転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

大進行24.5

二度寝したアルトは完全とは行かないがある程度の体力が回復した。
既に日は沈み、空には満天の星が光り輝いている。

「キウン、ネメスを読んでくれないか? 」
(分かった)

念話を繋げる気にもなれない俺はキウンに頼んだ。神器となっても彼の魂は健在だ、ネメスやスーリヤと念話をとる程度であれば可能だろう。

(ネメス、主がお呼びだ)
(お、お目覚めになられたのか! すぐに行く)

それからしばらくすると扉をノックする音が聞こえた。

「主様、ネメスです」
「入れ」
「失礼致します」

ゆっくりと扉を開けたネメスは手にティーポットを乗せたお盆を持ち、部屋に入ってきた。

「まずはネメス、今回は助かった」
「いえ、貴方様のお傍に居られず、このような事態にさせてしまったことを悔いております」
「いや、それは俺のミスだ。お前が気に病むことじゃない」

「そうよ」
「ん? 」

突然の女性の声に、アルトは声のするほうを見た。
完全に気を抜いていたアルトは彼女の気配に気づかなかったようだ。

「スーリヤか」
「ご主人様、お疲れ様です。それでネメス、貴方が気にすることでは無い、ご主人様の言うとうりですよ」
「スーリヤ、その通りだ」
「でもねご主人様、そうだとしても、私達従者は貴方様のことが心配なのよ」

真剣な顔でいうスーリヤにアルトは頭をかきながらそうだなと肯定する。

「悪かったな、心配かけて」
「ほんとよ、ご主人様」

「って事よ、ネメス」
「そうだな……」

「主様、お疲れ様でした」
「いや、いい。それよりお前の持ってきた紅茶とスーリヤの持っている焼き菓子を早く食べたい」

「あら、バレてました? 」

そう言うと、後ろで組んでいた手を前に出す。そこには、紙の袋に詰められた焼き菓子がいい匂いと煙を漂わせていた。

「さぁネメス、お茶を入れて差し上げて」
「わかった」

その後は軽い報告や、キウンの詳細についてお茶を飲みながら話した。
キウンは予め2人に念話で大まかな事を伝えていたのだろう、スムーズに話が終わり、俺は再び眠りについた。

「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く