転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

大進行⑱

「こい、ネメス、スーリヤ、キウン」

アルトがそう言い放つと、3種の魔法陣が地に展開される。

そこに現れたのは、アルトの使い魔。
揃って亜神の規格外の化け物立ちである。
ハヴェはその強すぎる気配を瞬時に察知したのか、それらを呼び出した自らの弟子に驚きの表情を向けている。

「3人とも、自己紹介」
「「「御意」」」

膝をついて頭を垂れる3人(2人と1匹)は、立ち上がるとハヴェの方に向く。

「では、私から。 私は主様の近衛を務める神級悪魔のネメスと申します。いこ、お見知り置きを」
「私はご主人の秘書、神級天使のスーリヤよ。よろしく」
「我は主の近衛兼騎獣のキウンだ」

3人が名乗りを終える。
だが、ハヴェは何も言わない。いや、言えない。
世界の均衡を保つ神の眷属、それが神級に位置する天使と悪魔、精霊の長である皇狼だ。
そんな彼らは亜神であり、ハヴェの使い魔である龍如きでは足元にも及ばない存在。

世界最強の種族と呼ばれる龍種が足元にも及ばない相手を3人も目の当たりにして、狼狽しているのだ。

足がすくんで動けない。喉が震え、思うように声が出せない。

ハヴェは、知っている。彼らの恐ろしさを。

それを知らぬものが見聞きしたとしても、''凄い'' ''異常だ''程度にしか思わなだろう。
いや、それすらも大層な反応なのだが、神級と謳われる、亜神である彼らの力を知るものは、そんな安っぽい反応では事足りないのだ。

そんなさなか、キウンはアルトの胸に顔を疼くめ、ネメスとスーリヤは談笑している。
そんな光景がハヴェには恐ろしく思える。
自らの弟子との、格の違いを感じていた。

そうこうしている時間にも、魔物は王都を目指して進行を進める。
街門 から目視出来る程にまで近ずいた魔物は、途端に荒れ狂っていた。

「これは、想定外だな」

アルトはそれを見ながら呟いた。

魔物達は、ある一線を境に進行のスピードを上げ、さらには攻撃的になり、大人しくしていた竜は火を吹き、後方にいたゴーレムは自らの身体の石を投げている。

大きな石は整備された地に大きな穴を作り、火は草原を塵へと変える。


「先生、こりゃやばいぞ」

アルトはハヴェに言うが、返事は無い。
横を見れば、今だなをネメスたちを見ている。

「先生! しっかりしろ」

強く背中を叩かれたハヴェはなんだ? とアルトに言う。

「なんだもクソもあるか! あれ見ろ」
「あ、あれは! 」

ようやく事態を察知したハヴェは、地面に剣先を付けるようにして持っていた剣を手にもつ。

「アルト! 暴れるぞ」

ニヤリと悪戯っぽく笑うハヴェはアルトに目線を送る。
それを見たアルトはヤレヤレと笑いながら言う。

「暴れろ! 」

アルトの言葉がハヴェの耳に届く頃には、既にハヴェは駆け出していた。
そこそこ大きな剣を片手で振り回し、空いた手で魔法具による魔法発動を行い、あたりの敵を蹴散らしている。

魔法具とは、その名の通り魔法の道具だ。
魔法具と言っても様々だが、今回彼が使用しているのは攻撃魔法が込められた魔法具だろう。

盾のような形をした魔法具には、魔法陣が刻まれており、中心にある真紅の大きな魔法石が光ると同時に、数メートル先に大きな爆発が引き起こる。


「あれは、無属性Sランク魔法''空破''……そうか、先生らしいな」

無属性魔法Sランク''空破''
この魔法は空気を破裂させることによる物理的ダメージを与える魔法だ。

本来、魔法具に攻撃魔法を込める場合は低ランクの様々な属性の、様々な用途の魔法を複数込める。

例を出すならば、水属性Dランク魔法水針、火属性Fランク魔法火球、風属性Eランク魔法風壁

のように、用途別の魔法(今回ならば、物理攻撃、爆破攻撃、守護)を選ぶ。

だが、ハヴェは広範囲に攻撃できる空破、それも一つだけを刻むことによって、高難易度の魔法を魔法具発動出来るようにしてある。
魔力は、良質の魔石(今回は真紅に輝く石
)を用いることによって、数度分貯めておいた魔力で発動できる。

本来とは一風変わった使い方をして見せたハヴェに、アルトは少し驚いていた。

(これは、俺も負けてはいられないな)

アイテムボックスから刀を手に取ったアルトは、身体強化魔法を施して戦場に駆け出した。

「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • HARO

    頑張って下さい!

    0
コメントを書く