モンスタークリエイターの世界侵略 (投稿停止)

鈴木颯手

第9話 侵入者

    辺りが暗くなり始めた森の中で複数の足音が響いていた。
    男と女三人ずつのパーティーで男二人は鎧を身に付け残りは軽装であった。
    「しっかし、さっきはすごかったよな!」 
    「ああ、ハーランの剣技が見事にゴブリンの頭にヒットしてさ」
    「ゴブリンの『プギャ!』って言う声には流石に笑っちまったからな」
    「お前もそう思うだろハーラン?」
    ハーランと呼ばれた男は軽く肩をすくめて答える。
    「確かに下品なゴブリンにはお似合いの声だったな」
    「出たよ、ハーランの人間至上主義」
    パーティーメンバーの一人の女があきれたように呟く。
    ハーランは熱心な人間至上主義者であった。
    この世界に無数に存在する種族の中で人間が一番優れていると言うこの考えはかなりの規模で広まっており、スラムにいるような人から一国の君主までその規模はとてつもなく大きかった。ハーランはそんなものたちの一人である。
    「でもまあ、知能が低くて本能で動いているようなゴブリンは確かに見下したくなるよな」
    「そうそう、あいつら数は多いけど弱いから好んで倒そうとするやつなんていないんじゃないの?それこそ初心者の冒険者位だよ」
    赤いバンダナをした軽装の男の言葉に肯定するようにマントを着込んだ女が言う。
    このパーティーメンバーはハーランの影響で多少人間至上主義が入ってきていた。
    「で、今日はどうする?また野宿か?」
    「えぇ~!?ずっと野宿ばっかりじゃん!たまにはふかふかのベットで寝たいよ!」
    戦闘を歩く鎧の男の声にメンバーの中で一番低い女が抗議する。彼らはレベル上げのためにこの森に入っていたが森の中に家があるわけもなくずっと野宿をしていたのだ。
    「でもねぇもんをねだってしょうがな…うん?」
    「どうした?」
    「いやあれ…」
    驚くように指を指す方向を見るとそこには巨大な壁があった。
    十メートルはありそうな巨大な壁で見た目も頑丈そうであった。
    「…こんなのあったか?」
    「わからねぇ。でもこの辺はまだ通ってなかったと思うぜ」
    「人の村なのか魔物の住みかなのかは分からんがここにはいれば寝床は確保できそうだな」
    「なら早速いこうよ!」
    男たちに急かすようにいって低い女が走っていく。それを残りのメンバーはあわてて追いかけていった。
    その様子を見られているとも知らずに。

「モンスタークリエイターの世界侵略 (投稿停止)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く