転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

大進行23.5

右のみから生えた角、腰のあたりまで伸びている紫色の髪の毛、少し青ざめた肌、鋭い爪。

「お前は……人……では無いな」
「あぁ、我は神に造られし魔人だ」
「魔人? お前は魔族なのか? 」

だが、おかしい。魔族は角が2本生えているはずだ。肌の色も青ざめた色ではなく、もっと禍々しい紫色だったはず。
以前に訪れたフルム魔王国のものなどは皆そうであった。

「我は魔族などと下賎な存在では無い。我らが革命者の至高なる長、インガエムル様より力を授かった高貴なる存在、シラブルだ! 」
「インガエムル? 聞いたことがない。そもそも、革命者とはなんだ? 」
「はっ、貴様如きが知ることでは無い。それより、我らの計画を阻む貴様の罪は死に値する。よって高貴なる我が、貴様の息の根を止めてやる」

シラブルはそう言うと、アルトに向かって駆け出す。
アルトは刀を強く握り、迫ってくるシラブルに備えた。

「少しは楽しませろよ! 」

そう言い放ち、振り下ろすシラブルの右手を刀で起動をそらす。
金属同士がぶつかりあった時のような甲高い金属音があたりに鳴り響いた。

「なんだその硬さは」

能力によって欠けては居ないものの、その力強さと硬さにアルトは相手の胸を蹴り、後ろに飛び退いた。

「へっ、そんなものか? 所詮人間だな」
「ぬかせ、お前も人間だろう? 」

アルトは、少し感じる人間の気配に覚えていた違和感を相手にぶつける。

「貴様……何故」
「やっぱりな、お前から半分ほど人間の気配が感じられる」
「巫山戯るな! 我は高貴なる魔人。人間如きと同じにするな」

人間である事を否定する様に、それを自らに言い聞かせるように手を大振りにして言う。

「お前が何者かは後でじっくり聞かせてもらう。恐らく、今回の騒動もお前が主犯だろう? 」
「クッ……」
「直ぐに終わらせてやる、安心しろ」
「ここまでコケにされたのは初めてだ! 我の全力を持って殺してやる」

シラブルの魔力は次第に高まり、青ざめた肌に血管が浮き出る。

「いくぞぉぉ! 」

先程とは比べ物にならない速さでアルトに迫る。
常人ならば捉えることも出来ぬだろうが、あるとは別だ。

刀を耳の横で構えると、腰を落とし呟く。

「参の型 ーー 天蜂ーー 」

地面を強く蹴り、刀を突き出す。
力強く突き出された刀は、シラブルの心臓を捉えている。

殺してしまっても問題ない。死者を操る魔法を使う分の魔力(体力)は残っている。
アルトは殺すことを前提としていたようだ。

だが、その強い突きはシラブルの心臓を捉えることはなく、彼の顔の横を突き抜けた。

その衝撃で、後ろにあった木に穴が空いた。

「なんだ? 外したのか」

ニヤリと笑ったシラブルに危険を感じたアルトは転移魔法を無詠唱で発動し、彼の背後へと距離を取った。

「少し人だと意識すれば、斬れない……」

刀を持つアルトの手は震えており、とても戦えるさまでは無かった。

「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く