草食系男子が肉食系女子に食べられるまで TRUE END

Joker0808

なんやかんやあって……

 雄介が加山を振った次の日、雄介は加山とどう接したらいいのか心配しながら学校に向かった。しかし、予想とは裏腹に彼女はいつも通りだった。 いつも通りの笑顔で、友達と話をしていた。もう雄介に必要以上にくっついたりは、してこなかった。慎からは「丸く収まって良かったじゃん」と言っていたが、雄介は正直少しきになっていた。
 放課後、いつものように帰宅の準備をしていると、沙月が雄介に話かけてきた。
「時間あるかしら?」
「なんだ?」
 沙月に言われるがまま、またしても屋上に連れてこられた。
「あの子、昨日は一日泣いてたわ」
「………そうか」
「別に今村君を責めようってわけじゃないわ。ただね、あの子が言ってたのよ」
「え?」
「今村君を苦しめるのは嫌だから諦めるって。ほんとは諦めなんてまだついてないくせに………」
 若干笑顔を浮かべながら沙月はいった。雄介はそれを聞いてさらに胸が痛くなった。
「言いたいのはこれだけ、あの子は自分のために諦めたんじゃないって事をわかってちょうだい」
「あぁ、わかってるよ………」
「じゃあ、私帰るから。また明日ね」
 沙月は駆け足で屋上の扉まで行き、急いで階段を下りていく。 残された雄介は、自分が普通に女子と接することが出来たらと考えながら、ため息をついていた。
 雄介も帰宅することにして、学校をでた。
「ユウ君~」
 後ろから声が聞こえて振り返ると、里奈がいた。雄介に笑顔を向けながら手を振っている。
「里奈さんも今帰りですか?」
「うん。そう言うユウ君は今日は遅いんだね?」
「えぇ、まぁ。用事があって………」
「そっかそっか。それより大丈夫? あの子とはあれ以来何もない?!」
 少々興奮気味に聞いてくる里奈。雄介はこの前の加山の事思い出す。
「あぁ、諦めてくれましたよ」
「え! 意外だね。もっと頑張るかと思ったのに」
「俺の体質を築かってだと思います。実際悪い奴では無かったですし」
「フーン、なんか期待外れだな~」
「里奈さんは加山が嫌いじゃなかったんですか?」
「別に嫌いじゃないよ………ただ、ユウ君をとられるのが嫌だっただけ」
「あぁそういう事ですか………」
「正直良い子だとは私も思ってたよ。ユウ君を好きになった、見る目のある子だもん」
「はぁ………そうですか?」
 少し複雑な顔で雄介が答える。
「そうだよ、でもそれまでだったってことなのかな?」
 寂しそうな顔をしながら里奈はつぶやく。
 それから一周間が過ぎた。あれからほとんど加山とは会話をしてはいなかった。雄介と加山の噂もどこかに行ってしまい、加山が雄介に告白をする前の状態に戻ってしまった。 加山はいつも通り人気者で、俺はただの加山の後ろの席の男子生徒に戻った。
「まぁ、良い経験だったんじゃないの?」
「どこがだよ、俺は注目されるのも嫌いなんだ」
 現在は昼休みで、雄介は屋上で慎と昼食を食べていた。
「まぁ、でもいつも通りに戻ったんだ。良かったじゃん」
「あぁ………」
 一周間たった今でも雄介は少し、加山の事が気になっていた。本当にあれで良かったんだろうか? そんな事を度々考えていた。
「んじゃあ、今日もバッティングセンター行こうぜ!」
「お前なぁ………この前の景品のダッセェーTシャツ見ただろ?」
「景品じゃねーよ、打った結果に意味があんだよ」
 慎はバットを振る真似をしながら答える。雄介は「今日は遅くなりそうだ」と思いながら、ペットボトルのお茶を飲みほす。 放課後、バッティングセンターで遊んだあと、雄介は自宅までの道のりを歩いていた。すると、商店街を抜けたところで、誰かとぶつかってしまった。
「うわぁっ!」
「きゃっ!」
 雄介は勢いに負けて、その場にしりもちをついてしまった。
「ごめんなさい!」
「いえいえ、こちらこそ……」
 雄介は申し訳ないと続けようとしたのだが、ぶつかった相手を見て驚いた。
「加山……」
「雄介……」
「どうしたんだ……そんなに急いで?」
「ごめん!」
 加山は謝ると、駆け足で商店街の人混みへと消えていった。
「なんなんだ?」
 雄介は立ち上がり、帰宅しようと再び岐路についた。少し歩いた頃だろうか、前から柄の悪い連中が急いで向かってくるのが見えた。
(なんだ、あの古いタイプのヤンキーは....)
 集団の一人はリーゼントの髪形にスカジャンという、どこのヤンキー漫画から出てきたのか聞きたくなるような風貌の男。その他の連中は意外と普通の服装だった。呆然と見ているとヤンキーたちの話声が聞こえた。
「おい、ほんとにいたのかよ」
「いましたよ! 多分こっちに……」
「にしてもこんな遠くに来てたなんて」
「まぁ、そりゃあ逃げ出したくなるだろ。あんな事したんだし」
 ヤンキーたちはそのまま通り過ぎていった。雄介はヤンキーたちの話の内容が少し気になっていた。もしかしたら加山が急いでいたのと関係あるのではないかと。 しかし、雄介は思いすごしであろうと思い、そのまま自宅に帰っていった。
「ただいま」
「お帰り~」
 雄介が自宅に帰ると、里奈がすでに帰宅していた。
「お腹すたよ~」
「はいはい、今作りますから………」
 ソファーで寝ころぶ里奈にそう言いながら、冷蔵庫を開けて晩飯の準備を始める。
「そういえば、今日あの子にあったわよ~」
「あの子? 誰ですか?」
「加山さんだっけ? なんか急いでたから声はかけなかったんだけど………」
「何時ころですか?」
「学校終わってすぐだから……5時くらいかしら?なんだか慌ててたわね………」
 現在の時刻は七時半、雄介が加山とぶつかったのが、三十分ほど前なのでおそらく七時くらいの事であろう。 そんなに長い時間一体何を焦っていたのだろうかと雄介は考えながら、エプロンをつけた。
「なんか、あの子の言ってたことって、むちゃくちゃのようで筋は通ってるのよね………」
「いきなりどうしたんです?」
「ユウ君の女嫌いを治すって言ってたでしょ?あの子と付き合うって言うの抜きにしても、確かに治さないと今後の人生が不便でしょ?」
「まぁ、確かにそうですね……」
「すこし期待してたのよね……あの子がユウ君の女嫌いを治してくれるんじゃないかって」
 雄介は黙って料理をしていた。里奈の言うことをすべて否定する事が、雄介は出来なかったから、黙っているしかできずにいた。
「もう、終わったことですし……」
 過ぎたことを色々言っても変わらない。もし、加山と付き合って雄介のこの体質が治った未来があったとしても、もう何を騒いでも終わった事は仕方がない。宗雄介は思っていた。
「………そうね、どっちにしろ彼女なんて認めないし」
「それは姉としてですか?」
「彼女としてよ!」
「俺はあなたを彼女として見たことは一度もないです」
 立ち上がり、大きな二つのふくらみを揺らしながらいう里奈。雄介は慣れた様子で落ち着いて里奈の言葉を返した。
「ユウ君のバカ! 罰として今日はお姉ちゃんとお風呂です!」
「何の権限があってですか?」
「お姉ちゃんの権限です!」
「じゃあ、そんな弟を困らせる、悪いお姉ちゃんは晩御飯抜きで」
「えぇ~、お姉ちゃんにそんなの酷い~」
「だったら無理言わないでください」
「ブー」
 膨れる里奈をよそに黙々と夕飯を作る雄介。しかし、頭の中では加山の事が気になっていた。 夕飯を食べ終え、後かたずけをしていると雄介のスマートフォンがなった。手についた水を拭き、テーブルの上にあるスマートフォンをとった。 しかし、不自然な事に見たことのない番号だった。
「もしもし?」
『今村君? 私、沙月よ』
 電話の相手は沙月だった。息が荒く、少し焦っているような様子だった。風の音や雑音が聞こえることからおそらく外に居るのであろうという事がわかる。
「なんで俺の番号を?」
『山本君から教えてもらったの、それよりも優子の事知らない?』
「加山? 一時間くらい前に、商店街の入り口らへんで見たが、慌ててたぞ。」
『そう、ありがとう!』
「あ!おい! ……切れた。」
 沙月はなぜかすぐに電話を切ってしまった。雄介は加山の事が少し心配になってきた。
「なにかあったのか………」
 一人つぶやく雄介。雄介が加山とぶつかった時、加山は急いでいたいたし、誰かから逃げているようにも思えた。
(あの子、昔ストーカー被害にあってた事があるの……)
 沙月が言っていた言葉が、雄介の頭の中で引っかかる。
(監禁しようとまでしようとしたことがあって………)
 雄介は加山の事を考えれば考えるほど、心配になってきた。
「ユウ君?」
 突然後ろの方から、里奈の声が聞こえてきた。
「なんですか? お風呂なら一人で入ってください」
「そうじゃなくって………なんでスマホを洗ってるの?」
「え? あぁぁぁぁぁ!!」
 雄介は電話を切った後、ぼーっと考え事をしていたため、食器と間違えてスマホを磨いていたようだった。スマホの画面は真っ黒で、電源ボタンをつけても反応がなかった。
「どうしたの? ぼーっとしてた?」
「はい………考え事を」
「何かあったの?」
「はい……実は」
 雄介は里奈に電話の事や帰り道に加山と会ったことなど、すべてを話した。
「うーん。それはやばいかもね……」
「やばい? なんでそう言うんですか?」
「私が加山さんを見かけた後で、柄の悪い連中を見かけたのよ。確かに」
「本当ですか!」
 雄介の不安はさらに加速していく。
「えぇ、その時に優子がどうの……とか言ってた気が………」
「優子は加山の下の名前です!!」
 良くない不安が的中してしまったのかもしれない。あの柄の悪い連中は加山を捜していたに違いない、加山はそいつらから逃げるために急いでいた。 雄介はそう結論付け、これからどうするか考える。
「ちょっと行ってきます」
「なんでユウ君が行く必要があるの?」
「え?」
 雄介は里奈の一言に驚いた。知り合いが危険な状態にあるかもしれないのだ。いても立ってもいられないのは当然ではないだろうか。雄介はそう考えていたが、里奈の出した答えは違った。
「ユウ君が行っても解決しないかもしれない、それよりもどこにいるかわかるの?」
「それは………」
「ましてや、振った女の子にそこまでするの? 警察に通報して、警察に任せても私は良いと思うけど? なにか間違ってるかしら?」
 里奈の顔は真剣だった。いつもの優しい感じではなく、真剣に言っていた。
「俺はただ、知り合いが心配なだけです。しかも加山は、俺が傷つけてしまった人でもあるんです………だから!」
「だから、罪滅ぼしにでも行くの? それは更にあの子を気づつけるだけよ。告白を振るのは決して悪い事じゃないのよ、そうしなければいけない時だってあるの。だからあなたが罪悪感を感じる事なんてないの」
 いつもよりも少し厳しい口調で、雄介にいう里奈。里奈の言うことがもっともなのは雄介もわかっている。それこそ、警察に通報した方が確実かもしれない。しかし、雄介は__
「俺は、加山の過去を知って、自分と似ているって勝手に思ってしまいました。でも加山は全然違いました、俺と違って前だけを見て、進む努力をしていました。なのに俺は………」
「………」
 雄介の話を黙って聞く里奈。雄介は真剣だった。加山を知るうちに、加山に対して自分が思っている事を雄介は里奈に伝えた。
「俺は、過去にばかり囚われて前に進もうとしなかった。だから、加山を尊敬さえしていました」
「うん」
 里奈は少しうつむきながら、雄介の話を聞いていた。雄介も嘘偽りのない本音を里奈にぶつける。自分がいま、どんな人の為に何をしたいのかを……
「俺はただ、その尊敬する人を助けに行きたいだけです。だから、行きます」
「………」
 里奈は少し黙った。しかし、何かを決意し笑顔で顔を上げた。
「なら、一人じゃ大変でしょ? お姉ちゃんも行くわ」
 雄介にとっては思いがけない一言。しかし、里奈はやる気満々で、腰に手を当てている。
「でも、相手は男ですよ! それに俺一人でも………」
「いいから行くの! こうしてる間にも、彼女が危ないんでしょ?」
「ですが………」
「ユウ君のスマホだって役に立たないでしょ?」
「あ………」
 話に夢中で、雄介自身も忘れてしまっていたが、雄介のスマホは先ほど水没してしまっていて、使い物にならない、緊急時に連絡をする手段が無いのだ。
「………じゃあ、お願いします」
「よろしい!」
 雄介と里奈は家を出て、加山を捜しに向かった。
*
 雄介が里奈と言い争っている間、加山は人生最大の窮地に立たされていた。
「はぁ……はぁ……」
 さっきまで人の多い通りを逃げていたのだが、いつの間にか人気のない通りに出てしまった、もう時間も遅くなり辺りは暗い。
「どうしよう、スマホも電池切れちゃったし……」
 加山は無我夢中で走って逃げて来て今は、橋のに隠れていた。 なぜこんな事になってしまったかは、約2時間ほど前にさかのぼる。いつものように帰宅しようと、学校を出た加山だったが、校門前に嫌な人影を見つけてしまった。
「あれって……」
 加山にとっては忘れもしない男、今時まったく流行らないリーゼントの髪形にスカジャンを着ている。名前は神山カミヤマ 慎吾シンゴ、中学時代に加山をストーキングしていた張本人であり、加山が最も会いたくはない男だった。
「あ! 神山さん! いましたよ!!」
「本当か?」
 気付かれてしまい。加山はダッシュでその場を離れた。
「あ! 逃げました!!」
「逃がすな! 追え!」
 校門の陰から6人ほどの男が出てきて、加山を追ってくる。
「やばい!」
 加山は必死に逃げていた、当てもなく走り回って逃げる。ただ怖かった、昔の恐怖がよみがえってくる、絶対に捕まってはいけないという感覚が加山にはあった。
「どうしよう……どこに……」
 どこに逃げるか考える加山、周りは民家があるだけで他には何もない。
「そうだ、商店街に行けば……」
 商店街ならば、人の通りも多いし隠れられる場所も多いと考えた加山は、急いで商店街に向かった。
「はぁ……はぁ……」
 もうすぐに商店街の入り口と言うところまで、加山はやってきた。神山たちはまだ加山を追ってくる。
「はぁ……きゃっ!!」
「うわっ!」
 書店街の入り口付近で誰かとぶつかってしまった。
「ごめんなさい!」
「いえいえ、こちらこそ……」
 ぶつかってしまった相手は以外な人物だった。
「雄介……」
「加山……」
 雄介だった。正直加山はこのとき安心してしまった。雄介に助けを求めれば何とかなるんじゃないか、加山はそう思った。
「どうしたんだ……そんなに急いで……」
 雄介の問いに思わず「助けて!」と叫びそうになる。しかし、言葉にはできなかった。加山は雄介に迷惑をかけたくはなくて、一言だけ言い残してその場を立ち去った。
「ごめん!」
 加山は商店街の方へと駈け出して行った。 本当は助けてほしかった、しかし迷惑もかけたくはなかった。
「いたか?」
「いや、なにせ人が多くてな」
「探せ! まだ遠くには行ってないだろ」
「あぁ、わかった」
 神山たちは、バラバラに分かれて加山を捜し始めた。
「はぁ~どうしよ……」
 加山は路地に隠れて考えるが、何も思い浮かばない。家に帰ったとしても、家の場所を特定されていたら、先回りされている可能性がある。
「電話もできないし……何とか交番に……」
 交番に行けば助けが求められる。加山はそう考えて交番を目指すが、近くに交番は無い、知っている交番でも歩いて20分はかかる。
「逃げ切れるかしら………」
 加山は神山達に見つからないように注意しながら交番に向かった。
 歩くこと十数分、あと少しで交番が見えてくるというところまで加山は来ていた。周りはあまり民家が無く、時間のせいもあるのかうす暗かった。
「あと少し!」
 加山の足は自然と早足になる、あと少しだと思うと安心感も出てくる。 しかし、そんな安心感はすぐになくなってしまった。
「あ! いたぞ!!」
 前の曲がり角から先ほど神山と一緒にいた男が出てきた。 すぐに見つかってしまい、加山は道を引き返して、男から急いで距離をとる。
「おい! まて!」
 後ろから男が走って追いかけてくる。加山は身を隠そうと橋の下の狭いスペースに身を隠した。
「くそ! どこにいった!」
 男は加山を見失い、辺りをキョロキョロと探している。加山は息を殺して男が過ぎ去るのをまった。
「ちっ! どこいった!」
 男は加山のいるところから離れていった。 男が離れていくのを確認した加山は、橋の下から出てそのまま座り込んだ。
 このようなことがあり、加山は現在橋の下でうずくまっていた。 交番に行こうと思っても、夢中で走っていたためここがどこかわからない。
「はぁ………」
 ため息をついていると、ふと後ろから肩を掴まれた。
「だれ!っ!!」
「見つけたぜ、優子」
「神山………君」
 加山は恐怖感と絶望感が同時に襲ってきた。
*
「で、探すのはいいんですがどこを探すんですか? 俺が探しに行くって言っといてなんですが、見当もついてないんですよ………」
「大丈夫よ! お姉ちゃんに任せなさい!」
 雄介と里奈は家を出て、加山を捜すために商店街へと向かっていた。検討なしに家を出てきた雄介たちであったが、里奈は加山の居場所に見当があるようだった。 そんな里奈の事を心強いと思いながら、雄介は里奈の後ろをついていった。
「里奈さん、一体どこに?」
「とりあえず、商店街から一番近い交番に行きましょう。追いかけられていたのなら、どこかに助けを求めたいはずよ。」
「なるほど、交番に逃げ込めば安全ってわけですね。」
「えぇ、でも交番に行ってるんだったら、ユウ君に電話をしてきた加山さんの友達が連絡をとれないわけがないわ。おそらく交番にはたどり着けていないのかもね。」
 雄介は里奈の予測に驚いていた、自分のように検討なしに捜しているわけではない、頭の中のわずかな情報をもとに検討を立てて加山を捜している。
「やっぱり里奈さんはすごいですね。」
「そうでもないわよ」
「いえ、すごいですよ」
「ほんとにそうでもないわよ……その証拠に……」
「何かあったんですか?」
「………迷っちゃった」
「………」
 さっきまでの自分の尊敬の念を返してほしいと思ってしまった雄介。
(そういえばこの人、方向音痴だった……)
 雄介は肩を落としてため息をついた。
「里奈さんは支持を出すだけにしてください、俺がそこまで誘導するんで!」
「はい………」
 さっきまでの勢いはどこに行ってしまったのか、すごく静かになってしまった里奈。この先大丈夫なのだろうかと、雄介は心配になってきてしまった。
「それでここからどこに行けばいいんでしょうか?」
「えっと……多分現在地がここだから……」
「ここじゃないですか?」
 二人で里奈のスマートフォンで地図を見ながら現在地を確認する。
「いや、こっちに行った方が近いよ!」
「里奈さんそこは我が家に帰る道です」
「ユウ君だって、そっちはどう見たってさっきの公園じゃないの!」
 どうやら兄弟そろって方向音痴だったらしい。 数分後、ようやく方向が分かり雄介と里奈は本格的に加山を捜していた。聞き込みもしているが、いまだに手がかりはない。
「いませんね…」
「すぐ見つかるようなところにはいないでしょ、それかもう捕まってる可能性も……」
「急ぎましょう」
 雄介たちは聞き込みを再開し、加山を捜す。
*
 加山は現在、現在は使われていない工業地帯にある倉庫にいた。倉庫には加山だけではなく、神山とその取り巻きが5人ほどいた。
「久しぶりだな、優子」
「名前で呼ばないでくれる」
「そう言うなよ、俺とお前の仲だろう」
「私はあんたの事なんか忘れたかったわよ。」
 ニヤニヤしながら神山は加山を見て話す。加山は手を縛られて動けない状態になっている。
「つれないな~、どこの高校に行ったのか探すの大変だったんだぞ。」
「あんたに見つかりたくなかったからここまで来たのよ!」
「探すのに苦労したぜ~、いくらかかったかわかんねーよ」
「どうやって私の居場所を探し出したの!」
 そう言うと神山は、自分のスマートフォンを加山に見せてきた。
「今の時代はインターネットっていう便利なもんがあるんだ、居場所なんて簡単にわかる。」
「これって私のアカウント………」
 神山が加山に見せたのは、つぶやく事で有名な某SNSアプリだった。神山の見せたそのアプリのアカウントは加山のものだった。
「お前のアカウントを見つけるのは大変だったぜ。どう検索しても引っかからねーんだから」
「そこから私の居場所を割り出したの!?」
「あぁ、こいつがその手の事に詳しくてな」
 神山は後ろにいたメガネの男を指さした。パーカーにジーンズのラフな格好でスマートフォンを弄っていて顔を上げない。
「まぁ大変だったけど、金がもらえるって言われてたからやったけど………早く報酬くれないかな?僕は二次元にしか興味が無いから、早く帰りたいんだけど」
 男はだるそうに言いながら、スマホを弄っている。
「まぁ、まて下田シモダ全部終わったら金をやる」
「それっていつだよ………大体、この子を捕まえるなんて聞いてないよ。やってる事は犯罪だし」
「あぁ! なんだと! 金は払うって言ってんだろ! だったら最後まで手伝えよ」
「犯罪の片棒を担ぐのは勘弁だし、金だってもらえない可能性も出てきたし、僕は下りるよ」
そう言うと下田は、倉庫の扉に向かってゆっくり歩き出した。
「おい! テメェ! 裏切るのか!」
「元々は仲間じゃないし、心配しなくてもこの事は誰にも言わないから。代わりにこれはもらうけど」
 下田は右手を肩の位置まで上げて、何かを見せてきた。
「あ! 俺の財布!!」
「まぁ、これくらいもらえれば十分かな?」
 下田は神山の財布から、6枚ほどのお札を抜き取ると、神山に財布を投げて返した。
「ちっ! ならさっさと行け、こっちだって今から忙しいんだ」
「んじゃあ、そういう事で」
 下田は倉庫を後にしていった。
「あの根暗野郎………まぁ良い、これでゆっくり優子と話ができる」
「話って何よ……」
「ちゃんと仲なおりと行こうじゃねーか。そのうえで、俺の女になれって話だよ」
「絶対にいや!!」
 加山が神山の告白を速攻で断ると、その場にいた他の男5人が一斉に噴き出した。
「振られんのはや!」
「だってあの顔だもん……」
「お前ら言い過ぎだって………フフッ………」
「お前も笑ってんじゃねーかよ。フハハッ!」
 皆が笑っているのを見て、神山は我慢できずに大声を上げた。
「お前ら!! 笑うんじゃねぇぇ!!」
「いや~、ぶっちゃけ言うと神山君の執念深さは無いわ~」
「確かにね。普通ここまでする? あんなに振られまくったのに?」
 ゲラゲラと笑い始める神山の取り巻き達。神山はワナワナと肩を震わせながら取り巻き達に大声を上げる。
「なんていうか、あなたたちってまとまりがないわね………」
「うるせぇ!!」
 神山が顔を真っ赤にしながら加山に向けて言う。
「だって、もう神山君に付き合うの疲れてきたんだもん」
「俺も」
「実は俺も」
「お前らなぁ……」
 神山の取り巻き達がため息交じりに神山に言う。どうやら彼らは神山に付き合う事に飽きてしまっているようだ。
「今回はなんか楽しそうだったからここまで来たけど。まぁ、終わってみればって感じだし。てか、もう振られたんだし、さっさとやっちゃおうよ」
「まったくお前らは、焦るんじゃねーよ」
「こんだけ良い女だし、誰からやるよ?」
「そりゃあ、俺からだろ! 一応リーダーだし」
「はぁ? そりゃねーよ。リーダーとか関係なしに、ジャンケンだろ!」
 神山たちは何やらもめ始めた。それを聞いていた加山は背筋がゾッとするのを感じる。助けて欲しいと、何度も胸の中で願い。涙を流すのを我慢した。
「大体神山君はなんもしてねーじゃん!」
「いや、俺はお前たちをまとめてだな……」
「要するになんもしてなっかったって事だろ? ここは一番頑張った俺だろ?」
「いいや! 俺だね、まず最初に見つけたの俺だし」
 どんどんと雰囲気が悪くなっていく神山達。まだもめているおかげで、加山に害がないのが唯一の救いだろう。しかし、恐怖が迫っている事に変わりはない。
「………雄介」
 加山がぽつりとつぶやく。言葉を発した本人以外には聞こえな程小さく弱弱しい声で……

*
 加山が助けを欲している頃、雄介は里奈とともに加山を捜索していたが、いまだに手がかりがつかめずにいた。
「いましたか?」
「いないわ、ユウ君の方は?」
「こっちもダメです! 一体どこに……」
「他を捜しましょう」
 雄介たちは他のところを探すために、移動しようとしたところ、雄介は何かにぶつかってしまった。
「……痛い」
「あ! すいません!!」
「いえ……」
 ぶつかったのは雄介と同じくらいの男性だった。フード付きのパーカーにジーンズ姿に、髪は少し長めの黒髪でフレームの無いメガネをかけていた。よく見ると顔立ちが整っており、インテリ系のカッコよさがあった。
「……すいません。失礼します………」
「あ、すいません。ここらへんで、女の子とガラの悪そうな連中が一緒に居るのを見ませんでしたか?」
「………」
 メガネの男は固まってしまった。雄介はそれもそのはずだと気が付いた、いきなりこんな事を聞いてもわかるわけがない。
「あの……すいません。変な事聞いて」
「知ってますよ……」
「ですよね………知りませんよね………ってえぇ!!」
「どうかしたんですか?」
「知ってるんですか!?」
「知ってますって……」
 無表情のままでさらりと言うメガネの男。雄介はやっと手がかりがつかめたと、期待でいっぱいだった。
「ど……どこで見かけたんですか?!」
「この先を真っ直ぐ行ったところに、今は使われていない廃工場の倉庫があります……そこに入っていくのを見ました」
 メガネの男は自分がやってきた方向を指さし、場所を雄介と里奈に教えた。
「ありがとうございます!」
 お礼を言うと、雄介は言われた方向に走り出した。
「ユウ君待って!」
 あとを追うように里奈も同じ方角へと走っていく。
「……誰にも言わないとは言ったが、警察ではないから良いだろう」
 メガネの男はポツリとつぶやくと、フードを被り、二人を見送ると、町の中に消えていった。 雄介と里奈は男が言っていた倉庫へと急いだ。大きな工場で、まだそんなに古くは無いが、カギが開けられた形跡などが見つかった。
「ここね」
「なんか、随分と雰囲気があるところですね……」
「いきましょうか」
「そうですね、開けますよ……」
 雄介はスライド式の戸をゆっくりと右にスライドさせていく、ところどころサビていてなかなかスムーズには開かなかった。
「固い……ですね……」
「ユウ君頑張って!!」
「う……くぅ………重い……」
「男の子でしょ!?」
「なんで……疑問形が………入ったんすか………」
 雄介は里奈にツッコミを入れつつドアを開けよと奮闘する。しかし、レールの溝の方もサビているようでなかなか動かない。
「もう、仕方ないな~」
 見かねた里奈が、雄介をドアの前からどかせて、代わりにドアの前に立った。
「里奈さんでも無理ですよ」
「いいからちょっと見てて。ハァー………」
 深く息を吐く里奈、そのまま目をつむってドアの前で腰を落として構える。
「………セイ!!!!」
 掛け声と共に里奈の蹴りが先ほどまでビクともしなかったドアを吹き飛ばした。
「フゥ………案外もろかったわね。」
「マジかよ………」
 雄介は驚き、その場で固まってしまった。それと同時に、絶対に里奈だけは敵にしてはいけないと悟った。
「な……何だ?」
「ドアが………」
 中から声が聞こえる、おそらく加山を捜していた連中だろうと雄介は思い、中に入っていく。 中には、縛られた加山と商店街で見かけた不良がいた。
「雄介!」
「加山!」
 加山は驚いた、雄介が助けに来るなんてありえないと思っていた。来ても沙月が異変を察知して警察と一緒に来るかと思っていた。前に神山から拉致されそうになった時もそうだったからだ。
「なんなんだお前ら!!」
「ドアを蹴破ったぞ!」
「化け物か!!」
 最後の一人がそう言った瞬間、その男の数センチ側を何かが横ぎった。
「女の子に化け物は酷くない~」
「ひっ!!」
 どうやら里奈が、化け物と言われた瞬間に落ちていた石を男に向かって投げつけた様子だった。
「俺っていらないんじゃ………」
「なに言ってるの、行くって言ったのはユウ君でしょ!」
 腰に手を当て、むすっとした顔で言う里奈。雄介は内心、里奈が一人いればどうにかなったのではないか。そう思い始めてきてしまっていた。
「お前ら! いったい何もんだ!!」
「姉弟よ!!」
「里奈さん、合ってるけど何か違う気がします……」
 ドヤ顔でいう里奈の隣で、雄介は肩を落とす。不良たちはその様子を呆れた顔で見ている。
「だから何なんだお前ら!!」
「今村家の長女と長男よ!」
「だから意味が違いますって!!」
「…………」
 呆れていた不良が再度聞き直すが、またしても的外れの答えをだす里奈。そんな里奈と雄介に不良は言葉を失っていた。
「いい加減にしろ! お前ら!!」
「話が進まねぇーだろが!」
「あ、はい。すんません」
「なんで雄介が謝ってんのよ!」
 思わず謝る雄介に、怒鳴る加山。一向に話は進まないまま、無駄話で十分ほど時間がたってしまった。
「俺たちは加山の知り合いだ。なんで加山は縛られてんだ?」
「お前たちには関係ない。痛い目にあいたくなかったら、さっさと帰れ」
「知り合いが縛られてんだ、黙って帰れないだろ」
 雄介の質問にイライラした様子で答える神山。返答に不満を抱き始めた雄介は、苛立ちを覚えながら神山に返答する。
「大体お前は優子とどんな関係なんだ ?随分と親しいようだが?」
「…………友達だよ………」
 加山を振った事に対して、まだ負い目を感じている雄介は少し間をあけて答える。
「ただの友達がさぁ~、こんなところまで助けに来るぅ?」
「来ないでしょ? 恋人かなんかじゃないの?」
「おぉっと! 神山君にライバル登場?!」
 他の不良たちもひそひそと話し始める。
「神山君さぁ~もう諦めようよ~」
「なに言ってやがる! ここまで来たんだぞ!」
「どこにも行きついてないから……」
 神山と他の不良たちが言い争いを始める。今度は雄介たちが、ほったらかしにされてしまい、雄介たちは黙ってその様子を見ていた。
「まぁ、神山君もどうせ振られるってわかってたから俺達呼んだんでしょ?」
「振られた腹いせってやつ~怖いね~」
「でも、ここまで来たかいあったっしょ? 美人が二人も居るぜ」
「これは神山君に感謝っしょ。俺はさっき入ってきたお姉さんが良いな~」
「こうなったら仕方ないか、加山を強制的に俺の女にする」
 目つきが変わる神山と不良たち、嫌な予感がしてしまい、加山はまたしても恐怖感が出てきてしまった。
「まったく、最近の高校生は……そう言うことは恋人としなさい!」
 神山達を睨みつけながら、里奈は神山達を怒鳴りつける。
「ここには俺を含めて6人いるんだぞ、お前ら2人くらいならどうにでもなる」
「残念ね、あなたたちみたいな小物程度なら何とかなるわ」
「言ってくれるじゃん、お姉さん」
「こっちには男が6人、そっちはもやしみたいな男と女が一人。勝てると思ってんの?」
「もやしって………」
 不良の言葉に落ち込む雄介。 そんな雄介をよそに、里奈はなぜかノリノリで、不良に言い放った。
「言っとくけど、私は何もしないわ! やるのはユウ君よ!」
「えっ!! あんなに張り切ってたのに、俺に丸投げですか!?」
「大丈夫だって、こいつらそこまで強くないし、RPGで言うスライム的な立ち位置だから!」
「何を根拠に?!」
「姉の勘よ!!」
「もうヤダ……この人……」
 笑顔で不良すべての相手を丸投げにしてくる里奈。そんな里奈のむちゃくちゃぶりに肩を落としながらも、雄介は不良の前に立った。
「おいおい、俺たちもなめられたもんだな~」
「こんなもやし一人なんて、一分もかかんねーでぼっこぼこだろ」
 余裕の笑みを浮かべながら、雄介を茶化し始める不良たち。
「雄介ダメ! こいつら、本当に強いのよ! 雄介一人じゃ無理よ!」
 諭介の身を心配して、大声で加山は叫んだ。
「多分大丈夫だ。もう時間も遅いし、さっさと終わらせて帰ろう。明日も早い」
 雄介は肩を解しながら、不良たちの前に進んで行く。
「おーかっこいいね~、王子様はさ~」
「なんでもいいけど、もう9時だしさっさと帰りたいんだ」
「安心しろ、目が覚めたらここで朝を迎えてるよッ!!」
 神山が雄介に向かって拳を振るう。しかしその拳は雄介にあたることはなかった。 とっさに体制を低くして神山の拳をかわし、そのままの体制で神山の懐に入り、神山の顎に力いっぱい拳をぶつけた。
「グぁッ!!」
「神山君!」
「お前!!」
 神山は雄介の一撃に意識を失い、地面に倒れた。それを見た他の不良たちが、雄介を睨みつける。
「やっちまうぞお前ら!!」
「「おう!!」」
 一人の掛け声と共に一斉に5人の不良たちは、雄介に向かってきた。雄介は落ち着いた様子で、一人、また一人と不良を気絶させていく。
「グェ!」
「おぁ!!」
「ヒデブッ!!」
 男たちは次々と地面に倒れていく。残りはあと一人になった。
「な………なんなんだ! お前は!!」
「昔、色々あってな。少し体が丈夫なうえに、身体能力が高いんだ」
 雄介は聞かれた質問にゆっくり答えていく。
「まぁ、俺自身は、普通の高校生だと思ってるよ。少し草食系のな……」
 雄介は言い終えると、最後の一人の腹部に強烈な一撃をお見舞いする。最後の不良は、腹部を抑えながら気絶し、床に倒れ込んだ。
「ユウ君がカッコつけてるぅ~」
「巻き舌風にからかわないでください……」
 兄弟で漫才をする里奈と雄介。そんな様子をただ見つめる加山。何が起きたのか、一瞬分からなかったが、今加山は状況を理解した。雄介が神山を含めた不良6人を一瞬で倒したのだ。
「そんな事より、加山さん助けなきゃでしょ?」
「里奈さんが余計な事を言うからですよ……」
 雄介は、縛られている加山の元に向かう。加山はようやく恐怖から解放され、雄介が近づくごとに安心感を感じていた。
「加山、大丈夫か?」
「え……えぇ………」
 加山は困惑していた。いつも教室で一緒に授業を受けていた、いたって普通の男子生徒だと思っていた思い人が自分を助けにきて、一瞬のうちに不良を倒して、自分の縄を解いてくれている。 そんな状況に困惑しながらも、加山は嬉しかった。
「どうして………ここがわかったの?」
「あー。ここに来る前に、聞いたんだ。柄の悪い連中と女の子が、倉庫に入っていくのを見たって」
「そうだったんだ………いたっ!」
「おい、大丈夫か?」
「うん、長い時間座らせられてたから、ちょっと足が……」
「そうなのか………肩につかまってくれ、少しはバランスが取れるだろ?」
 雄介は一瞬考え、加山に肩を貸そうと身を低くし加山の方に寄る。
「うん……ありが……」
「そうねー、それは私がやるから大丈夫よ」
 加山が雄介の肩を借りようとした瞬間に、里奈が二人の間に入って、雄介の代わりに、加山に肩を貸した。
「あ! む~!!」
「甘いわね。ユウ君とくっ付こうなんて百年早いのよ」
「助けに来てくれたのには、お礼を言いますけど………ブラコンも大概にしないと、雄介の方から離れていきますよ? お姉さん」
 里奈と加山の間で、見えない火花が散る。 雄介がため息をつきながらその様子を見ていると、神山が床に倒れた状態で声を荒げてきた。
「お前!! なんなんだお前は! 格闘技でもやってたのか!?」
「言っただろ、ちょっと昔色々あったんだよ」
「ふざけるな! こんな……こんな…」
 うつむく不良は、肩を震わせながら怒りをあらわにしている。
「なんだ、まだやるのか? やめようぜ、俺もつかれた」
「そんな事じゃねぇ!!」
「じゃぁ何なんだよ」
 雄介はいい加減にして欲しいという感じで、神山に尋ねると、神山は答えた。
「あと少し、あと少しだったのに……」
「お前、本当に加山の事好きだったのかよ?」
 雄介は倒れている神山に尋ねる。神山はうつ伏せの状態から仰向けになると、雄介に静かに語りだした。
「最初はな……マジで好きだったんだよ。でもよぉ……振られてからはなんだか俺自身を否定された気がして、寂しくて、ストーカーまがいの事までしちまって……今はこんなざまになってるよ……」
 雄介は静かに神山の話を聞く。そして思った。神山は加山が好きで、そのアピールの方法を間違ってしまっただけなんだと。間違いを繰り返し続けて、やがてその思いが憎しみに代わってしまっただけなんだと……
「たとえ間違っても、好きな子を泣かせるような事はするなよ……」
「………あぁ、お前に殴られて、冷静になって思ったよ。何やってんだろうなぁ………俺」
 何かを悟ったように、神山は遠くを見つめてそういった。
「お前のその行動のせいで、加山がどんだけ苦しんだか、お前にわかるのか?」
「…………」
「警察に連絡する。今度はしっかり反省して、加山のところに謝りに行けよ」
「………あぁ、そうするよ……」
 ほどなくして、俺たちは警察を呼び事情を話して神山達を引き渡した。二回目という事もあり、加山はすっかり怖がってしまい一人にするのは危険と言う事で、雄介たちの今村家に泊まることになった。
「加山が一人暮らしなんて聞いてなかったな」
「うん。あいつらが怖くて、家族に相談したらこっちで一人暮らしって事になったの」
 家に帰る道すがら、何があったのかを加山から聞いていた。雄介の後ろからはなぜかすごくドス黒いオーラが漂ってきていた。
「………里奈さん。どうしたんですか、さっきから拗ねてますけど」
「………だって………だって。二人の愛の巣に異物が……」
「異物って……失礼ですね。お・ね・い・さ・ん」
 加山の言い方にカチンと来た里奈。
「異物でしょ? 聖なる私たち兄弟の愛の巣に入ってきた泥棒猫」
「里奈さん、我が家はそんな場所ではありません……」
 加山と里奈がいつもの通り喧嘩を始める。雄介はそれを無視して一人家に向かう。
 自宅に到着し、加山をリビングに通す。
「とりあえず、風呂入って来いよ。汚れてるだろ?」
「うん、じゃあお言葉に甘えて………」
 申し訳ない様子で答える加山。雄介は風呂の場所を教え、案内する。
「タオルはこれで、着替えは………」
「雄介のYシャツでも貸してくれるの?」
「里奈さんのを貸すよ………てか、なんでYシャツ?」
 からかうように言う加山を軽くあしらいながら、脱衣所を後にする雄介。加山の着替えを取りに里奈の部屋に向かった。
「里奈さん、入ってもいいですか?」
「ユウ君? いいわよ」
 雄介が里奈の部屋をノックして尋ねると、中から里奈の返事が聞こえてきた。中に入ると里奈が、クローゼットを物色していた。
「すいません、加山に着替えを貸してやってほしいんですが」
「あ、その事だったら私が今持って行こうとしてたから、心配ないわよ。」
「そうだったんですか。でも、その右手に持ったメイド服以外でお願いします………」
 里奈がクローゼットを物色しながら取り出していたのは、フリフリのフリルが付いた白と黒のメイド服だった。
「大丈夫よ、これは私が着るの」
「やめてください。てか、いつ買ったんですか……」
 自分の体にメイド服を合わせて見せてくる里奈。雄介はため息を吐きながら里奈の部屋のドアを閉めた。
「ちょっと~、ユウ君酷い~」
 ドアを開けて雄介に泣き目で迫る里奈。
「なにそのがっかり感! 似合うとか言ってくれてもいいじゃない~」
「似合う似合わないじゃなくて、お客さんがいるときにそんな恰好しないでください」
「着るのは私じゃないよ、あの子だよ」
「着せるのもやめてください! 色々と誤解を受けます!!」
 雄介がそう言うと、里奈は渋々メイド服をしまって、別な服を出し始めた。
「じゃあこれは?」
「チャイナ服もやめてください!」
 里奈が次に出したのは、真っ赤なチャイナ服であり、更にはスカート部分が異様に短かった。
「もー、ユウ君はわがままだな~」
「俺はただ普通の服を貸してやってほしいだけなんですが……」
「それじゃあ、つまらないでしょ?」
「別に俺は何も求めてはいません」
 里奈は膨れながら、自分の普段の寝巻を持って脱衣所に向かった。
 しばらくして、加山が風呂からあがってきた。リビングには今現在、雄介と里奈、そして加山が向かい合う形で座っていた。
「………今日はありがとう」
「いや、俺たちが勝手にやったことだから」
「………嬉しかった。雄介が来てくれた時」
 加山の顔はほんのり赤くなっていた。加山はそんな顔を隠すように俯いて話を続ける。
「私、あのまま誰も来なかったらって思ったらって………不安で………」
 今頃になって怖くなってきたのであろう。加山は泣き始めてしまった。
「大丈夫だ、もうあいつらもいない。ここは安全だ」
「うん………ありがとう」
 泣きながら、加山は雄介と里奈にお礼を言う。雄介と里奈は、どんな顔をしていたらいいかわからず、ソワソワしていた。
「まぁ、今日はうちに泊まって気持ちの整理をつければいいさ。部屋も一個余ってるし」
「うん……ありが………」
「ちょっと待ってあそこの部屋って、ユウ君の部屋の隣じゃない!」
 今まで黙っていた里奈が、勢いよく立ち上がって話し始める。
「まぁ………そうですけど、それが何か?」
「危ないわよ! ユウ君の貞操が!!」
「………里奈さん、少し黙ってください」

「草食系男子が肉食系女子に食べられるまで TRUE END」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く