか?

表に出でて現れた人間を見る。
[高位鑑定]によると現れた一団のレベルの平均は55位はあるだろうか?
これはフイルミナさんのレベルに匹敵する。かなりの強さだ。
これ程の強さを持つ人間がわざわざ人拐いなんかするだろうか?

「フイルさん!」

「ミレオン!何でここに?」

「救援を呼んできたんですよ。Aランクパーティーのアナザーヒーローの皆さんとBランクパーティーを率いているカイルスさんとニュルズさんです。」

救援………今更感が…………。

「なるほど………すまない。もう終わったんだ。」

「はい?」

「一体どう言うことなんだ?」

救援に来た人たちを代表して一人が代表して質問してくる。
レベルの62この中ではトップだ。

「レッドオーガのボスはキングオーガどころかその上の鬼という種族だったのだが話つけた。これで無用に人間を襲うようなことはしない。」

「はっ!こともあろうかキングオーガどころか鬼だと?こっちはクエスト帰りで疲れてるところを急いで来たんだぞ?勘違いだったから適当な嘘ついたとか言うんだったらぶっ飛ばすぞ?」

「おいグレンやめろ。」

フイルミナさんの言葉に救援者の一人が声を荒げる。

「何で止めるんですかデノンさん。そもそも鬼何てオーガとは関係無い魔物だし、この分じゃ赤色肌を持ったオーガの特異種何てのも、ハイオークを見間違えたとかそんなもんですよ。」

「嘘ではないのだがなぁ。救援に来てもらった手前こういうことは言いたくはないが、お前は…………。」

どうやら世間一般にはキングオーガの進化先が鬼だと言うことは認知されていないらしい。
まあ、それもそうか。
Sランク或いはSSランク級の魔物である鬼がホイホイ産まれてたら人間は滅んでる。

「なんの騒ぎだ?うるさいぞ?」

そんな中眠たそうな表情でローズが現れた。

「ローズ、丁度良かった。紹介しよう。レッドオーガ達の長であるローズだ。」

「ぷっ!この小さなお子ちゃまがレッドオーガの長っ!??お前俺を笑い殺す気かよ!こんなオモチャの角まで着けて。」

グレンと呼ばれていた男が無造作にローズの頭をポンポンし、両手で角触れて「おっ、結構本格的だな。」何て言ってる。
あぁ…………未来が見える。

「触れるな!」

その言葉と共に放ったローズの一撃が男の腹に突き刺さると、丈夫そうな金属鎧を砕きながら吹っ飛んでいく。
そのまま木にぶつかって倒れた男は血を吐きながら気絶した。
フイルミナさんはこうなると予測してローズを呼んだんだろう。
吹っ飛んでいく男を見ながら大笑いしていた。

「?加減してやったつもりだったのだが……、あやつはどうしたのだ?」

あぁ………一応加減はしてたのね。

「ローズ。人間は皆が皆リリアみたいに強い訳じゃない。もっと優しくしてやれ。」

「それはできんな。あたしらにとって角は神聖なものあのような事をされて我慢など出来ん。一般痛い思いをさせてやろうと思っただけなのだが、あの態度からしてそれなりに力を持っているのかと思った。……人間は脆いな。」

「僕にもやめてくれよ?僕の防御性能はリリアより低いんだから。」

因みにその間、救援組は呆然としていた。
その後簡単に説明をする。
Aランクパーティーアナザーヒーローのリーダーデノンさんは、ローズが仲間をぶん殴ったことに関して、仲間に非があったと言いローズのことは許してくれた。

「それにしてもミスリルの鎧を素手で割るなんて。」

そう言ってデノンさんは驚いていた。
因みにグレンはまだ目を醒ましていないが命に別状はなさそうだ。
詳しい説明はガレンディアに戻り冒険者ギルド長の前で説明することになったため、直ぐに大樹海を出ることになりった。
リョンさんも話があるらしくガレンディアに来るそうだ。
そして長いようで短かった大樹海での冒険が終わり、ガレンディアの街に戻る。

「クラス転移で仲間外れ?僕だけ◯◯◯!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く