転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

国士騎士2.5

アジュの森のふもと。
敵が比較的弱く、冒険者ギルドでは初心者コースとして新米の冒険者に紹介するほど優しい場所だ。

そんな場所に、あまりにも周りとは不相応な格好をした者達が集まっていた。
鉄の鎧を纏い剣を腰に携え、大きな荷物を背負った30人ほどからなる国士騎士だ。

その光景に、新米冒険者は何事かと慌ただしくしている。

「今から、我々はこの山頂に向かう。一人でも欠ければ不合格となる。絶対に皆で到達するぞ! 」

一人の男が声を挙げる。
その声に殆どのものが声を返した。

だが、彼らはここで大きなミスをひとつ犯した。
このミスがのちのち大きな溝となり、仲間内での大喧嘩の始まりとなることは、まだ誰も知らない。


♢♢♢


その頃、アルトは風呂を上がり自室で今後の準備を行っていた。

今回の合宿には、大まかに3つの目的がある。

まずは、個人の能力測定。
これを判断材料に、30人の騎士達を6人1組で5つの小隊に分ける。これを、合宿の前半で行う。

次に、統率方法の変換だ。
現在は、アルトの自作自演によって見せつけた''力''での統率を主に置いているが、これが続けば「隊長が強いからなんとかなる」という意識を持ってしまう危険性がある。
そのため、その意識にならないように信頼関係を作り上げる。

3つ目は、能力の向上だ。
今でもそこらの騎士よりかは格段に強い。王都の騎士隊の小隊長程度の力は個々が持っているだろう。

だが、それではダメだ。陛下直々に承ったこの任務、各個人が騎士団長程度の実力は無いと陛下の期待を裏切る事になる。

この3つの目的を同時に達成させるため、今回の合宿を実行した。


「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く