転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

小話 天使と悪魔

「これが、貴方に頼まれたものです」

ボロボロの麻袋に入れられたバスケットボールほどの大きな石は、半分が紫色、半分が金色に輝いている。

「良くやってくれた」
「それで、上手くいくのでしょうね? 」
「当然だ。こちらを終えたら、しっかりと貴様の目当ても連れてこよう」
「そうですか、それでは楽しみにお待ちしております」

不気味な笑い声を響かせながら、薄暗い洞窟には目立つ金色の粒子となってその場から消えた。







その名の通りの小話です。
本当に「小」です。

.5投稿出来なかったので、小噺という形で出してみたものの、本当に文字数が少なすぎて自分でもビックリしてます。

次は、新章です。
ぜひ、読んでくださいね!


「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く