喚んで、育てて、冒険しよう。

島地 雷夢

124

 ドッペルゲンガーは最初の相手に俺を選ぶ。それは俺がこの中で一番弱いからさっさと仕留められるとでも思ったのか。実際俺はこの中で一番弱いし、一対一ならドッペルゲンガーなら比較的楽に倒せる相手だと思う。重力の影響も所々少し受けてるし。 ただ、俺にとって幸いなのは、ドッペルゲンガーの手に握られている調理器具二つから歪みが消え去った事か。これでこちらも避けるだけじゃなくフライパンと包丁による防御が出来るようになった。 また、ドッペルゲンガー自身を包んでいた透明なうねりも搔き消えた。これであいつの動きは通常時と同じになったけど、それでも向こうの方が速いか。「時間がねぇからな。一気に行くぞ!」 フライパンと包丁を下げたまま、その場で高く跳ぶと俺目掛けて蹴りをお見舞いしてくる。【流星脚】かと思ったが違う。あれはただ上から斜め下に向かって跳び蹴りをするだけのスキルアーツだが、ドッペルゲンガーのはただの蹴りではなく前転しながらこちらに向かって蹴りを放っている。蹴りと言うよりも踵落としと言った方が正しいかもしれない。 回転してる分、威力は絶対にあちらの方が上だろう。【流星脚】よりも速いが、軌道は同じなので避ける事は出来る。 ぎりぎりで回避して、ドッペルゲンガーが反動で飛び退く瞬間にカウンターを合わせよう。その方が体力の消費も少ないし、ダメージも与えられる。 俺は焦らずにドッペルゲンガーの軌道から僅かに逸れて、フライパンと包丁を何時でも振り抜ける状態にする。「っ」 が、カウンターは仕掛けられなかった。 踵落としが地面に決まった瞬間、亀裂が入り岩盤が隆起して来たからだ。【流星脚】でも地面が壊れる演出があったが、破片が飛び散ってもダメージは喰らわず直ぐに元の状態に修復される。 が、このドッペルゲンガーの繰り出したのは演出上それよりも派手で、隆起した岩盤自体にもダメージ判定があった。俺はそれをもろに喰らい、軽く宙に浮かばされてしまう。「次はこいつだ!」 ドッペルゲンガーは空中で身動きが取れない俺目掛けて跳び掛かり、何時の間にか鞘に納めていた包丁をすれ違い様に抜刀してくる。 初撃は防げたが、その後抜いた反動を利用した包丁による突き、薙ぎ払い、袈裟懸けは防げずに体を切り付けられる。最後に大上段に構えられ、振り下ろされた包丁の斬撃の直撃を喰らい地面に叩きつけられる。 薙ぎ払いを受けた時に【生命薬】を、最後の一撃を喰らう前に【生命上薬】を使わなかったら生命力が尽きていた。ショートカットウィンドウ様様だな。が、これで俺の【生命上薬】は切れた。残っているのは【生命薬】だ。 生命力は半分くらいしかないので直ぐ様起き上がって【生命薬】を使って八割くらいにまで戻す。その間にもドッペルゲンガーは更に攻撃を仕掛けてくる。 それら全ては、俺が持つスキルアーツ【小乱れ】、【乱れ切り】、【蹴舞】、【流星脚】、【シュートハンマー】、【ショックハンマー】――流石に体力を全て持っていく【圧殺パン】と【捌きの一太刀】のような技は使ってこなかった――の上位互換とでも言えばいいのか? そんな感じのものばかりだった。それら全て避けきれず防ぎ切れずで、【生命薬】の使用を余儀なくされた。 連撃系統のスキルアーツは動きが所々変更されており、より攻撃的に。【流星脚】と【シュートハンマー】は一撃であるのに変わりないが仕様と威力が大幅に向上。【ショックハンマー】に至っては一撃ではなく二連撃に変更されていた。 その二撃目にも行動不能の効果があり、一撃目を避けて安心した俺の左腕に容赦なく叩き込まれ、一時的に行動不能になる。ヤバいと思い、連続で【生命薬】を使用する。「喰らえぇ!」 跳び掛かりながら振り下ろしてくる包丁を避ける事も出来ずに直撃を喰らう。この一撃は思いの外威力が凄まじく、【生命薬】の御蔭で最大値まで回復していたのに一気にほんの僅かにまで減らされた。 直ぐ様生命力を30%回復させるも、もう【生命薬】は切れてしまった。俺にはもう回復手段は残されていない。 が、俺の頭に液体が掛かるような感じがすると、生命力が八割近くまで回復した。多分、リースかカンナギが【生命上薬】を使ってくれたんだろうな。 ただ、今の二人は直接の戦闘参加が出来ない。魔法を使えばどうにかなるかもしれないけど、それすらも使えない状況なのかもしれない。 どうにかして、二人が自由になるまで時間を稼いだ方がいいんだが、無理かもしれない。ドッペルゲンガーは俺よりも速く、重い攻撃を仕掛けてくる。魔法は仕掛けて来なくなったが俺が攻撃する隙はない。対応出来るスピードを越えての動きなので、後手に回るしかなく、しかも防ぎ切れない。 下手をすると、連撃のスキルアーツを受けたが最後、生命力の回復が間に合わずに0になってしまうかもしれない。 俺がやられても、リースとカンナギは普通に戦えると思う。が、やられるタイミングが悪ければ動けない二人はいいように攻撃を喰らって攻める前にやられる……事はないかもしれないが、結構なダメージを喰らってしまうだろう。 そうならないように、せめて俺がやられる瞬間くらいに自由になれるようにドッペルゲンガーとの戦闘を長引かせないとな。 となると、問題は俺の反応だ。レベルが上がってステータスにSPを振り、現実の俺と同じ動きを再現出来るようになった。敏捷に限れば、現実以上になっている。それでも反応出来ないのは、歯痒いし辛いものがある。 …………やるしかない、か。 自分が動いて対処出来ないなら、自分で動かなければいい。 俺はコマンドウィンドウを開き、隠れスキル【AMチェンジ】を選択。マニュアルからオートへ変更。これによって今まで自ら動いて再現をしていたスキルアーツは全て自分の意思とは関係なく自動でその動きをするようになった。 オートで動けば、中断される事も無く連撃を終える事が出来る。更に、再現するよりも速く動く事が出来る。体のあちこちに受けてる重力の影響も気にしなくていいだろうし、もう酔うとか言ってられないので意を決する。 コマンドウィンドウから【小乱れ】を選択し、発動する。 マニュアルでの再現には時間制限があり、視界の端にタイマーが出現していた。が、オートになったので出現しなくなる。 俺の身体が意思に反して勝手に動いて行く。俺の三半規管は無理に動かされている現状に音を上げ、気分が悪くなる。それでも我慢してドッペルゲンガーに攻撃していく。「動きが変わった?」 ドッペルゲンガーは【小乱れ】のような技で応戦し、全て防ぎ切る。【小乱れ】が終わると同時に酔いが一気に襲い掛かり、その場に膝を付いてしまう。「隙だらけだな」 ドッペルゲンガーの言葉が耳に届くのと同じタイミングで【蹴舞】を選択。意思と関係なく立ち上がって蹴りの連撃を繰り広げていく。「こんのっ」 こちらも全て防がれてしまう。【蹴舞】が終わると直ぐ様【乱れ切り】を発動させ、終了後間髪入れずに【流星脚】を喰らわせる。「おいおい、自棄にでもなったのか?」 ディレイタイムが終わったので、また【小乱れ】を選択。ドッペルゲンガーが何か言ったが気にしてる余裕はない。酔いと戦いながらスキルアーツを選択しないといけないんだからな。 二回目の【小乱れ】が終わり、同じようにディレイタイムが終わった【蹴舞】を選択した所で俺の体力がスキルアーツを発動するのに必要な量を下回る。が、直ぐに回復がなさされたのを視界の端で確認する。リースかカンナギか、どちらにしろ感謝だ。 全ての攻撃を相殺され、僅かに減っていく生命力を気にする余裕はない。今は体力とスキルアーツにだけ目を向ける。自分で体力を回復する余裕も【醒め薬】を使用する余裕もないから、実質、体力がスキルアーツの発動に必要な量を下回ったらそこまで。 …………でも、なかった……。 三回目の【蹴舞】を発動しようとして、出来なかった。 もう、無理。限界。はきそう。たてない。せかいがまわる。ぐるぐるまわる。せんたくできない。かくにんできない。らくになりたい……。「ふぅ、もう連撃は終わりか?」 …………。「いきなり動き変わったと思ったが、マニュアルからオートに戻しただけか」 …………。「まぁ、その御蔭で俺の動きと同等の速さで攻撃出来てたんだけどな。それももう終いか」 …………。「じゃあ、一人脱落、と」「確かに!」「そうだね」 急に酔いが無くなり、視界がクリアになる。多分、カンナギが【醒め薬】を俺に使ってくれたんだろう。直ぐに起き上がってドッペルゲンガーの方へと目を向ける。「でもそれは!」「君だけどねっ」「ちっ!」 振り向いたドッペルゲンガーの先には自由になったリースとカンナギがいて、二人共回収したらしい武器を大上段に構えていた。もう重力の影響はなくなったみたいだ。あと、俺の体も重力から解放されていた。 ドッペルゲンガーは後ろに跳んで回避しようとするが、俺が背中を蹴って妨害する。どうやら二人に気を取られて跳ぼうとした場所に俺がいる事を忘れてしまったみたいだな。「しまっ」「せいっ!」「とりゃ!」 振り下ろされた二つの刃は、吸い込まれるようにドッペルゲンガーへと向かう。交互に切り付け防がれる事も無くダメージを与える。振り下ろし切った武器の向きを変え、更に追撃とばかりに切り上げる。「ぐ……は……っ」 ドッペルゲンガーはフライパンと包丁を取りこぼすと、光となって消えていった。


「喚んで、育てて、冒険しよう。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く