Who are you?

風吹雪華

第3幸 環の災難

万森まもり駅-

「環!クレープ食べようよ〜。」

「甘いからいい。」

「えぇ〜、美味しいよ?」

「…私は飲み物だけでいい。」

「そっか…」

「…じゃ、じゃあ、1口だけ…」

「ホント!?
  はい、あ〜ん♡」

「あー…って、柑奈、クリーム付けないで。」

「ひゃ〜、ごめん!汗」

「(ホント、柑奈ってドジっ子だよね。)」

「今、何時かな?」

「…もう19時。
 そろそろ帰ろ。」

「そうだね。」

「じゃあ、私、急いで行かないと乗り遅れるから、また明日。」

「うん!
  バイバ〜イ!」



「ただいま。」

(はぁー、疲れた。)

一人暮らし、いい加減に慣れないとなぁ。

あ、差し入れ。

隣人の津雪つゆきさんからだ。

またお礼を言わなくちゃ。

今日はもう寝よう。



朝から鳴り響く、チャイム音。

(こんな朝早くに誰?)

欠伸あくびをしながら、玄関に向かう。

「はい、どちら様」

「どうも!
  おはようございます!」

「お、おはよう、ございます…。」

いきなり大声で飛び出して来たから、私の眠気は吹き飛んだ。

「てか、誰ですか?」

「やだなぁ!
  忘れちゃったの?
  隣の津雪です!」

「えっ、津雪さんって、女の人なんじゃ…」

「そんなことは気にしなーい気にしなーい!」

「は、はぁ…」

テンションについていけない…

どう追い出そう…

「あの、私そろそろ…」

「待って待って!」

「ちょっ、手を放して下さい!
  挟まれてもいいんですか!?」

「それはやだ!」

「じゃあ、放してくださいよ!」

もう何なの、この人!

「ちょっとお兄!
  何してんの!」

「あ、文香あやか!?」

「えっ!?
  妹!?」

「本当にうちの兄が失礼なことを…!」

「い、いえ…」

「お兄、戻るよ!
  学校に遅刻してもいいの!?」

「それは勘弁!」

妹、兄より大人だ…。

あの子何歳!?

私より年下だよね…

背が高くても、見た目が幼かったから、多分中学生くらいか?

私とそんな変わらなかったよね!?

あっ、私もそんな場合じゃない!



編野あみの高校-

セーフッ!

間に合って良かった。

「環、おはよう!
  今日は随分遅かったんだね。」

「まぁ、色々あって…」

「色々?」

「そこは突っ込まなくていいから。」

「えぇ〜、気になるじゃ〜ん。」

「気にしなくていいの。」

「ケチ〜。」

「はいはい。」

昼休み-

「今日も暑いね〜。」

「まぁ、梅雨入りだからね。」

「暑くないの?」

「多少は。」

「そう言えば、こんな雨の日に、髪の毛が伸びるんだって!」

「それ、騙されてるよ。」

「えっ!?
  騙されてたの!?」

「うん。」

「何で何で!?
  伸びるって聞いたことあるのに…。」

「誰かに嘘を教えられたんじゃない?」

「誰かって?」

「それは自分で思い出して。」

「う〜ん、それが、忘れちゃったんだよね〜。」

「そう。
  まぁ、何でもいいけど。」

「環、素っ気ないね〜。」

「そう?」

「うん、もっと楽しそうにしたらいいかも。」

「柑奈みたいになればいいってこと?」

「か、柑奈、楽しそうに見える?」

「うん。
  何時も楽しそうで羨ましい。」

「環と居るから何時も楽しいんだよ!」

「…そう。
 有難う。」

「環が笑ってくれたから、お茶して帰ろ!」

「…何それ。照」

「えへへ!
  いいじゃん!」

「…別にいいよ。」

「やった!
  早く学校終わらないかな〜?」

「あっという間だよ。」

柑奈は、健気な性格だ。

私は、そんな柑奈が好きだ。

だから、彼女自身、変わって欲しくない。

「Who are you?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

コメントを書く