話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様の使い助けたら異世界に転生させてもらった❕

リアルカ

9、フィナローザ、究極の選択を迫られる。

能力開示の儀から3日、今日は陛下との謁見の日です。

儀式の後お父様が王様を問い詰めえたらしいのですが、陛下は口を割らず『これから話すことをお前に伝えるかは、あの子が決めることだ』としか言わないそうです。

本当に何があるのでしょうか…。

「フィナローザ、行こうか。」

「はい。おとーさま」





「宰相殿、こちらで王がお待ちです。」

ここは、王宮の最上階、王の執務室、陛下はいつもここで仕事をしています。

「よく来たな、フィナローザ嬢。さっそく本題に入りたいので二人きりにしてくれ。」

「「「陛下の仰せのままに」」」」

い、いきなり二人きりですか…。

本当に私に何の用でなのでしょうか…。

「ハインツお前はドアの辺りに。」

ハインツ…お父様はおいだしたのに、なぜこのひとはいいんでしょうか…?

「んじゃ俺回りくどいの嫌だからストレートに言うね。」

いきなり口調が変わりましたね。しかもストレートですか…。

「フィナローザ、君って、転生者だよね。」

「え!?」

なんでこの人。しかも転生者って…。

「いやー俺も転生者でね。天界で最後に一つ言われたことがあるんだ。」

「『全能神の加護を持つものを保護しなさい。』」

全能神の加護…あのチート級の加護の事ですか…

あのチートには驚きましたが、それが目印になって陛下は私を見つけたということですか…。

「君を呼んだのは、君が転生者であり、全能神の加護を持ち、何らかの使命を与えられているものだから。そしてこの国の王クオン・ジークリット・ハイレントは、神にフィナローザ・アルディーを守護する命をあたえられたものだからだ。」

「いきなり言われて困ってると思うから紅茶でも飲んで落ち着いて。」

いつの間にやら私の前には紅茶が置いてありました。

しかし、この国の王様が転生者だったとは…。

この際全部言ってしまいましょうか。

「はい。私は地球、日本から転生してきたものです。」

「王様、一つ質問してもよろしいでしょうか。」

「どんな質問でも俺が答えられる範囲なら答えるよ。」

「では、王はどのように私を保護するおつもりなのですか?」

「おっ!それね。一様王家の招待客として、王宮もしくは後宮に住んでもらうか、俺の養子になってもえらう。」

え!?それではまるで…

「それはつまり、親と離れろという事ですか?」

「そうゆう事、でもこのままあの家族といれば双子の兄がかわいそうだよ。」

なぜここで兄が出てくるのでしょうか?

「だってお兄ちゃんの方も優秀な子なのに君が優秀すぎるせいで、親には褒めて貰えず、友達からは比べられてしまうんだよ。」

お兄様は…私がいるせいで…傷つく…?

私は…いない…方が…良い…?

「でも君の家族は決して君が嫌いなわけじゃない。そりゃ自分の娘だし自分の妹だもん、愛しくないわけがない。」

「この上で君が私の子になるか、このままでいるかちゃんと考えてほしい。」

これじゃあ選択肢なんてないじゃないですか…。

「3日間の猶予を与える。その間家族で話し合うのもよし、一人で考えるのもよし。」

「あっ!息子と友達になってくれたらしいじゃないか!王城への出入りは自由にしておくから息子とも遊んでやってくれ!」

「ハインツ、フィナローザ嬢を宰相のところまで案内しろ。」

「仰せのままに」

私は暗い顔をしながら執務室を後にしました。

ハインツはとても優しそうな好青年です。

「…フィナローザ嬢、実は私も転生者なんです。」

え!?ハインツも転生者!?

転生者がこんなに近くに二人もいたなんて思いませんでしたね。

「知っていますか?転生者は地球、しかも日本からがほとんどなんです。そして皆、前世で不幸だったものばかり…。」

「私も日本から転生してきました。転生してきたほとんどの人は特別な能力は与えられません。」

しかし、みんな日本人ですか。世間って意外に狭いのですね。

チートが与えられないって…でも私は

「けどあなたは与えられた、なぜだと思いますか?」

なぜかって聞かれても…

そんなの神のみぞ知るじゃないんですか?

「あなたの人生にそれだけの力が必要なにかがある。私はそう思うのです。」

それだけの力が必要な何か…

「私は、あなたを不幸にしたくない。2度も悲しい運命をたどらせたくない。」

「だからあなたには、こちら(王宮)に来てほしいのです。これは王も同じ意見です。」

心配してくれているんですね。

でも

「ではなぜ陛下は私にあんなことを!」

「あの人もあんな言い方だけど、あなたに本当の事を知らずに生きてほしくなかったんだと思います。」

「あの人は、心の底から優しい人ですから。」

「さ、このなかにお父様が待っていますよ。」

皆はなぜ赤の他人の私をこんな風に心配してくれるのでしょうか…。

「大丈夫だったか!?」

お父様が慌てて出てきました。

お父様が慌てる姿なんて初めて見ましたね。

「だいじょーぶですよ。おとーさま。」

こんなにわたしを愛してくれる人たちに隠し事はしたくないです。

「おとーさま。かえったらみんなに話があります。きーてくださいますか?」

「もちろんだ、どうしたんだ?そんなに改まって」

「かえってからすべてお話しします。」


「神様の使い助けたら異世界に転生させてもらった❕」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く