家出したら異世界で御厄介になる事になりました

Joker0808

序章

 皇国歴199年、ファリネオス皇国は未知の存在の攻撃を受け、建国以来の危機を迎えていた。
「やはり、伝承の通りに勇者を召還すべきです!」
 国の大臣の一人が、国王であるラルド・ファリネオスに必死に訴える。事は一刻を争う状況。王は最後の判断を迫られていた。
「成功するか分からぬのだぞ、それに召還術を使える術者など、この国に居るかすらも...」
「陛下、私にお任せください」
 悩む国王の前に、一人の少女が名乗りを上げた。
「そなたに、召還術が使えると申すのか?」
「はい、国王に救われたこの恩を今お返しします!」
 王は名乗りを上げた少女の真っすぐな瞳を見据える。決断を迫られているこの状況に、この少女の申し出は願ってもいないものだった。しかし、召還術にはかなりのリスクがある。この危機的状況で、この国の命運をこの少女に託して良いものかと、国王は悩んだ。
「陛下!私はこの命に代えても召還術を成功させると約束します!ですから...」
「クリミリア!!」
 少女の言葉に、つい国王は大声を上げてしまった。その声に少女は驚き思わず伏せていた顔を上げ、国王の顔を見る。 国王は悲し気な表情で少女を見ていた。
「失敗は許そう、しかし!命を落とす事はこの第9国王ラルド・ファリネオスが許さぬ!!」
 国王の熱の入った言葉に、少女の胸は熱くなった。
「もったいなきお言葉」
「頼む、召還術を実行してくれ」
「はっ!」
 国王は覚悟を決めた。リスクは大きいが、希望の持てる召還術を実行に踏み切った。この国を守るために、国王は戦う決意を固めたのだ。

「家出したら異世界で御厄介になる事になりました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く