転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

大進行③

「スーリヤ、心配かけたな」

「ご主人様……本当に心配しましたよ」

そう言ってスーリヤはアルトに抱きつく。主人と従者と言う関係に位置するアルトとスーリヤであるが、ネメスを除いた2人は柔らかく接してくれるようになり、アルトも嬉しく思っている

だが、決してネメスが嫌という訳でわなく、彼は真面目で立場を弁えているだけなのである。仕事は完璧にこなしアルトの身も案じる。
アルトはそのネメスの真面目さを好いている。

キウンは、自身の持ち場(洞窟の守護)を離れるつもりは無いらしく、入口付近で座っていた身体を立ち上げ頭を垂れた

「主よ、我も心配したぞ……無事で何よりだ」

「うん、キウンもありがとう」

その場から離れない理由を察したアルトはキウンの元へ向かおうと起き上がるが、スーリヤに止められる。

「ご主人、まだ暫く横になっていてください」

「そうであるぞ主、もう少し休んでくれ」

2人からそう言われたアルトは横になる。

暫くすると、魔王国でさんざん寝たにもかかわらずまた眠気が襲った為、アルトは眠りについた。

アルトが目を開けると太陽の光が少しばかり差し込んでいた先程とは違って、今は焚き火の明るさが洞窟内に広がっていた。

洞窟の見張りは今スーリヤが行っており、ネメスとキウンは焚き火に向き二人で話していた。

アルトは起き上がって声をかけようと思ったが、2人の話が気になったので目を閉じ耳を済ませる。

「ネメス、今後の事なんだが......これからどうする?  もう街は戻れないだろ」

「そうですね、あの異様な対応の事がきになりますが......主様をあの街へは行かせたくないです。これ以上は主様には酷ですし」

「それはそうなんだが、今後のゆく宛のことだ......」

「それは、何とでもします。主様が望まれるならばあの街を消しますし、王国に行くならばそれもいいでしょう。何にしろ私は主様について行きますよ......貴方は違うのですか」

「いや......そうだな。我らは主について行くだけじゃ」

アルトの使い魔の3人の忠誠心は異様に高い。まだ出会ってそれ程日がたっている訳でも無いのにだ。

それには理由がある。

簡単に言うと彼らはアルトの持つ力に惚れているのだ。

3人は長い時を「最強」として過ごして来た。悪魔として、天使として、精霊として……

そんな中ある時現れた膨大な魔力に惹かれ彼らはそれに応じ召喚された。
その力はまじかで見れば見る程すざましく、3人に「この力を見てみたい」「この力を扱う物に使えてみたい」と言う好奇心が生まれたのだ。

人間ならばそんな事は少なく、力あるものは恐怖とされる場合もある。だが、彼らは悪魔であり、天使であり、精霊である。つまるところ人ではない

人との考え方とは違うのだ。人が恐る力に惚れて、そこに忠義を尽くす。人間には到底わかりえない考えであろう。

この信頼関係は非常に固く、アルトの力に惚れアルトに忠義を尽くす3人、その忠義に応え信頼するアルト

メラメラと燃える炎から時折火の粉が飛ぶ

その光景をアルトは目にほんのりと涙を浮かべながら眺めていた


「主よ、起きておるのなら言って欲しいのだがな」

不意にキウンが立ち上がりアルトの方を向く。ネメスは気づいていなかったようのか驚いた顔をしていた。

アルトはバレていたのかとため息を漏らし潤った目を手で拭う

今、見張り番はスーリヤのため2人が気を抜いて居てもおかしくはない。寧ろずっと張り詰めた状態ではもしもの時に全力が出せず、対処できない事もあるだろう。

「主様、お身体の調子はどうですか?」

体を起こした俺の背に手を回し、支えてくれる。

「あぁ、だいぶ良くなった。それより、腹が減ったな」

「分かりました、すぐ用意致します」

そう言うと、ネメスは無属性Cランク魔法異空間収納の魔法の中に保存していた昼の内に収穫した果物と、ナイフを取り出し皮を向く

異空間収納は時間は進むが滅菌状態であり、空気に触れていないため劣化が遅い

それを浄化魔法で清潔にした葉っぱの上に置きアルトに差し出す

「まだ重たいものは食べられないと思い、山の奥に成っていた白金林檎を用意しました。」

白金リンゴ、それは林檎の王様と呼ばれており少し金色に輝いた白のような見た目をしており、その味は高糖度でありながらもさっぱりとした味わいで、林檎自体に含まれる成分により美白効果と疲労回復効果があると言われている。

値段はその味と、入手困難な事から高く金貨3枚、300万ルン

大貴族がようやく手に入れられる果物である

だが、見つけにくいだけならばそんなに値段はしない。だが、その林檎のなる木にはその匂いと栄養分に釣られて強力な魔物がうようよ居る

その為手に入れるだけで大出費、命もかかっているため高いという事だ

「ネメス……よく手に入れたな」

というかこの森にあったんだ……









「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く