わたしと出会ってみませんか?

KUROKA

02夜:人生再スタートしました!

これは、遠い記憶。
2人だけの、大事な記憶。
白いワンピースの少女と少女より小さな男の子は、2人で夜の草原で横になって月を眺めていた。
コオロギの鳴き声、風が涼しい。
今日は満月。

「ねー。ボクちゃん、あたしのことどう思ってる?」

しばらくの沈黙を破って少女が男の子に話しかける。
「...き、急にどうしたんだよ...ねーちゃん」
男の子はふてくされるような反応をする。
いつかこの時が来ると、今日がその日なんだと幼いながらもわかったのだ。
別れの日。
男の子の反応から全てを察した少女。
ふてくされるような、泣くのを我慢するような、そんな横の男の子を見て切なそうな笑顔を浮かべる。
「ボクちゃん。約束、覚えてるよね?」
「......うん。」
「今日が、その日だよ」
「...うっ...うっ...」
堪えきれなくなった男の子は、今まで我慢していた涙をこぼして静かに泣きだす。
「ボクちゃん...」
そんな男の子の様子を見て少女はゆっくりと起き上がると、男の子に近寄って優しく抱きしめた。
「ねーちゃん...行かないで!」
男の子の本音が草原に響き渡る。
胸が痛くなる少女は、自分が泣くのを堪えるように男の子をさらに強く抱きしめた。
「だーめ。約束でしょ、ボクちゃん」
「...でも...うっ...うっ...」
満月が雲で隠れて、辺りが少し暗くなる。
しばらくの沈黙。
「...ボクちゃん。もう時間がない」
沈黙の間も、男の子を強く抱きしめてた少女はそう言うと起き上がる。
ワンピースが風でなびく。
「ボクちゃん。もうすぐ君はあたしを忘れてしまう」
起き上がって少女に近づこうとする男の子。
ほんの少しの距離なのに、これ以上近づこうとしたら少女が消えそうだと思って近づけない。
少女は男の子に対して終始さやしく笑っていた。
その笑顔は恋人に向ける表情そのもの。
「あたしが消えても、あたしがボクちゃんにやったことはずっと消えない」
「ねーちゃん...!」
少女は続ける。
「今日までのあたしの記憶は...もうすぐ、ボクちゃんの中から全て消える」
「............。」
「記憶がなくても、いつか“それ”を頼りにあたしに会える日が来るかもしれない」
「うっ...ううっ...」
胸が苦しくなる少女。自分に残された時間に心が追いつかない。
でも、少女は涙ひとつこぼさず、優しく笑っていた。
「ボクちゃん、泣かないで。あたしを見て」
そう言われて、少女を見る男の子。
涙で視界がぼやけているが、見慣れた少女のシルエットを愛おしく見つめる。
「お別れのボクちゃんに、最後にひとつ...」
満月の光が少女と男の子を照らす。
少女の頬にも涙がこぼれていた。

「あたし...アルテミスは、ボクちゃんを...ウラを...愛してる。」

男の子の視界が急に暗くなった。

「わたしと出会ってみませんか?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く