俺だけ初期ジョブが魔王だったんだが。

夜明

第2章 16話 「森を抜けるには」

俺達は彼此かれこれ20~30分、霧の中を彷徨い続けている。疲労は感じられないがいい加減飽き飽きしてきた。

「もしかするとこの霧が出た森を抜けるには何か特殊条件を満たさないと駄目なんじゃないか?」

「ミア達が遭遇した魔物を倒す...とかですか?」

「ミアの一人称は自分の名前なんだな」

「あ...うざいですよね、すみません。」

「ほんとにうざ 「うざくないよ、全然」

「台詞を重ねないで下さいよー!」

「ミアと仲良くしろよリリス」

「うーーーっ!!」

不貞腐れてそっぽを向くリリスを放置して、話を脱線させたことをミアに詫びた後、気を取り直して話を続ける。

「ミア達が出会った魔物はどんなやつなんだ?」

「体は大きくてですね、なんと言うか銀色の...ゴーレム?の様な。とにかく攻撃が固くて、ダメージを与えられないんですよ!」

「銀色...もしかするとレア種かもしれませんね」

リリスの説明によると、レア種というのは普通どこにでも生息するが、遭遇率は極めて低く、ほんの極稀に出現する魔物だという。

「そのレア種ってのはやっぱり強いんだろうな」

「そうですね。かなり。ただその分なにかしらの報酬があるので倒すにあたっては悪い条件ではないです」

おお。それは惹かれるな。【道化師】が弱くて困ってた所だ。何か少しでも強化出来るものがあるのなら是非とも手に入れたい。

「じゃ早い所探し出して倒すしか無いか」

「そうですね。かなり時間も経ってますし」

「失礼ですが...お二人のレベルはどれ程なのでしょうか?」

「俺は今21だな」

「私もです」

「そんなっ、無謀です!ミアの仲間達4人はレベル30を越えていたのですが誰の攻撃も通らなかったんですよ!」

「そりゃなかなかだな」

「だからと言って引く訳にも行かないでしょう?私とレンジくんは先を急いでいるの」

ふと思った事だが、もし俺がHP0になると復活はするのだろうか。冒険者達は【大司教】の加護で生き返っているわけだが、敵である【魔王】にもそれは有効だとは思えない。

恐らく死んだ時点でゲームオーバーなのだろう。差詰めさしづめデスゲームと言った所か。

「分かりました、私も何かの役に立てれば良いですが...お供させてください!」

「もちろん。置いていく訳には行かないさ」


ーーーーーーーーー


「そういえばミア、仲間の人にメッセージを送ればいいんじゃないか?」

俺は使う事が無いため最初気付かなかったが、メニュー画面からフレンド>メッセージを送ることができるようになっている。

ん?俺のフレンド数?ゼロだよ....。

「実はミアは決まったパーティーは組んだ事がなくて、いつもお誘い頂いたパーティーに混ざってレベル上げをしています」

「即席パーティーか。なら、実質はソロプレイヤーなんだな」

「そういう事になりますっ」

「何でだ?ソロで得する事なんて思い付かないけど....」

「あ〜...あははそれは....」

ドドドドドドド..!!!!!ミアがなにか言おうとしたその時、地の下からあいつは現れた。
出てくる時の振動で大地が震える。

「きゃぁぁ!」

「やっとお出ましか」

「レンジくん!やはりレア種の<第二位従属者>である、シルバーゴーレムです!」

圧倒的威圧感。その姿は鋼鉄の城を彷彿とさせた。銀色に輝くその巨体は優に10mを超える。戦う相手がこうも巨大だと武者震いせざるを得ない。

「この銃じゃどうせ通らないだろうな」

そう呟いた後俺はリリスに目配せをした。リリスは本当に良いのかと言いたそうな目でこちらを見つめる。

「ミアは悪い奴じゃなさそうだし、大丈夫だろ」

「...そう仰るのなら」

俺達は同時に【トランストリックリング】を180度回した。身体中が光り輝き、そして【魔王】と【鎌使い】が姿を現した。

「えええええっ!!!」

「ミア、これが俺達の"最終手段"だ」
「この事は口外禁止よ。バラしたらタダじゃおかないから...」

俺は【魔剣ブロウ】を、リリスは【デス・スィークル】をそれぞれ手に装備する。

「さぁ、一狩り行こうぜ」

「俺だけ初期ジョブが魔王だったんだが。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く