甘え上手な彼女

Joker0808

♯8

「自分が痛い訳でも無いのに」

「か、感情的になってたんだよ……」

 誰だって、目の前で死にそうな人が居たら、感情的になって心配する。
 血まみれだったら、なおのこと危機感は増す。
 しかも、それが中学生の少年だとしたら、とても冷静では居られない。

「第一、なんで俺の名前を知ってるんだ?」

「八重が、救急車呼ぶ為に携帯で電話掛けてた時に、自分の名前を名乗ってたのを覚えてたのよ」

「あぁ……そう言えば、名前を教えたな…」

 電話で救急車を呼んださい、自分の名前を名乗った事を思い出す高志。
 あのときはとにかく、助けなくてはという気持ちでいっぱいで、どんな受け答えをしていたのかも、良く覚えていない高志。

「結局犯人はすぐに自首してきて、私は足の骨を折って入院。八重はその後、私の前に姿を現さなかった」

「警察に色々聞かれたり、したからな……でも、すぐに犯人が自首してきたから、そこまでじゃなかったけど」

 そんな話しをしている途中、紗弥は高志の肩に頭を置いて寄りかかる。

「あの後、名前だけを頼りに八重の事を探したのよ……それで、ようやく見つけたのが、高校の入学式の前日」

「そ、そうだったのか……それならそうと、早く言ってくれれば……」

「最初はすぐにお礼を言おうとしたのよ? でも、私は多分そのときから八重の事が好きだったから、知りたくなったのよ、八重がどんな人なのか」

「それで、一年俺を見ていたと?」

「まぁね、ストーカー見たいよね、私」

「で、どんな人だった?」

 高志はすこし気になり紗弥に尋ねる。
 正直、いままでの行動から、答えは大体わかる気がした高志。
 しかし、第三者から見た自分は、どんな人間なのだろうかと気になった事が本音だった。

「正直普通」

「……ま、まぁ……そうだよな……」

 もっと違う言葉を期待していた高志は、普通と言われ、若干ショックを受ける。
 しかし、紗弥の言葉はそれで終わりではなかった。

「でも…凄く優しい人なんだって……思った」

「え……」

 それはどう言う意味なのか、続けて尋ねようとした高志だったが、紗弥の表情を見て、聞くのをやめた。
 紗弥の顔はどこか安心したような表情で、頬を赤く染めていた。

「入学したばっかりの時、アンタ一人で孤立してる男子に、声掛けたりしてたでしょ?」

「あ、あれは単純に話して見たかっただけだよ……」

「一緒に捜し物を探してたりしたのは?」

「暇だったから、手伝っただけで……別に意味は……」

「そう言うところ」

「え?」

 紗弥は高志を見上げながら、柔らかい笑みを浮かべて話す。

「そう言う、自然に他人の為に何か出来るところが好きなの」

「……えっと……その……」

 女子からそんな事を言われたのは、初めてだった高志は、顔が熱くなるのを感じた。
 高志は咄嗟に紗弥から顔を背けて、顔を隠した。

「そんなの他の奴だってやってるだろ……」

「なかなか出来ないと思うよ? 意外と人に優しくするって難しいよ」

 紗弥は、顔を反らす高志を無理矢理こちらに戻す。
 高志の顔に手を当て、紗弥は悪戯っぽい笑みを浮かべながら、高志に尋ねる。

「信じてくれた?」

 自分に微笑む紗弥を間近で見て、高志は更に顔を赤く染める。
 どうやら、本当に紗弥は自分の事が好きなのだとわかってしまった高志は、先ほどとは違う意味でドキドキしていた。

「う、疑って……その…ごめん……」

「いいよ、普通いきなり「好きだ」なんて言ってくる女を信じる方がおかしいよ。でも、正直もう少しこのことは隠しておきたかったな……」

「なんでだよ?」

「もっと、感動的な感じでバラしたかっただけ」

「それだけかよ……」

「うん、それだけ」

 紗弥と高志は、その後食事を済ませ、屋上で二人で話しをした。
 事故の後の事や、どうやって高志を探したのかなど、ほとんどが事故関連の話題だった。
 そして、あっという間に昼休みは終わり、高志と紗弥は教室に戻ろうとしていた。

「お弁当はこれからも私が作るから、一緒に屋上で食べましょう」

「いや、そんなの悪いよ…大変だろ?」

「一個作るのも二個作るのも変わらない。それに……胃袋掴んでおけば、私から離れられなくなるし」

「そう言う布石もあるのね……」

 紗弥は自分と最終的に結婚するつもりなのだろか?
 そんな事を考えながら、教室に戻っていくと、教室内の空気がよどんでいる事に気がついた。
 高志と紗弥はそれぞれ自分の席に座り、教科担当の先生が来るのを待った。

「なぁ、高志」

「ん? なんだよ優一」

 後ろの席の優一が、高志の名を呼んだ。
 高志は後ろを振り返り優一に尋ねる。

「どうだったよ……二人っきりのお昼休みは」

「あぁ、別に普通に飯食って、話ししただけだぞ?」

「なんだそのリア充みたいな行動は、ぶっ殺すぞ!」

「なんで弁当食っただけで、殺されなくちゃ行けないんだよ……」

「やかましい! しかも相手はあの宮岡だぞ! 羨ましいったらありゃしない!」

 拳を握りしめながら話す優一に、高志は呆れた表情でため息を吐く。
 高志と優一が話しをしていると、教科担当の先生がやってきた。

「ほら、授業始まるぞ?」

「くそぉ~……なんでお前ばっかり……」

 高志は、殺意の視線を向けてくる優一から、体を黒板に戻し授業を聞き始める。
 授業中、紗弥の方を無意識に見つめてしまう高志。
 可愛いなと目の保養のつもりで眺めていた少女が、今では自分の彼女。
 そう考えると、自分は一生分の幸せを使ってしまったのではないか?
 などと考える高志は、これから悪い事が続くのでは無いかと、不安になる。
 そんな謎の恐怖を感じながら、紗弥の事をちらりと見ると、紗弥がこちらに気がつき、目が合った。

(あ、やば!)

 見ていた事がバレ、咄嗟に目を反らす高志。
 恐る恐る再び紗弥の方を見ると、紗弥はまたしても悪戯っぽい笑みを浮かべながら、頬に手をついて高志を見ていた。
 そんな紗弥を見て高志は再び顔を赤らめ、視線を黒板に向ける。

(なんだかなぁ……)

 どうやら、自分自身も紗弥を意識し始めている事に気がつく高志であった。

「甘え上手な彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • HARO

    いいですねぇ~

    0
  • Nayayaya

    こういう系超絶好きだわw

    0
  • アホの子は俺だ!

    それな!

    0
  • ペンギン

    いいなぁ〜

    1
コメントを書く