転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!

guju

閑話 中学生の狐月 湊④

午後の授業、いつも真面目に受けているわけではないけど、今日はより頭に入らない。

昼休みの事が頭から離れない。

確かに言われてみればそうだ。

女の子を可愛いと思ったことはあるが、楽しいとは思った事がない。

一緒に遊びに行くことも多々あったが、できれば行きたくないし、別に相手が誰でも変わらない。

でも、由理は楽しかった。

何が違うのか、気づけば俺はそんな事をノートに書いていた。

気がきく  気持ち悪くない  優しい  臭くない   可愛い

気持ち悪くないって部分、語弊がないよに言っとくと、別に女の子が魏持ち悪いんじゃない、彼女達が俺に発する声が気持ち悪いんだ。

普通とは違う、猫撫で声? みないな、聴いてて不愉快だし、対して可愛くもない……。

臭くないというのも香水の事だ。

彼女は雪や穂乃果と同じ類いで香水はつけていない。でも、俺に近寄る女が臭くなかった試しがない。

でも、由理は臭くなかったんだよな

他にも、他の女は自分の事しか話さないし、聴いてて疲れる。

その点由理は聞き上手で話上手だし

あれ? 意識して考えれば考えるほどいい点しか出てこない。

それに、また会いたいとも思った。

これって……

キーンコーンカーンコーン

授業が終わった放課後だ。

結局まだ迷ったままだ。

告白するか否か

いや、迷っているのだ。ここまででも大きな進歩だと言えるだろう。

ホームルームが終わってみんなが教室から出る。

俺は日直だったので、日誌を書く。

「えーと、1時間目は……」

「国語だよ」

後ろから強烈な匂いとともにクラスの女子がやってきた。

「あ、あぁ、ありがとね」

確か名前は……

「麻里、私の名前、覚えてよね」

そう言いながら腕を絡めてくる。

よくもまぁ、こんな真夏にそんな事ができるものだ。

鬱陶しくて仕方がない

まぁ、言わないけどね

「ねぇねぇ、このあとぉ、私と遊ばない?」

ほら、また来た。

この手の女は嫌だ。疲れるし一緒にいて面白くない。これが由理ならな……

あれ? やっぱり由理と比べてしまう。

その時、ガタッ! と音がなって誰かが走って行くのが見えた。

由理だ

俺は女の手を振りほどいて追いかける。

「待って、由理!」

俺は追いついた由理の手を掴んでたまたまドアが開いていた近くの使われていない教室に入る。

「由理、どうしたの」

「ごめんね、何でもないよ」

泣きながら由理は笑顔で答える。

「何もないわけ無いだろ」

「本当に、何にも……無いからっ!」

俺は由理をこっちに引き寄せキスをしていた。

「由理」

「ごめんね、湊くんがそんな気がないのは知ってるのに、分かってるのにダメみたい。湊くんが他の女の子としてるって考えたら……」

俺はまた由理を引き寄せる。

今回はキスでは無く抱き締めただけだ。

「由理だけだよ」

「え?」

「俺がキスしたのも、抱き締めたのも、全部由理が初めて」

「本当?」

「本当」

俺が他の女と遊んでるのをみて勝手に泣いてる奴や、キレてくる女を何度も見たが、何とも思わなかった。

でも、そんな由理を見ると心が痛い。

チクチクする。

「付き合う気は無い」

そんな事を言ったのは俺だけど……やっぱり撤回だ。

「由理」

「何? 湊くん」

由理が顔を上げる。

上目遣いは反則だろ……//

「由理、付き合う気は無いとか言って悪かった。全部撤回する」

「どういう事?」

少し戸惑ったようにしている由理。

「だから……俺と付き合って。俺、由理のこと好きみたい」

「うっ、グスン、ヒッ」

由理は泣き始める。

「え、由理? 嫌だった?」

「うんうん、嬉しい。喜んで!」

今度は泣きながら、心からの笑顔で俺の胸に飛び込んで来てくれた。

俺は頭を撫でる。

しばらくして泣き止んだ由理は顔を上げ俺に聞いてくる

「ねぇ、湊くん、何で急に付き合うとか言ったの?」

「え、それはね……言わなきゃダメ?」

「もちろん」

「ん……他の女といた時は楽しくも何とも無いし、何も感じなかったけど、由理といる時は楽しいし、色々感じたから」

「他の女?」

「あぁ、ごめんごめん」

俺は顔を近づけキスをする。

なんとか誤魔化せたようで、再び泣くこともなく、キスを続けた。

ブーブー

携帯が震える。

「由理、携帯でなくていいの?」

「うん、出る」

俺から離れて言った由理に少し寂しさを感じながらも、手を繋いだままという暖かさも感じていた。

「うん? お母さん? え! 今日みんな家に居ないって? うん、うん、帰ってくるの明後日? そんじゃあねって、ねぇ!」

「由理? どうしたの?」

「えっと……親が急な出張で明後日まで帰ってこないって……」

「じゃあ由理1人?」

「そうなるね……あ、家来る?」

「じゃあ、お邪魔しようかな」

「やったぁ!」

由理は嬉しそうに飛び跳ね俺に抱き付いてくる。

俺はそんな由理を愛おしく感じ頭を撫で、またキスをした。

俺は彼女が苦しそうにしたのを見て唇を離す。

彼女は肩で息をして、目をトロンとさせて居て、どう考えても誘ってるようにしか見えない。

俺は理性を保つ為に携帯を見た。

ふと目に入った時刻は6時を回っていた。

「ねぇ由理、そろそろ帰ろっか。もう6時だよ」

「もうそんな時間! うん、そうだね、帰ろう!」

俺たちは手を繋いで教室を出た。

カバンは教室にあるが、特に中は入ってないので置いて帰っても支障はない。財布もケータイもポケットに入ってるので取りに戻る必要もない。

そんな安易な考えでほったらかしにして帰った。

書いてる途中の日誌があるのを忘れ 
て……。






次回は余裕を持って70フォローで続きを書きます! 

なのでフォローして下さるととても嬉しいです!待ってます!









「転生して最強の力を手にした俺は異世界をチートで無双する!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 白華

    中学生の話マジでいらん

    0
  • 作者K

    っ!?俺の警報がっ!由利が死ぬと伝えているだとっ!?

    2
コメントを書く