転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

大進行⑪

陛下に国士騎士の称を頂いてから早3日がたった。

この間で、陛下は色々としてくださった。

1つは、王都にら持家を1軒頂いた。

王城に寝泊まりすることも多いだろうが、自分が帰るべき家があった方がいいだろう。
それに、休暇の間過ごす場所も必要だろう。
との事だ。


2つ目はアルトとしてのギルドカードだ。

1度ミナトとしてギルドカードを作成してしまってる以上、魔紋(一人一人違う魔力の紋で、指紋と似たようなもの)によって既に登録しているとして、身元がバレてしまう。

これは、俺の軽率な行動が原因である為、陛下に説明し、ミナトと同じ魔紋で作って貰った。
魔紋のデータの統括管理所があるらしく、そこのミナトの部分をアルトに書き換えてくださった。

三つ目は金だ。

当面の生活費として金貨10枚を頂いた。
多すぎると言ったのだが、国士騎士就任の祝い金だと言われたので有難く頂いた。


この3つを頂き、俺は王都に住んでいる。

それと、ひとつ変わったことがある。
それは容姿だ。

120センチも無かった身長は、''虚実の幻影'' を使って180前後に、顔立ちは少し大人びた。

陛下以外の記憶をどうしようかと思ったが、国士騎士の称号を頂いたため、変えたあとの容姿でも正式に王城に入れる。

街には、依頼を受けた冒険者たちが身支度を整えるために、雑貨屋や、武器屋、防具屋を行き来し、街に店を構える露店では急ぎの人々によって、ほとんどの店が行列をなしている。

そんな中、アルトは一足遅れてギルドへ向かっていた。


ーーカランカラン


少し古びた気のドアを開けると、来客を知らせるベルがなる。
ギルドの中には、依頼の作戦を会議しているパーティーや、朝から働こうともせず飲み食いしている者達意外ほとんど人はいない。

そんな中、ある1人の青年が依頼ボードに向かっていた。


ーーこのような時間に珍しいな


アルトは自分のことは棚に上げ、その青年に興味を抱く。

アルトは、その青年を横目に、自身も依頼ボードを確認する。



ーーーー

依頼  大電鼠の討伐
ランク  A
場所  王都所属 ジト村
依頼期限  本日10/9日〜10/12日まで
依頼証明  大電鼠の討伐部位
報酬  190000ルン
備考   村の食料庫が荒らされた。至急討伐願いたい。

ーーーー


ーーーー

依頼  月見草の採取
ランク  E
場所  ーー
依頼期限  10/9〜10/10
依頼証明 10束で1つ
報酬  1つら200ルン
備考  下位の治癒の魔法薬に必要な薬草だ。あればあるだけ嬉しいので沢山持ってきてくれ。

ーーーー


アルトは、この2つの依頼を依頼ボードから剥がし受け付けに持っていく。
青年は、まだ悩んでいるようでその場を離れなかった。



受付を済ませた俺は、カウンターから離れ、ギルドを出ようとドアへ向かった。

少し軋むドアを開き、街門へ向かおうといきゆく人々を躱しながら歩いていると、突如後ろから手を引かれた。


「おい、ちょっと待って」

足を止めて振り返ると、そこには先程の青年が居た。





ーーーー





トールス王国、王都ラングラデウス近郊のアジュワの森の奥深く。
黒のローブを顔が見えないくらい深く着用し、木上を飛ぶように移動している。

その後ろには、多数のゴブリン、オーガ、オーク。
混じってウルフ種に食人植物、ベアー種や百足等の様々な魔物達を引き連れている。

上空には劣等竜(ワイバーン)や、火竜等のドラゴンが空を飛んでいる。

その魔物達は男を襲う気配もなく、種族どうし抗争を始める訳でもなく、生気のないだが、狂気に充ちたなんとも言い表せない目をしている。









明日、修学旅行なので本日更新にしました。

「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く