俺だけ初期ジョブが魔王だったんだが。

夜明

第2章 19話 「ライドシティ」

先程までとは180°人が変わったかのような口調で俺たちにまくし立てるミア。

「そっか。じゃあ、君がもう一人の¨ミア¨なんだな」

「そうよ。文句ある?」

「大有りよ!!」

リリスは顔を真っ赤にしてミアに掴みかかる。その手をはらってミアはリリスを睨んだ。

「嫌ね、熱くなっちゃって。ほんの冗談じゃない」

「まあまあ、二人共」

リリスをなだめる為に頭を軽く撫でるとすぐに落ち着きを取り戻した。

「あっ、ずるーい」

ミアは俺の空いている方の右手を自分の頭の上に乗せて、撫でてと言わんばかりに見つめてくる。

「はいはい」

正に両手に花。が、その実態はなかなかカオスである。

「人格の入れ替わりはどんなタイミングで起こるんだ?」

「ミア、あのタイミングは最悪よ...」

「そうね。でも仕方ないじゃない。感極まったり、逆に何も考えずぼーっとしてる時、無意識に勝手に入れ替わっちゃうのよ。」

「ほんとかしら?」

「リリス、仲間になったんだから疑ったりするなよ」

「ですが...」

「入れ替わりは不可抗力なの。だから病気扱いされるのだけど決して悪意は無いわ」

「....わかったわ。でもあまり失礼な態度は控えて」

きっとミアにも色々あるんだろう。でも此処はあくまでもゲームの中である。プライベートに踏み込むのはナンセンスだろう。

「さ、どっちの人格にしたってミアはミアなんだ。むしろ会えて良かったよ」

「レンジくん...優しい!」

そう言うとミアは俺にしがみついてきた。

「でもやっぱり気に入りませーーん!!」
この先は更に波乱な冒険になりそうである。


ーーーーーーーーー


「さ、一先ひとまずシルバーゴーレムを倒して得た物の整理をしよう」

「ええ、そうですね」
「¨私¨は参加してなかったのね」

ミアは不服そうな顔で口を尖らせた。

「仕方ないさ、ミアはまだ通常職だったし」

「レンジくんありがとう、【暗黒騎士】なんてなかなかなる事ができない職業じゃないの?」

「そうよ。かなりのレア職。更にレンジくんの支配下になれる職の一つでもあるわ」

「リリス、他にもそんな職があるのか?」

「はい!どれもレア職がメーンになりますが...」

「所でミア、これからは死に戻りができない。魔王側に着いたプレイヤーは恐らく魔物判定でゲーム内復活が出来なくなる可能性があるんだ」

「なるほど〜。でもレンジくんが守ってくれるんでしょ!」

「あぁ..はは、まあな」

ここは苦笑いで流しておいた。じゃないとリリスの堪忍袋の緒が切れるかもしれない。

「話が脱線したから話題を戻そう。とりあえず得た宝石は売って旅の経費にあてるってことでいいな?」

2人の美少女は黙ってコクリと頷いた。こいつらは黙ってちゃ人形みたいなんだけどなあ。

「んで、俺は【魔王】の方のレベルが33に到達した。それに伴っていくつかスキルも覚えたから一応パーティーである二人には教えておこうと思う」

パッシブスキル【闇の支配者】Lv.1仲間のみに発動。自身を除くパーティーメンバーの全ステータスを25%アップさせる。

アクティブスキル【インフェルノ】Lv.1 前方20mに不滅の業火を放射。ダメージを受けた敵は戦闘終了まで決して炎が消せず、10秒に1回、相手の最大HPの3%のダメージを食らう。

【シャドウハンド・パイロット】Lv.1 全長2mの漆黒色の右手を自身周辺の空中に生み出す。右手で操作することが可能で遠距離攻撃も可能。

【ダークマター】Lv.1 掌から絶大な威力を誇る闇物質の光線を放つ。発動後30秒間、半径1m内から出られなくなる。

「かなり攻撃スキルが増えましたね!」

「ああ、マジで助かったよ。これで戦略の幅も広がるからな」

スキルはまたいつか試すとして俺達は折角到着した<ライドシティ>の観光と、【大司教】探しを同時進行することにした。

まずは宝石をNPCの商人に売り、金を荒稼ぎして暫くは全く困らない程の金を得た。

「まさか宝石にこんなに価値があるとは」

「念のために一つだけ売らなかった【ダイヤモンド】はまた、俺が預かっておくよ」

「レンジくん、私が預かろーか?」

「ダメです!今のミアは特に信用できないので辞めておきましょう」

「なによーっ!」

「君らすぐ喧嘩するな....」


ーーーーーーーーー


<ライドシティ>には既にかなりの数のAESプレイヤーが流れ込んでいた。トッププレイヤー達が道中の攻略法や、その動画などを公開して他のプレイヤー達もそれを見て<ライドシティ>に辿り着いたという訳だ。

「そういえば、今現在トップと言われている大型ギルド<エンペラーロード>に並ぶギルドが頭角を現しているらしいですよ」

「噂を聞いたことがあるわ。確かチームでの連携がとても上手なギルドだとか」

「そう。でも彼らは目立つのを避けて表にはあまり出てこないらしいです」

「そうなのか。力を誇張する<エンペラーロード>達とは対極にある様なギルドだな」

「ミアはあの人達、嫌いです」

「まあ、嫌いな人も多いかもしれないな。攻略動画だとかは、助かっている人もいるとは思うが....ってあれ?」

「ミア、あなたいつも間に戻ったの?」

ミアの声の質がガラリと変わった。最初に出会った頃の声質である。目元も心做こころなしか優しい雰囲気に戻った様に感じる。

「あ...すみません。急に元に戻るんです...」

「そ、そう。変なタイミングで変わるのね」

「はい...すみません、すみません」

どうも主人格のミアは謝り癖が付いているのか口を開けばすぐに謝っている気がする。

「気にする事はないさ、ちなみに俺はどっちのミアも好きだよ」

「あっ..ありがとぅございまふ...」

耳を赤くしてうつむく彼女に噛んだことを指摘して追求するのは酷だろう。

「にしても<エンペラーロード>に匹敵するギルドか。どんなギルドなんだろうな」

「ギルド名は確か...<スティグマ>」

<スティグマ>。俺はそのギルド名を頭の片隅に留めておくことにした。

「俺だけ初期ジョブが魔王だったんだが。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く