転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

幼少期⑯

<アルト様、お待たせ致しました。そちらに戻ることができます>

街を歩いていると突然キウンからの念話が届いた。

<召喚って言えばいいのかな?>

<はい、そうです。>

俺は召喚と念じる。

すると目の前にすでに小さくなった状態でキウンが小さな光とともに現れた。

幸い騒動のおかげ人はおらず、特に目立つこともなかった。

俺はキウンを抱きかかえ、モフモフに顔を疼くめながら人っ子一人いない街を変装を解いて歩いた。

俺の家に近づくにつれ人が多くなっている。

俺の家は魔物が迫ってきた方向から真逆にあったので避難場所としては最適だったようだ。

領主である父の命令なのか、はたまた市民が自発的に行っているのかは分からないが、至る所にテントが立てられ、布が敷かれ休憩所が出来ている。

中央のあたりでは、女性達がいくつかの大きな鍋をかき回して料理を作っているようだ。

(この世界の人達はしっかりしてるな)

そんなことを考えながら歩いていると、遠くから、何十人もの衛兵が俺に駆け寄ってきた。

「ア、アルト様! ご無事でしたか!」

「うん?」

「アルト様がおられず、ミルさんから街に行ったと聞いていましたので、その……魔物の軍勢に飲まれたかと皆んな心配して探していたのです」

俺は皆が知らない間に街を救い、俺が知らない間に色んな人に心配をかけていたようだ。

余りにもホッとした顔でいる衛兵達や、手を止めてまでこちらを見て良かったと口々にする町のみんなに罪悪感を覚え、本当のことを父様や母様に話す決心がついた。

「アルト様、良かったですね」

「そうだなキウン」

俺はキウンを撫でて衛兵に礼を言う。

「ありがと、俺の為にそこまでしてくれて」

俺は頭を下げる。

「な、頭をお上げください! 」

少し慌てたように見えたが俺が頭をあげれば、直ぐにキリッとした表情になる。
切り替えが早いのは流石と言えよう。

そして、何十人もの兵士が剣を抜き姿勢をただす。

剣を横に一振りし、剣を持って手首を2回まわして体の中心に持ってき、垂直に立てて、胸のすぐ前までもってくると、刃が正面を向くように少し角度を変える。

これは兵士や騎士が最上位の敬意を示す動作だ。

俺は「これからも宜しく」と言ってその場を離れ、父様や母様のいる屋敷へと向かう。

騎士達は、街の警備にその場を離れた。
門の方にむかうことからして、火事場泥棒などを、取り締まるようだ。



ガチャ

ドアを開けて部屋に入ると、誰かに抱きしめられた。

豊富な胸に、覚えのある匂い……母様だ。

「ア、アルト……本当に良かった!」

「母様?」

「心配したんだぞ、俺たちみんな」

と父様が真剣な表情でいう

「本当だぞ!」

兄様は安心した顔で言う。ミルに関しては、しゃがんで泣いている始末だ。

「アルト、何処へ行ってたの?」

俺から離れた母様は同じ目線で俺に問う

「それに関して……お話があります」

俺は俯いて言う

「メリス、ファル、アルト後で書斎に来い。その時話してくれ。勿論、セビスとミルもだ」

父様が俺の頭を撫でながら言う。

「わ、私も良いのですか?」

「勿論だ、ミル、お前はアルトの専属だ。生まれた時からアルトの世話をしてくれている。そんな身近な人間ならば、当たり前だろう?  それに、その方がアルトも安心するだろう」

「アルト様、本当ですか? 」
「うん、ミルも一緒にお願い」
「あ、有難うございます!」

ミルは涙を浮かべながら深いお辞儀をする。

「よし、この話は一旦終わりだ。アルト、疲れているだろう少し部屋で休むと良い」

「そうするよ」

俺はキウンの頭を撫でながら部屋に戻る

部屋に戻る時、勿論ミルが後ろからついてくる。

「ミル、ありがとな」

さっき泣いていたことを思い出し色んな意味を込めて礼を言う

「な、何ですか! 急に」

「色々心配かけたなと思ってな」

「なら何でありがとうなんですか!? 」

「さぁな」

俺はニヤリと笑みを浮かべ、少しはぐらかす態度をとり部屋に戻った。


その頃、魔王軍では……。

ダンッ!

ある部屋で机を叩く大きな音が響き渡る

「この無能が! たかが人間1匹如きに何をしている!」

「「「は! 申し訳ございません!」」」

3人の男が膝をつき、頭を下げている。

この偉そうにしている男、彼は反魔王軍のボスだ。

「何が申し訳ありませんだ! そう思っているならさっさと片付けたらどうだ!」

「その通りでございます」

ガンッ!

男は自分の座っていた椅子を蹴り飛ばす。

かなり苛立っているようだ

「チッ! おい! この作戦を立てた部隊の責任者はた誰だ?」

「わ、私でございます」

「無能はお前か!」

そう言って男は右足で思いっきりその男の顔を蹴り飛ばす

男は吹っ飛び、壁にぶつかる。

口から血を吐き壁にもたれかかるようにして荒々しい呼吸をしている。

「はぁ、はぁ、申し訳……はぁ、ございません」

「フンッ! 無能が、謝るくらいなら最初からするな」

男は机の引き出しから一丁の拳銃を取り出す。

「あははぁ、これはな、歴代の勇者が残したピストルという武器だ。魔王城に保管されてたものをくすねてきた。」

「ピ、ピストル?」

男はハンドガンのピストルのトリガーを引く

カチャン

静かな部屋に響き渡るトリガーを引く音

「これはな、鉛の弾を撃ち出す武器だ」

「そ、それをどうすると……」

「こうするんだよ! 」

パァン!

男は先ほど蹴飛ばした男の腹に1発打ち込む

「カハァッ!」

パァン! パァン! パァン!

男は容赦なく引き金を引き続ける

「な!」

「ハッ! この程度、お前なら直ぐに治るだろう。今日はこの辺りで辞めておくとしよう。次はないぞ」

倒れていた男は何とか姿勢を正し、流れる血を垂らしながら男に跪く。

「「「有難き幸せ」」」

部屋から部下たちが出た後男は笑っていた

「あの軍勢を蹴散らす人間……面白い」

暗い部屋に、薄気味悪い笑いが響き渡った。


「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く