モンスタークリエイターの世界侵略 (投稿停止)

鈴木颯手

第5話 廃村

    「…ん」
    冷たい風が体を通る感触に俺は眉を潜める。
    やがて目を開けると目の前は真っ黒い世界だった。
    「…もう夜になったか」
    どうやらかなりの間寝ていたみたいで既に辺りは夜となっていた。
    取り合えず俺は体をお越し回りを見る。
    寝る前に護衛を頼んだグランドスライムは俺の左右に一体ずついた。端から見れば小さい二つの泥に挟まれる形で寝転がっている人に見えるだろう。
    そして図上にはいつの間にか戻ってきていたサーチアイがふよふよと浮かんでいた。
    「何かあった?」
    そう聞くとサーチアイは体を横に軽く動かした。
    何もなかったと言うことだろうか。
    「…そう、それじゃあ、野宿できる場所を探さないとね」
    そう言うとサーチアイは体を揺らしたり上下左右に動いたりしてきた。
    「…もしかして野宿できる場所を見つけたの?」
    そうサーチアイに言うと体を上下に動かした。
    「それじゃあ、早速案内してね」













    サーチアイに案内された場所は今は使われていない廃村だった。
    その中で一番清潔な家を選びそこのベットで横になっていた。
    「…旅するのもいいけどここを拠点に活動しようかな」
    この廃村は森のそれなりに深いところにあった。この村が廃村になったのもそれが原因かもしれない。
    「…ここならよほどのことがない限り大丈夫そうだしな」
    そう思い手を前にかざす。
    「…創造」
    そう呟くと見慣れた光が現れそれが収まるとそこにはクリエイトモンスターがいた。
    今回はサーチアイやグランドスライムとは違い、全身を黒い鎧で覆われた騎士を創造した。

名前:黒騎士
種族:クリエイトモンスター
HP:2500(A)
MP:4500(B)
筋力:750(A)
防御:950(A)
俊敏:150(D)
魔法:身体強化(無)知覚強化(無)武装強化(無)
スキル:危険察知レベル1言語レベル1槍術レベル1盾術レベル1
称号:忠義の騎士、高ランクモンスター 

    今回創造したのは護衛を強化するために必要と感じた騎士である。打撃系を得意としいざというときは主人の盾になるくらいの頑丈さを兼ね備えた騎士である。
    「…うまくできたか」
    「…アルジ…オレノ…」
    俺が呟いたときそれ似合わせるように声が聞こえてきた。しかもその声は黒騎士の方から聞こえてきたのであった。
    「…これが『言語』スキルの効果か」
    レベルが低いからなのか片言でうまくしゃべれないみたいだが意志疎通を行う上でこれはとてもいいことだと思った。
    しかし、今は取り合えず…
    「黒騎士、今日は寝るから見張っておいてね」
    「…了解…」
    黒騎士の創造でかなり使って再び睡魔に教われたため寝ることにした。
    黒騎士の細かいことは明日行うことにしたのであった。

「モンスタークリエイターの世界侵略 (投稿停止)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く