俺だけ初期ジョブが魔王だったんだが。

夜明

第2章 14話 「感謝と出発」

レンジくんと出会って2日目。朝7時。
私はVRの世界で目を覚ました。ログアウトする前に寝てしまった様だ。最も私は現実の世界よりこっちの世界の方が好きなので極力此処ここに居るようにしている。

AES取締役の上地さんとは正式に契約を結んでいて、お給料もきちんと入っている。但しそのお金は生活費として消えているけど。両親にこれ以上の負担はかけさせたくないから自ら進んで提案したことだった。

私は山吹やまぶき理莉りり、16歳だけど高校には通っていない。そもそもまともに学校に行った事がなくて少し抵抗があった。足も目も不自由なので基本、病院生活を送っている。

特に原因不明の足の持病が酷く、痛みが継続的に私を襲う。逃れる方法は麻酔を打つか、気休めに痛み止めを飲むか、もしくは電脳世界に飛び込むことである。

麻酔も痛み止めも大量に摂取出来るためではないため、ダイブマシン<サクセス>の存在は私にとって大きいものだった。

それを一応、職業という形に出来たのだから現状に対して今、文句は何一つ無い。

「リリス、おはよう」

「あ!レンジくん!お早う!」

私がリリス役になったのは上地さんの采配なのでレンジ君とは偶然というカタチではあるけど、出会えて本当に良かった。

年齢は..同い年くらいなのかな?まあ私はAIっていう設定だし、そもそもリアルの事を尋ねるのはご法度だから聞けないけどね。

「今日から早速【大司教】を探して行こう」

「分かりました。まずは情報収集ですよね!」

「そうだよ。じゃあ出発しようか」

ああ。今凄く楽しいよ、私。


ーーーーーーーーー


「相変わらず笑われてるな、俺」

「よっぽど【道化師クラウン】は不遇職なのでしょうか?」

「そうなんだろうな。前の戦闘でも散々だったし、未だに【道化師】は見たことがない」

普段より声のトーンが少し低い俺の頭をリリスは慰めるようにポンポンと撫でた。

「大丈夫です。何だか私にも視線を感じるんですよね。もしかしたら【吟遊詩人バード】も不遇職なんでしょうか?」

「いいや、【吟遊詩人】はむしろ重宝されると思うぞ。ただ視線集めてるのはそれだけが問題じゃないんだよな...」

通りすがりの奴らが嫉妬心混じりの罵声を小声で囁くのを俺はもう何回も聞いてるんだよ。

「え??」

リリスは隣に歩く俺の顔を覗き込むように軽く首をかしげて髪を揺らした。クソ可愛い。

「何でもねーよ」 

「えー!何ですかぁ!!教えて下さいよ〜」

「いいから、早く行くぞ」

俺は少し足早に歩くとリリスはぱたぱたと後ろを着いてきた。

現在トッププレイヤー達は<始まりの町>を二日前に旅立ち、昨日の昼には最寄りである<ライドシティ>に到着していたらしい。

<始まりの町>の中に居るNPC達や、そこらに居るプレイヤーに聞いて回ったが、それ程有力な情報は特に得られなかった。その為<ライドシティ>に行くことを一先ひとまずの目標と定めることにしたのだ。

最寄りの町と言っても割と距離があって、魔物の数もそれなりに多いらしい。準備をきちんと整えてから大人数のパーティなどで向かうのが安全らしいが俺達は急を要する。

<始まりの町>を出た草原を歩きながら俺はリリスに話を切り出した。

「急いでいるとはいってもさ、流石に少しくらいメンバーを増やした方が効率は良いよな」

「えー...。んー。まあそうですけど」

「なんで乗り気じゃないんだよ」

「んー。二人だけがいいというか?」

えへへと笑う彼女の笑みは正に殺戮兵器である。俺は少しニヤけそうな顔を引き締めて答える。

「ばーか、そんな話じゃねーよ」

「分かってますよ〜。でもメンバーって言ってもめぼしい人なんて居ますかね?」

「ま、居ないけどさ」

「ミツカレバイイデスヨネ」

リリスさん?棒読みなんですけど?
たまに出てくる雑魚を適当に倒し草原地帯を抜けた俺達は、魔物を大量に放ったあの森に再び足を踏み入れた。

「森の中は人が減りますね〜」

「魔物のレベルも少し上がるし、死角が多いから先制を食らうんだよな。朝とか昼間でも少し暗いってのもあるかも」

「ここらはレンジくんが召喚した魔物が多いから襲って来ない可能性が高いですよね」

「俺たちにとっちゃ結構楽だな」

そんな他愛ない話をしながら森をぐんぐん歩き進め、森を抜けるまで残り半分の地点に辿り着いた。

「俺だけ初期ジョブが魔王だったんだが。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く