転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

大進行⑲

「灼熱と業火の意思よ、敵を貫き我が手に還れ」

''揺れ動くもの''

アルトは魔物の群れに向かう最中、火属性Zランク魔法の''揺れ動くもの''を発動させる。

その大きな炎は、偽装したアルトの2倍はあるであろう1本の槍となり、熱風を放ちながら魔物の群れに突き刺さる。


ーーぐぎゃぁぁ! 


魔物達が呻き声をあげる。大きな槍は巨大な魔物の心臓を一突きにすると、アルトの手の内にまで戻ってきた。

この魔法は、一撃の威力が高い槍を魔力を使用し保っている間、的に命中しては自らの手の内に戻るという技だ。

揺れ動くもの、北欧神話の1本の槍、グングニルから取られたもだと言われている。

この一撃で、魔物がかなり死んだ。
魔物の大群には一筋の道のように魔物の死体が転がっている。

「おい! アルト、俺まで巻き込むつもりか! 」

その緊迫した戦場からは浮いた、間抜けな声が聞こえてくる。

「先生ならぶじだろ? 」
「勿論だ、舐めるな! 」
「なら問題ないよな」

そう言うと、アルトはまた大きな槍を敵地へ放つ。
だが、その槍が魔物達を貫くことは叶わなかった。

「ウォォン」

その槍の数倍はあるであろう漆黒に染まった狼は、天高らかに遠吠えをする。

「ちっ、せっかく作ったのに」

アルトは刀を抜き放ち、首をカッ切ろうとスピードをあげる。

アルトの刃は狼の首を切り、血が吹きでる。
だが、刀に着いた血を払ったアルトはどこか違和感を感じていた。

「手応えがない」

そう言って後ろを振り返ると、すぐそこに狼の尻尾が迫っていた。

「うぉ! 」

上体を反らし、間一髪で躱したアルトは、転移魔法を無詠唱で発動し、魔物に突撃する前の辺りまで瞬時に退却する。

「あれとあそこで戦えねぇ。 先生に被害が行っちまう」

アルトは、先程の攻撃が連発されること、それ以上の攻撃が使用されることを瞬時に察したのか、ハヴェへの被害を考慮して1度引いたのだ。

だが、ここまで下がると王都に影響が出そうだ。もう少し前に……

「主よ! 」

アルトが近づこうとしたその時、後ろからキウンの声が聞こえた。

「なんだ? キウン」
「そやつの相手、我にさせてはくれまいか? 」
「キウンが? 別にいいけど、どうかしたのか? 」
「そやつは、我の……我の弟子だ」

キウンは漆黒に染まった1匹の狼を見据えて言う。

「弟子か……なら尚更俺が代わりに」
「いや! それはならん」

アルトの言葉を遮ってキウンは言う。
普段、従魔であるキウンはあまりアルトに強く意見を発したりしない。
時に助言などを言うが、基本的には何もしない。
特に、今回のようにアルトの言葉を遮るなど、1度もなかった。

「弟子のケツ持ちは師がするものだ。故に我がかたをつける」
「そうか。任せた」

アルトは、キウンのその強い意志に特に何も言うことなく了承をした。


戦前だと言うこともあり、既に元のサイズに戻っている大きなキウンの頭を撫でると、俺は戦場へと戻って行った。



「久しいな、ロッツよ」

キウンは身の前の弟子、ロッツに言うが彼から返事はない。

「そなたが旅立ってもう80年になるか。どうだ、変わらぬか? 」

キウンの問いに、ロッツの口がかすかに開いた。

「……わけあるか」
「なんだ? 」
「変わらないわけあるか! 貴様が、貴様があの時! 」

般若のように怒り狂うロッツは、その体内に秘める膨大な魔力の制御が感情により疎かになり、辺りの温度が急激に下がる。

「まだその事を言っておるのか……あれは、違うと言ったろう」
「何が違うんだ……俺の、俺の弟を見殺しにして!  」
「見殺しになどしておらぬ。 あれは、仕方がなかったのだ」
「嘘を吐くな! 貴様なら助けられただろう、俺を助けた後、何故……なぜ泣き叫ぶ俺の弟を見捨てた! 」

ロッツはそう叫ぶと深く唸る。
研ぎ澄まされた爪が地面に食い込み、その力で地割れが起きる。

「貴様だけは、貴様だけは許さない。 今ここで、全てを悔いて死ね! 」

そう言うと、ロッツの口に異様な濃密の魔力が集中する。
圧縮された魔力は、深い紫色に染まり一線のレーザーとなってキウンに襲いかかる。

耳を劈く大きな爆発音が響き渡ると、砂煙を上げてキウンのいた場所を覆い隠す。

「この程度の挨拶だ、くたばっている訳が無いだろう。さあ、姿を見せろ」

ロッツはさらに追い打ちをかけようと、先程とおなじもの''死黒の宝玉''と呼ばれる闇属性ASランク魔法を放とうとする。

だが、それは叶わない。

「どこを見ておる、我はここにおるぞ? 」

ロッツはその声のする後ろに振り返る。
だが、既にそこにキウンはいない。

「だからどこを見ておる。我はここだ」

その声が聞こえた直後、ロッツは腹部に強烈な痛みと衝撃を感じる。
それと共にロッツは数メートル吹き飛ばされた。




「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く