甘え上手な彼女

Joker0808

♯1

 とある放課後、誰も居なくなった教室に、二人の生徒が残っていた。 一人は男子生徒で、特別イケメンと言う訳でもなく、不細工という訳でもない、普通の男子生徒。 もう一人は女子生徒だが、男子生徒とは対照的に整った顔立ちとウェーブがかったクリーム色の頭髪が特徴的な女子生徒だ。 男子生徒は、不思議そうに女子生徒を見つめながら尋ねる。

「えっと……俺に何かよう?」

 男子生徒の名前は八重高志やえたかし、高志は目の前に居る女子生徒に向かってそう尋ねる。

「うん、ごめんね呼び出して」

「いや、それは別に……どうせ暇だし」

 新学期になりまだ数日しか経っておらず、新しいクラスにも段々馴染み始めていた今、高志はこの目の前にいる美少女、宮岡紗弥みやおかさやに呼び出しを受けていた。 高志は呼び出された時、内心何を言われるのかドキドキした。 しかし、そのドキドキとは、告白されるかも、と言った甘いドキドキでは無い。 新学期に入って、同じクラスになっただけの美少女に、告白されるなんて、そんな甘い事を考えられほど高志は馬鹿ではない。 考えられるのは、最近目の保養にちょいちょい紗弥を見ていた事がバレてしまい、何か言われるのかもしれないと言う不安だけだった。 何回か目が合ってしまった上に、目が合うと紗弥は直ぐに目を反らし、その場を離れていった。 
(キモイとか言われんのかなぁ~、結構きっついなぁ……)
 高志がそんな不安な事ばかり考えていると、紗弥が口を開いた。

「単刀直入に言うけど、私と付き合って」

「は?」

 思いがけない言葉に、高志は思わず間の抜けた声を出してしまう。 しかし、直ぐに意味を考え始める。

(付き合って? あぁ、はいはい。買い物とかそう言うのでしょ? わかってますとも、俺にそんな甘い展開なんて無いってこと)

「えっと、どこに付き合えば良いの?」

「? なに言ってるの? そうじゃなくて、彼氏になってって言ってるの」

「あぁ、枯れ木までですか、そんなところに何の用で?」

「そうじゃなくて、あぁもう! アンタが好きなのよ! これでわかった?」

「あぁ、そう言う意味か……って、え?」

 ようやく意味を理解した高志は、改めて紗弥の顔を見る。 赤く染まった頬、視線を合わせようとせず恥ずかしそうに目を伏せている。 そんな紗弥の様子から高志は、紗弥の気持ちが本物であることを悟る。

「えっと……俺らって話したことないし、ぶっちゃけ初対面に近いよね?」

「そうだけど、何か問題?」

「いや、問題だらけだろ? お互い良く知らないのに告白って……」

「私は貴方の事を良く知ってる」

「え……それはどういう……」

「八重高志、部活は帰宅部で成績は丁度真ん中位、好きな食べ物は魚料理全般、中学は陸上部、好きな教科はこれと言ってなし、好みのタイプはロングヘアーで優しい女の子……」

「わ、わかったもう良い!」

「まだ色々知ってるわよ?」

「いや、これ以上はなんか怖い」

 本当に色々知っていて高志はびっくりした。 しかし、高志は紗弥がどんな人間なのか全く知らない。 唯一知っているのは、二年生の中で一番可愛いくて有名と言うことだけだった。

「で、付き合ってくれるの?」

「い、いや……そもそも俺は宮岡の事知らないし……それに……なんで俺なの?」

 高志はなんで自分に告白して来たのかが、一番疑問だった。 自分よりも顔が良い奴や面白い奴は学校に山ほど居る。 紗弥ならちょっと頑張れば、選び放題であろうに、なぜ自分を選んだのか、高志は不思議でならなかった。

「……覚えてないんだ……」

「え?」

「……逆に聞くけど、好き意外に理由っているの?」

「い、いや…それは……」

「私は貴方が好き、大好き、一番好き!」

 高志に詰め寄りながら、紗弥は高志に自分の思いを告げる。 そんな直球で言われると、高志も照れてしまい、顔を赤くしながら逃げるように後ろに下がって行く。

「わ、わかったから……じゃ、じゃあその……友達からってのは?」

「いや」

「即答かよ…」

「私の事、毎日見てたくせに……」

「うぐっ! ば、ばれてたの?」

「バレバレ、うれしかったけど」

 更に顔を赤く染める高志に紗弥は更に続ける。

「おんなじクラスになれて嬉しくて、声かけたかったけどダメで……でも、八重からの視線感じて、うれしくて……もしかしたら今告ったら行けるかも、とか思って……」

「えっと……その……でも、付き合ってみたら色々と予想と違った事とかあるかもしれないし、友達からお互いを良くしってからでも……」

「いや」

「だから即答はやめて、少しくらい考えて!」

「付き合いながらでも互いの事は知れるでしょ……」

 またしても頬を赤らめ、髪の毛を弄りながら恥ずかしそうに言う紗弥。 そんなさ紗弥に高志は普通にときめいていたし、何よりこんな子が彼女だったら、幸せだろうなんて事も考えていたのだが、それ以上に自分が紗弥とは釣り合わない事を自覚していた為、素直に付き合うと言えずにいた。 きっと付き合ったら付き合ったで、周りからは釣り合ってないだの身の丈に合ってないだの言われるだろうし、紗弥は男を見る目が無い残念な女子と言われてしまうかもしれない。 そう考えると、高志は紗弥と付き合うのが怖くなってしまった。

「えっと、宮岡ならもっと他に良い人だっているんじゃ無いか? それに俺みたいなのが彼氏じゃ釣り合わないよ……」

 折角告白してくれた相手に、こんなことはあまり言いたくはない高志だったが、こうでも言わないとわかってくれないと思いそう言った。 付き合ってからがっかりされるなら、付き合わなければ良い。 それが高志に考えだった。 しかし、紗弥は__。

「周りなんてどうでも良いわよ、それに私は貴方の嫌なところも、悪いところも知りたいの」

 真っ直ぐな視線を高志に向け、頬を赤くしながら紗弥は高志に言う。 真意はわからないが、紗弥が嘘を言っている感じはしなかった。

「いや……でも……」

「付き合うの?」

「だから……」

「付き合わないの……」

「う……」

 紗弥は言いながら高志に近づき、高志の制服の袖を掴んで離さない。 そして紗弥の次の行動に、高志は負けてしまった。

「付き合わないって言ったら……泣く…」

   紗弥はゆっくりそう言いながら、高志に抱きついた。

「………はぁ~……負けました。よろしくお願いします……」

 こうして二人は付き合う事になった。

「甘え上手な彼女」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー240181

    裏がありそうで怖い

    1
  • ペンギン

    こんな感じでやられたら負けるわなぁ...w

    2
コメントを書く