転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

幼少期㉕

先ずは父様と陛下に事を説明する必要がある

最初は父様だけでいいかとも思ったのだが、魔国には人間と良好関係にあるフルム魔王国が存在する。

俺が独断で魔国の領土に進行し、人間が裏切ったという判断をされれば全面戦争になる。

それを防ぐ為に、陛下に報告し何らかの方法でフルム魔王国魔王に一声掛けてもらいたい

そうと決まれば

「ネメス、スーリヤ、キウン、少しここで待機していてくれ。今は、父様と二人で話したい」

「「「御意に」」」

3人(2人と1匹)は頭を下げる

俺は部屋を出て父様の居る書斎に足を運ぶ

コンコン

俺は軽く2回ドアをノックする

「何だ」

「失礼します、アルトです」

「入れ」

いつもより素っ気ない返事と何処か悲しげな声に、反魔王国のものに怒りを覚える

「と、父様!」

部屋に入った俺はとても驚いた

書類は床にばらまかれ、本棚は倒れ、書斎の椅子は足が折れていて、朝まで綺麗に整っていた髪はぐちゃぐちゃになっている。

「アルト、なんだ?」

「父様大丈夫ですか!」

「私は無事だ、アルトこそ大丈夫か?」

弱々しく言われた無事は無事では無いと思わせるには十分だった

「僕は大丈夫です」

本当は大丈夫なんかじゃない。早くヴィス魔王国を潰したい。

本当はずっと悲しい

でもそうはいかない。今、復讐できるのは俺だけなんだ

「父様、ゆっくり休みましょう。ね?」

「あ、あぁそうだな、そうしよう」

「では父様、また来ますね。」

そう言って俺は部屋を出た

本来の目的を告げずに

ここで告げると絶対に俺のことを止めるだろう。

これ以上身内を危険に晒したくない

そう思うのは俺だってそうなのだから

「ネメス、スーリヤ、キウン」

俺は廊下を歩きながら言った

その直後、先程まで後ろで控えていたかのような速さで返事が返ってきた

「如何致しましたアルト様」

「今から王都へ行く。陛下にこの事と魔王国への進軍許可を貰うつもりだ。

そこでさっきの軍の説明をまたしてもらいたい。いいな?」


「私は構いません」

「私もいいですよ」

「我もいいですよ」

ネメス、スーリヤ、キウンは言う

「私どもはアルト様の使い魔、ですので御用があれば如何なる時も、いかなる事でも致します。」

そう言ったスーリヤはニコッと笑った

「ありがとうみんな」

「いえいえ」

「我もですよ、アルト様」

「私もですアルト様」

キウンもネメスもそう言ってくれる

俺は嬉しかった

「ふふっ、ありがとうみんな! じゃあ王都に行くよ、転移!」

4人を囲むように展開された魔法陣は、白く光る。

光が病むと、その場には誰もいなかった

一瞬で景色が変わる

俺は今、王都の裏路地にいる

門の前に転移すれば貴族証がない今、とても時間がかかる。

かと言って目立つ場所に転移すれば、直ぐに衛兵が掛けてくるだろう

裏路地から出た俺は王城に向かって歩く

幸い王城の近くの裏路地だったのですう1…分で着いた

「止まれ!」

門の前にいる兵士が走ってくる

この光景もつい数日前に味わったばかりだ。

「王城に何の用だ! って確か君は辺境伯閣下のご子息では?」

「そうです、クリード辺境伯グラン・フォン・クリードが子息、アルト・フォン・クリードです。」

「なぜ辺境伯閣下のご子息がこちらに? 確か先日お帰りになったばかりでは?」

「それはですね……少しここでは言えません。出来れば陛下に直接……」

「それは出来ない!」

もう1人の兵士に即答された

まぁ、想定内なんだが……特に策を考えていた訳では無いからどうするかな……

「その子、そこ通していよ」

門の後ろからまだ幼い聞き覚えのある声が聞こえた

「な、で、殿下!」

「久しぶりだねアルト」

「あぁ、久しぶりガイア」

そう、来たのは陛下の息子ガイアだった

あの日割と仲良くなった俺たちは、先日も少し話をした。

「殿下、ですが……」

「僕がいいと言ってるの」

「わ、分かりました。お通り下さい」

「行こ、アルト!」

ガイアは俺の手を引っ張って走り出した

「ありがとうガイア、助かったよ」

「いいよ、だって友達でしょ?」

そう笑いかけたガイア

俺はガイアのおかげで陛下の自室までスムーズに行けた

コンコン

ガイアは陛下の部屋をノックする

「ガイアです。父上にお話のあるお方をお連れしました」

「儂に用事? 入れ」

「どうも陛下、アルトでございます。」

ちなみにネメス達は今、俺の作成した空間に入っている。

これは使い魔たちが出る必要があると思えば自分の意思で出ることの出来る特別な空間だ

「アルト……お前は数日前に帰ったばかりのはずだが」

「その件を含めて、色々とご報告とお願いが」




「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く