転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

幼少期⑱

「いや、あのですね父様」

今、俺は父様の顔が自分の顔と僅か数十センチの場所にある状態で話している

「だから! あのステータスはなんだ!」

あのステータスを見て、父様以外放心状態になっている。

「少し、長くなりますが話していいですか?」

叫んでいる父様を前に少し静かなトーンでいう。

「ダメなわけがない。話せ」

父様は椅子に深く腰掛け、こちらをじっと見ている

こうも見られると話しにくいな……

「まずは、僕は転生者です」

「てんせいしゃ? なんだそれは?」

この世界には、やはり転生という概念が無いようだ。

「転生とは前世の記憶を持って、生まれ変わることです」
「先程言った、前世の記憶があるということか」
「そうです」

それが転生者なのだと、グランは納得する。

そこに、メリス。

「アルト、貴方は間違いなく私たちの子なのよね?」
「勿論です。生命神フェア様から直接言われましたので」

その言葉に。

――ドンッ

机を叩く大きな音が鳴る。

「お前、神様とあったのか!? 」
「え、えぇ……まぁ」

神様の声を、一方的に聞き入れることが出来る。
その能力を保持しているだけで、聖女だと崇められる世界。

それを、目の前の息子があったことがあると、話した事があると申す。

聖女など比にならない、神の使徒とでも言わんばかりの状況に……。

父様が机を叩き、頭を抱えながら言う。

「それで、その力はなんなんだ」

―神様とあったことを、一旦放置したグラン。

「それは、神様たちに直接あった時……少しやり過ぎまして……」
「やり過ぎた? 何をだ?」

もう驚かない。神とあったことで驚きなれたと、そんなことを思いつつも心の準備をしているグラン。

父様、母様、兄様、ミルにセビス皆んながこちらを見ている。

何とも気まずい……

俺が言葉を発するまでの時間、この部屋は好奇の目と、不安の目の何とも言い難い異様な空気に満たされていた。

「神様に力を頂いたんです」

俺はポツポツと話し出した。

神様にした事のほんの少しの罪悪感と、その行動による反感を恐れて。

「その能力は相手の力を倍にして自分にコピーするという力です。
そして、その力には10回と言う制限をかけられました。
そこで、俺はその場にいた十神様の力をその力でコピーしたんです。」

「「「…………」」」

長い長い沈黙。

恐らく、俺が行った言葉を理解しようとしている時間。

その時間、僅か3秒。

でも、俺には何十、何百もの長い時間に感じた。

「アルト……お前凄いな!」
「アルト、天才ですわ!」
「我が弟ながらあっぱれだ」
「流石旦那様のご子息」
「流石アルト様!」

父様、母様、兄様、セビス、ミル

多種多様……とは行かずに。
皆んなが反感どころか我が身のように喜んで、感激してくれている。

                   :
                   :
                   :

なんだろうか……。

この程度の事、悩む必要など微塵もなかったでは無いかと……。
心の底から安堵するアルト。

「えへへ、凄いでしょ」

今の俺の年齢は5歳のアルトらしい。

これはこれで良いかな?

それから少し話して、お茶を飲んで、ケーキを食べて……

これが前世でできなかった事……沢山できたかも

そんなことをして行くうちに、いつもの俺に戻っていった

「あ、父様あと何個か言いたい事が」

俺は唐突に思い出して言った

「ん、何だ? 何でも行ってみろ」

「はい! 俺、冒険者として今日の魔物の反乱を沈めたんですけど、その中に反魔王軍の魔族がいて、それを討伐したら王都に行くようにとギルマスから言われたんですけど」
「ちょっと待て、いや、もう驚かんぞ……魔族だと!」

いや、驚いてるじゃん。

「はい、その事で王都に行くことに……」
「まぁ、分かった。俺も付いて行こう」
「ありがとうございます!」

母様は俺の頭を撫でる。

どんな意味が込められてるのかは分からないが、前世では貰えなかったこれが今、何気に嬉しいものになっている


そして1時間


なんやかんやで時間が経ち、俺たちは部屋に戻った。








ネメス     side


俺は今、悪魔界にいる。

俺は神級悪魔で悪魔たちを統べるものだ。

神級悪魔>四天王>十二将>下っ端

このような構成でできており、総戦力は5万にも及ぶ。

そして、俺は四天王を集めた会議に出席している。

「では、緊急会議を始めます。司会進行は、私十二将が1人ヤンが勤めさせていただきます。

まずは、神級悪魔様が召喚された件についてです。」

この会議は基本的に発言するときは手をあげることになっているが、それは俺以外のルールだ。

俺にそんなルールはない。

みんなが手を挙げている中、俺は話し始める。

「私は召喚されて、私よりも強い主人、アルト様に出会った。私は彼に付いて行くと決めた。異論はあるか!」

「「「「いえ、ございません。」」」」

四天王全員が答える。

「では、この件は終わりということで、つぎは……」

呆気なく一番重要な件が終わった。

後は眠気に耐えながらの会議となった。











スーリヤside

私は神級天使

天界にて全てを統べるものです。

そんな私は、ある方に出会って、その方について行くと決めた。

その報告をしに来たのだけれども……

みんな知っていたようで怒ることも止められることもなく、寧ろ私の意見を尊重してくれる良い仲間だった

因みに天界は

神級天使>5英傑>20士>下っ端

となっている

総戦力は48000とかになる。








グッドとフォローおねがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁいします!

「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 輪廻転生

    半端無いッス~(*_*)

    0
  • ショウ

    ちょっとどころじゃねえよもうw

    3
  • 空白

    ネメスとスーリヤ,最も重要な話をそんな簡単に決めていいの(´・ω・`)? 

    2
  • ユーノ

    自分が転生者だという話、神様に会ったという話、どちらも前の話でやって家族が驚いていると思うのですが、家族はなぜ今回も驚いているのでしょうか???

    1
  • ラインハルト

    何日投稿ですか?

    2
コメントを書く