話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

神様の使い助けたら異世界に転生させてもらった❕

リアルカ

2、フィナローザ、一歳になる

ーーんよく寝た。 あれ?手が小さい? それにここはどこなの? 
しかもこのくだり2回目な気が… 


あっ思い出した、私御影ちゃんを助けて死んだんだった。 
じゃーここは県と魔法の世界ユアラットなんだ。 
「うぇ―――――――――――ん」 
えっ!?横にもう一人赤ちゃんがいる。誰なの? 
「どーしたの?ハーライト、 フィナローザ?」 
うわ、すごい美人な人だー 
「そろそろご飯にしましょうか。」 
  


ごちそうさまでした。なんですかこの家離乳食のくせにおいしすぎます。 
あっ、さっき女のひとはお母さんらしく名前はルーフリル、横にいた赤ちゃんは双子の兄でハーライト、私はフィナローザといいます。わたしがふたごとは驚きです。 
自己紹介したら眠くなってきたなー。 
おやすみなさい!




私が異世界にいてからはや一か月たちました。 
きょうは私たちの一歳の誕生日です。このくにでは一歳の誕生日に初めて家の外に出ます。 
教会に行って運命を決める文字?らしきものをもらうらしい 
「ハーライト、フィナローザそろそろ行きましょうか。」 
馬車に乗ってレッツゴー 




到着しました 
とても大きい教会でなかにはたくさんの人がいます。 
「これはこれはアルディー公爵家の皆様。今回はお子様の事ですね。」 
「お久しぶりですね。クラット司祭様ハーライトとフィナローザをよろしくお願いします。」 
「承知致しました。ではこちらへどうぞ。」 
連れていかれたのは奥の厳重なドアの先の小さな部屋でした。 
「そこの小さな水晶にお子様の手だけを当ててください。」 
「ではハーライトからやってくれ。」 
いつも無口なお父様が抱えていたハーライトがまず触ります。 
すると水晶の上に何やら文字が出てきました。 
「ハーライト様の運字は(助)ですね。助け合いなどのいみですね。」 
つぎは私の番です。 
「次はフィナローザ様ですね。こちらにどうぞ」 
水晶はとてもひんやりしていてきもちいいです。 
「フィナローザ様の運字は、…(革)まさかこの字が出るとは思いませんでした」 
「この字には、改革、革命などの意味になります。」 
えっ!?私そんなことするんですか。未来はわかりませんねぇー。 
「ではこの子はすごい子になるのですね」 
母様軽いなぁ。 
「…ではこれで運字明かしを終わります。」 
ハーやっと1歳の誕生日の一番のイベントは終わりましたね。 
「では早く屋敷に戻って誕生日パーティですね。」 
えっまだあるのぉーーーー

「神様の使い助けたら異世界に転生させてもらった❕」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー320866

    なんか話がポンポン飛んでる印象があるかね?
    本来なら多少どのような事があったか説明がある所が丸々飛ばされているため、どのような経緯があってこうなったのか分かりにくい所があると思った

    0
コメントを書く