転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

国士騎士⑤

辺りには、血を流した大量のゴブリンの死体が転がっている。

騎士達は肩で息をし、無事生き延びたことに安堵していた。

「皆さん、お疲れ様でした。当初の予定では突破口から逃げる手筈でしたが、優秀な皆さんのおかげで殲滅に至りました」
「いや、あんたの指揮のおかげだ。それがなきゃ俺たち全滅してただろうよ」

ランドは、少し顔を赤くし、俯いている。だが、その顔にはしっかりと笑顔が浮かんでいた。

「よし、あと半分ほどで頂上だ。気合い入れていくぞ! 」

「「「「うぉぉぉぉぉぉお! 」」」」

全体の士気が上がっている。大敗と大勝の相乗効果で、騎士達にも自信がついたようだ。
それに、当初と比べてそれぞれがそれぞれの役割をしっかりと把握し、無駄のない連携が行われている。

「思っていたよりずっと化けたな。1度降ろしたのが吉とでたか」

山を降りた時、戦意を喪失して駄目になってしまう可能性も考えたがそんな事は無かった。

「これならば、当初の予定より早めて奴を使っても大丈夫かもしれないな」

上空から見ていたアルトは、登山を再開した騎士達をみて少しばかり笑みを浮かべていた。


数時間後……。

騎士団一行は、順調に山を登り頂上を目前に控えていた。

「あと少しです。皆さん、頑張りましょう! 」

ランドの声に、騎士団の者達が声を上げる。

「リーダー、あれ……あれを見ろ!  」
「なんですか? 」

突如駆け寄ってきた剣士が指を指す方向を見ると、そこには体長は優に3メートルを超える巨人が、大きな棍棒を担ぎ立っていた。

膨れ上がる筋肉には青い血管が浮かび、逆三角形の身体を作り上げている。
顔は鉄の仮面で隠され、大きな牙がそれを突き破り、露見している。

「な、なんですかあれ! 」

その巨漢を見るなり、ランドは1歩後ずさりながら言った。

「君達、よくここまで来てくれた。途中の戦闘も見事だったぞ」

山頂に居るアルトが、騎士団たちに声をかける。

「た、隊長! 」
「君がそんな才能を持っているとは、よくやったな。皆も、見違える程チームになったと思う。そこでだ」

アルトは山頂から、その巨漢の前へと降り立った。

「最終試練として、このキングオーガと戦ってもらう」

キングオーガとはオーガ種の最上位に値する魔物であり、レート70を誇る強敵だ。
本来、冒険者ランクA以上で構成されたパーティーが複数、入念な準備を行い、何度も策を練り決死の覚悟で挑み、半数ほどの犠牲者を出してやっとの事で討伐する魔物だ。

それが、ついさっきまで別の魔物と戦い、準備も作戦も何も行っていない騎士団が叶うはずもないと、ランドは、分かっている。

「む、無理ですよ! 皆さん、今までの戦闘で「待ちな! 」……」

無理だと言うランドの言葉を遮り、ランドをリーダーに任命した剣士が言った。

「俺達は、国士騎士だ。この程度の魔物、狩って当然。俺はまだまだやれるが、テメェらはどうだ? 」

男は、振り向きざまに剣を抜き騎士達に剣先を突きつけた。
その目には、力強い意思と、覚悟が宿っているのが目に見えるように感じられる。

「はぁ……当たり前だ。我ら国士騎士が、この程度の状況を打破できないでどうする! そうだろ? 」
「そうだな、リーダー……いっちょやってくれんか! 」

ランドは、覚悟を決めた騎士達の目をじっくりと見る。

生唾を飲み込む音が、森の草木が擦れる音とともに鮮明に耳に入った。

「分かりました……我らが国士騎士隊、キングオーガの討伐を成してみせます! 」

「「「「うぉぉぉぉぉぉお! 」」」」

騎士達が件を抜き、杖を構え、陣を組む。
高まった彼らの士気は、とどまることを知らない。

「よく言った。お前ら、死にさえしなければなんでも俺が治してやる。だから、死なない程度に死んでこい! 」





「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • death Sentencer

    面白くて早く続き読みたいです。1つ言うとタイトルが幼少期ばっかりだと思いました。

    1
コメントを書く