転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

国士騎士③

「クソっ! なんでこんなに数が多いんだ」

山に登り始めて3時間がたった頃、麓に近い場所はせいぜいゴブリンが数匹出てくる程度だったはずだが、それが中間地点が近づいてきた時から、数が数倍ほど増えた。

ゴブリンは、単体ならば苦戦を強いることもない、どころか容易く倒せてしまう程であるが、彼らの知能は龍種や神獣を除けば、かなり高い方にある。

人間の劣化版のようなものだ。

そのゴブリンが数十の集団になれば、討伐はかなり難しくなる。

それに、各々の実力はあるが先程集まったばかりの騎士隊だ。
連携も全くながら、この狭い山道での戦闘に行動を阻害され、かなり厳しい。

「おいお前! ボケっと突っ立ってんな。邪魔だろ! 」
「あぁ? うるせぇよ。こちとら詠唱がいるんだよ! 」

テンポの合わない魔法師と剣士。
ある魔法は剣士の方へと飛び、間一髪でそれを交わす。

ある剣士が飛びのけば、その先に詠唱をしていた魔法師がいて、激突したり。

全くと言っていいほどに連携が取れていないこの騎士団に、空中から眺めていたアルトは大きなため息をついた。

「これほどまでにレベルが低いとは……」

彼らの思考能力の浅さに、アルトは怒りを通り越して呆れていた。

各々の強さがあっても、連携が出来なければ冒険者ランクで言うところのBランク程度の実力差でさえ、たかが数十匹のゴブリンの群れに苦戦を強いられるのだ。

その光景に呆れたアルトは、無詠唱で''氷針''を発動すると、半数程度のゴブリンの頭に突き刺した。

「グギャァ……」

脳を破壊されたゴブリンは、抵抗出来ずに事切れていった。

「な、なんだ! 」

突如として死んだゴブリンに、何事かと騎士達は辺りを見回す。

果たして、敵なのか味方なのか。

苦戦で鈍った判断能力は、この森にそれほど強い魔物が居ないことも、誰かを襲うような実力者が来ない事すらも検討付けられない程までになっていた。

「ここだ。お前達、何をしている」
「た、隊長!? 」
「たかがゴブリン程度に、何故苦戦しているんだ! 」

仲間が大量に死んだ事により危機感を覚えたゴブリンは、僅かに意識が外れた騎士達の隙を見て退散して行った。
それに気づいたアルトも、追う必要は無いと逃がした。

今の状況に限れば、騎士隊達よりもゴブリンの方が適切な判断が出来ているだろう。

「み、道が狭く……思うように戦闘をおこなえません……でした」

アルトの問いに、俯いている騎士が口を小さく開け小さな声でそう言った。

「違うな」
「え……」
「お前達は、初対面の騎士隊なのにも関わらず、役割分担や個々の能力の把握、リーダーを作らなかったこと。つまり、連携が皆無だった事が問題だ」

的を射た指摘に、誰もが口を開くことが出来ない。
拳を強く握り、悔しさに歯を食いしばる。

「ペナルティだ。お前達、今すぐ山を降りろ。今言ったことをしっかりと考え、もう一度登りなおせ。但し、期限は変更しない! 」

その無茶苦茶なペナルティに、騎士達は不安の声を上げる。
だが、異論反論の声は出なかった。
いや、正確には出せなかったであろう。

中間地点の辺りまで来るのに3時間。
恐らく、この先は魔物の出現量が増えることから、休息の時間を考えれば10……12時間程度はかかるだろう。
合わせて15時間。
アルトの計画では、余裕を持ってクリアさせ、ある程度の自信をつけさせる予定だったのだが……。

「全く……」

アルトは、小走りで来た道を引き返す騎士隊達を見て、大きなため息を吐いた。

「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 白猫

    とてもおもしろかったです
    更新かんばってください

    2
コメントを書く