話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様の使い助けたら異世界に転生させてもらった❕

リアルカ

6、フィナローザ、王様に会う

今日はステータスを見る日です。

普通なら協会に行ってステータスを見るのですが、今年は王宮の広間でするそうです。

なぜなら、私たちの国ジークリット王国の第二王子アクアティス様も三歳になられるからです。

王宮に行くということは、王様や王妃様に会うことにもなりますし、とても緊張しています。

「フィナ、どうしたの?もしかしてきんちょーしてる?」

あっお兄様がいるのを忘れていました。

「あたりまえです。おーさまやおーひさまにあうのにきんちょーするにきまってます。」

お兄様は、あんまり緊張はしていないみたいです。

私も精神年齢が3歳なら緊張はしていないかもしれません。

「フィナローザ、ハーライト、お着替えしましょうか。」

「「はーい」」



ハーまた目の前にはたくさんのドレス…

また着せ替え人形になるのですか。

「フィナローザ様の髪の色に合わせたこの赤のドレスはどうでしょうか。」

「それは、派手すぎです。そこはフィナローザ様の瞳の色の緑のドレスに決まってます。」

はーメイドたちはめをキラキラさせながらドレスを選んでいます。

このままにすると終わりそうにないので…。

「そのあおいろのどれすがいい。」

「まーフィナローザ様はセンスがよろしいですね!このドレスならフィナローザ様の落ち着いた雰囲気にとてもあっていますね!」

やっと決まりました。

ドレスを決めるのに何時間かかっているのやら…。

まー用意もできたことですしそろそろ出発ですね。

家から王城はそれほど遠くはなく、ばしゃで二十分ほどです。

「フィナローザ、ハーライト、早く馬車に乗ってー」

いつ見ても大きな馬車です。







到着しました。

おっきすぎて驚きです。

桁が違いますね。

「どうしたの?二人とも早くいかないと遅れるわよ。」

お母様は、まるで自分の家のようにすたすたと歩いていきます。

こんな広いところでなぜ迷わないのでしょうか…。




「着きましたよ。ここが王宮の広間です。」

「失礼ですが、招待券はお持ちでしょうか?」

招待券?そんなものがあったのでしょうか。

「こんなところで何をしているのですか?兄上あなた一応王様でしょう。」

え…。兄上…王様…

「「えーーーーーーーーーーーーーーーー」」

「このひとがおーさまなのですか?しかも、あにうえって…」

「あれ?言ってなかったかしら?私は、この国の元姫で兄さまはこの国の王様よ」

え…

お母様は、いつも大切なことを言ってくれませんね。

だからこの城すたすたと迷わずにこれたわけですね。

「俺着替えてくるから、じゃーな。」

あっ行ってしまいました…

「では、中に入って待っていましょうか。


「神様の使い助けたら異世界に転生させてもらった❕」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー320866

    教会が協会になっとる
    馬車はキャラの設定的に平仮名に統一したほうがいいと思った

    0
  • リアルカ

    ご意見ありがとうございます。
    少し前からタイトルを変えたいと思っているのですが、なかなか良い案が思い浮かばなくて… 
    次の話でタイトルの案を募集しますので、ご意見お知らせ頂けたら幸いです。

    また日本語が間違っていたら申し訳がないです。

    1
コメントを書く