転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

大進行⑩

隠れていた騎士が出て行った後、ネメスにも異空間に戻ってもらい、完全に二人きりの部屋で俺は陛下に全てを話した。

「そうか……そのような事に」

俺が話終わったあと、陛下は既に冷めてしまった紅茶に手をつける。

「アルト、私の息子にならぬか?」

「へ? 」

あまりに突拍子もないその提案に、俺はつい間抜けな声を上げてしまう。


「いや、なんだ……グランの記憶がもどるまでだがな、その間だけでも……私の息子になればいいとな」

「………………」

陛下の……息子。

確かに俺は5歳だ、年齢が低すぎる。
普通ならば、まだ冒険者にもなっていない、大人の保護下に入り、守られるべき存在。
この世界で一人で生きていくには、色々と大変だろう。

でも、陛下の息子……。

衣食住は最高を約束され、将来の地位も、人脈も何もかもを手に入れることが出来るだろう。

だが……

「誠に有難いお話ではございますが……お断りさせていただきます。」

「やはり……か。理由はあるのか? 」

「勿論です。母と兄が殺され、父から私の記憶が無くなった。恐らく、陛下は身寄りを与えてくださろうとご配慮して下さったのでしょうが

私にとって母はメリスで兄はファル。父はグランだけですので。

それに、いざとなれば山奥で使い魔立ちとともに静かに暮らします」

そう言って俺は、机に額がつく勢いで、深々と頭を下げた。

「そうか……グランに似たようだな」

優しい顔で言う陛下は、何か懐かしい、昔の事を思い出しているようだった。

「して、アルトよ。本当に山奥で暮らすのか? 」

「まぁ、最終手段ですが」

新しく淹れられた紅茶に、香ばしいいい香りが広がるクッキーを食べながら話す。

「ならば、私からもう1つ提案なのだが」

「なんでしょう? 」

陛下は、手に持っていたカップを静かに机に置いて、腕を組み言う。

「騎士にならないか? 」

「騎士ですか? 」

「あぁ、最近''国士騎士''というものが出来てだな、そのメンバーに入って欲しいのだ」

「国士騎士ですか……聞いたことがありませんね」

「そうだろうな。つい先月出来たばかりだからな」

「それは、具体的に何を? 」

「なに、私お抱えの専属騎士のようなものだ」

騎士にも、役職が別れている。

大まかには3つに別れており、ひとつは普通の騎士。
一般的な兵士を指し、国に所属する兵隊の事だ。

そして、竜騎士。
ワイバーンに乗る騎士。竜を操ることが出来る人間は極わずかなため、稀少で、さらに強い為かなりの戦力となる。

最後に、近衛騎士。
これは、主に陛下の身辺警護を行う騎士である。
殿下や王女などにもつくが、あくまでも主君は陛下である。

今回、新たに国士騎士が追加されたそうだ。
陛下いわく、国士騎士の立場は近衛騎士よりも上らしい。


「本当に……良いのですか? 」

「あぁ、お主ほどの強者。こちらから願いたいくらいだからな」

「有り難き幸せ。

私、アルト。

謹んでお受けさせていただきます」

座っていた椅子から立ち上がり、陛下の元にゆき、片膝をついて忠誠を誓う騎士の儀式のようなものをする。

これは、騎士が主君を決める場合、生涯にわたり全てを捧げる場合のみに行う物だとこの間本で読んだ。

「ハッハッハ! では、宜しく頼むぞ」

かくして、アルトはトールス王国国士騎所属の騎士になった。

とはいえ、アルトはまだ5歳だ。そんな子供が騎士になるのは、周りの目が痛いだろう。

と、勿論アルトに解決策はあるのだが……。


この世界の魔法には闇属性魔法がある。
闇属性魔法は、攻撃魔法魔はもちろんのこと、幻影や催眠などに特化した特別な属性の魔法だ。

その中のAランク魔法に

''虚実の幻影''という魔法がある。

この魔法は、込める魔力の量と、術者の技量次第ではとても精密な嘘の実態を作り出すことができる。

この魔法で、大人同等の肉体を創り、それを纏えばアルトの力量ならばほとんどの人は見破れないだろう。

ここは、神たちからの力に頼る他無い。

これも、自分のレベルアップのため。
使えるものは全て使うべきだ。

その事を陛下に伝えると、陛下は

「そこはお主に任せる」

と言ってくれたので、大丈夫だろう。

こうして、アルトはアルトとしての人生を一時中断し、新たなアルトとしての人生を  歩み始める。




♢



ある森、漆黒のローブに深くフードを被った男が歩く。
その先には、開けた場所があり、大きな家がひとつ明かりをともしている。

男は静かにその家に近寄ると、1枚の紙をその家の扉に貼り、跡を去った。


その紙にはこう書いてある。


ーーーーー

我は革命者なり

其方立ちが夢見る''平等な世界''

我と共に目指そうぞ

明日の夜、この先の滝で我は待つ


ーーーーー



アルトが国士騎士になった傍ら、この森では、世界を揺るがす大戦争の煙が、少しづつ立ち上がり始めていた。










「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く