俺だけ初期ジョブが魔王だったんだが。

夜明

第1章 2話 「異世界の諸事情」

ランダム選択をした瞬間景色が段々と色付き高校生ながらこれからの冒険に少しワクワクしてしまった。

そして辿り着いたのは冒険者が集う始まりの地...ではなく薄暗い部屋の中だった。まるでどこかの古城。部屋の中を照らす物は6本の蝋燭ろうそくしかなく、誰も居ない部屋は寂しい雰囲気を纏っている。

「なんだ...?ここ...」

どうやら華やかなキングサイズのベッドに寝転がっているらしい俺は上半身を起こした。

ガタンッ正面の大きなドアが勢い良く開く。慌ててドアの方へ視線を向けるとそこには身長が2mをも超えているであろう銀髪の大男や、その後ろにはメイド服を来た女性達が控えていた。

黒の紳士服を纏い如何にも執事らしい大男は俺に駆け寄り、メイド達もそれに続く。

「お目覚めでありますか。サタン様!」

「はっ?」

確かにステータスを開いてみると職業が【魔王】と示している。もしかしてサタンとは俺の事を指しているのだろうか。

というか【魔王】って何だよ。本来討伐すべきかたきの職業なんだが?まず【魔王】は職業なのかと頭を悩ませる。

「お忘れになっているのも無理はありません。お務め御苦労様でございます。お身体の方は問題ありませんでしょうか?」

「あ、ああ。大丈夫だよ。」

おおーっとメイド達は涙を浮かべ喜びの表情を顔に示す。なんだこれ。

「治癒術の副作用で記憶が曖昧で在りましょうから100年前の出来事から話させてもらいます。」

「100年前?」

「左様でございます。100年前、サタン様はある勇者との死闘で見事勝利を収めたのですが、その代償に負った傷は深く、とても生活するには厳しいお身体でした。そこでサタン様は100年間お身体をお休めになり今日お目覚めになられました。」

「何故100年なんですか?」

「それはこれから起きる第六次世界大戦に向けてでございます。そもそも人間と我々魔王軍は対立関係にあります。」

大男、もといルシフェルさんの話を要約するとこうだ。

生来、人間と魔王軍は争う運命にあり、その戦いは今現在も続いているらしい。人間側は複数の国を点在させ均衡を保つ事を望み、魔物側は自分達が世界を統治し、一つの国に纏めるという世界征服を望む。

その戦いは990年続いている。だが、魔物は元々人間より屈強な力を生まれつき備えているので人間達の抵抗を押さえつけるのは最早時間の問題であった。

だが人間の中に極稀に能力を持ち、生を授かる者がいる。俗に言う勇者だ。歴代の勇者達が魔王を倒すまでとは行かなくとも、その効果は魔王軍に大ダメージを与え、惜しくも世界征服完遂に1歩届かないという結果を産んだ。

勇者VS魔王軍の争いに発展した場合に名付けられる『第〇次世界大戦』。問題はここからである。普通、冒険者が勇者になる覚醒率は極めて低くせいぜい10年間に1人か、もしくは多くても3人程度となっている。

これから起きると予測される、『第六次世界大戦』。しかし今回の覚醒した冒険者、つまり勇者の数は10000人を超える。魔王軍最大の危機に直面していた。

「現在も勇者は増え続けております。冒険者大量覚醒の原因は不明です。が、恐らく...百年前に姿を隠した【大司教】が何かしたのでしょう。」

ルシフェルは悔しいと言わんばかりに両手の握り拳を強く握り小刻みに震わせる。

レンジは冒険者大量覚醒の理由を知っている。勇者というのはきっと職業を【魔王】などとふざけた職業以外を選択した<Another Earth Story>プレイヤー、通称AESプレイヤー達である。

「幸い、勇者共はまだ熟練度が高くなくサタン様がご健存である今は脅威とは感じませんが、何せ量が多く、<第三位従属者>共の数が数日前から大幅に減少しているのです。」

<第三位従属者>とは、そこらへんにいるスライムやゴブリンなど、知性や力の弱い魔物のことらしい。<第二位従属者>とは、知性を持ち、また数が少ないレアな魔物。<第一位従属者>とは、現在はルシフェル以外は滅びているらしい。幹部レベルの魔物で、中ボスの役割を果たす。

そしてその魔物を束ねてるのが俺、【魔王】サタン様、らしい。まじか。

「なるほど、だいたい分かったよ。ありがとう。」

「ありがたき光栄。サタン様に捧げたこの身、生涯を貴殿の為に行使致します。」

そう言うとルシフェルとメイド達は跪き忠誠を誓った。

もう1度いう。なんだこれ。

「俺だけ初期ジョブが魔王だったんだが。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く