Who are you?

風吹雪華

第1幸 十七女村事件

昔々、ある仲良しの4人家族が十七女いなめ村という小さな村に住んでいました。

その村には、人口124人という数少ない住人が平和に暮らしていたそうです。

しかし、ある悲劇が起きたのです。



朝-

「お母さん、おはよう…。」

目を擦りながら、まだ眠そうにしている娘、千幸ちさき

「千幸、おはようございます。
  まだ眠いんですね。」

千幸に微笑む母、美子みこ

「千幸、おはよう!」

元気一杯の笑顔で挨拶する息子、こう

「千幸は相変わらず、朝は弱いね。」

新聞を読みながら、母と同じく微笑む父、真琴。

この家族は皆親切で、特に千幸を甘やかしていた。

娘ができて、両親もたいそう嬉しかったそうだ。

可愛い服を着せよう。

大きくなったら、化粧メイクを教えよう。

将来、結婚出来たらいいな。…

家族には、そんな願望が沢山あった。

「さぁ千幸、朝御飯食べましょう。
  響、学校に遅れますよ。」

「あっ、そうだった!
  行ってきまーす!」

「行ってらっしゃい。」

「じゃあそろそろ私も…」

「真琴さん、もう行くんですか?」

「あぁ、今日は会社で祝いがあってな。」

「そうですか。
  それなら尚更、早めに行かないとですね。」

「そうだな。
  じゃあ、行ってくるよ。」

「行ってらっしゃい。」

「お母さん、今日は何して遊ぶの?」

「今日は、お絵描きでもしましょうか。」

「千幸、お絵描き大好き!」



昼-

「ちょっと、休憩しましょうか。」

「うん!」

「あら、お菓子を作る材料を切らしちゃったのね。」

「今日のおやつはないの?」

「お散歩に行きましょうか。
  歩いて行ったらお店があるから、そこで食べましょう。」

「やった〜!
  お散歩お散歩!…」



外-

「千幸、何か食べたい物ありますか?」

「う〜ん、あっ、ホットケーキ食べたい!」

「じゃあ、喫茶店に行きましょうか。」



喫茶 珈琲コーヒー

「いらっしゃい!
  あれ、美子?」

光里ひかり、お久しぶりです。」

「まぁ、何年ぶりよ?」

「高校以来ですかね。」

「娘さん、大きくなったね。」

「はい、子供の成長はあっという間です。」

「あたしも結婚したいなぁ。」

「光里なら出来ますよ。
  八方美人じゃないですか。」

「それはあんたの方よ。
  高校の時、あんたの噂で持ちきりだったのよ。」

「そうだったんですか?」

「おっと、立ち話は疲れたよね。
  そこに座りな。」

「有難うございます。」

「千幸ちゃん、何食べたい?」

「ホットケーキ!」

「はいよ!
  美子は?」

「私は珈琲で。」

「あんた、ここに来る度珈琲ばっかりじゃない。」

「光里の作る珈琲は美味しいんです。」

「じゃあ、ケーキも付けるよ。
  何がいい?」

「…じゃあ、お言葉に甘えて、ショートケーキで。」

「甘さ控えめね。
  はいよ。」

「うふふ、光里、私の好みの味、覚えてたんですね。」

「ねぇねぇお母さん、あのおばちゃんと仲良しなの?」

「はい、昔の友達なんですよ。」

「友達…千幸にも、出来るかな?」

「出来ますよ。」

「お待ちどおさん!
  ホットケーキと珈琲とショートケーキね。」

「わぁ!
  美味しそう!」

「本当ですね。
  光里、お客は私達だけですか?」

「そうだよ。
  平日だからねぇ。
  ずっと暇なんだよ。」

「休日になると、大繁盛ですもんね。」

「そんなこともないよ。
  千幸ちゃん、おばちゃんと仲良しになろうよ。」

「うん、いいよ!」

「おばちゃんの名前は、光里。」

「光里おばちゃん、でいいの?」

「もう何でもいいよ。
  あんたの娘さん、可愛いねぇ。
  子供1人いるだけでも、あんたみたいに何時も幸せになんのかな?」

「最初の頃は、とても大変でした。
  近所の人達にすごく助けてもらいました。」

「へぇ、そんな大変だったんだ。
  良い人が見つかれば、あたしの人生設計通りになるんだけどねぇ。」

「光里の人生設計、ほぼ思い通りなんですか?」

「そうなんだよ。
  まぁ、そんな完璧でもないけど。」

「うふふ、そうなんですね。」



夕方-

「ただいま!」

「おかえりなさい。
  手洗いうがいを忘れないで下さいね。」

「はーい!」

「千幸もお兄ちゃんとやる〜!」

「(うふふ、可愛いですね。)」

「ただいま。」

「真琴さん、お帰りなさい。」

「今日の晩飯は?」

「今日はシチューですよ。」

「そうか。」

「お父さん、お帰り!」

「お帰り!」

「ただいま。
  2人共、良い子にしてたか?」

「「うん!」」

「さぁ、食べましょう。」

「「頂きまーす!」」

「「頂きます。」」

そんな何気ない日常が続いていた。

あの日までは…

「おはよう…お母さん?」

千幸が食卓に行くと、母達の姿がなかった。

台所にも、寝室にも居なかった。

何処を探しても見つからなかった。

ふと千幸は、目線を落とした。

この家には、地下室がある。

でも、身体からだが小さな千幸には、地下扉を開くことが出来ない。

そこで、母の友人の光里に会うことにした。

喫茶店までの距離は、結構長かった。



喫茶 珈琲-

「あれ?
  まだ開店してな…千幸ちゃん!?
  どうしたの?」

「光里おばちゃん…お母さんがいないの。」

「えっ、美子がっ…。
  お父さんと響君は?」

「お父さんもお兄ちゃんもいないの。」

「おばちゃんと一緒に行こ。」

「うん。」

光里は、震える千幸の手を握り、2人で家に向かった。



家-

「美子!
  真琴さん!
  響君!
   …いない。
   …っ!
  暗くて分からなかったけど、床に血がっ…!」

「おばちゃん、どうしたの?」

「千幸ちゃんは、ここで待ってて。」

光里は、重い地下扉を開けた。

テーブルに置いてあるランプを片手に持ち、下に続く階段を降りていった。

名前を呼んでも返事がなかった。

暗闇の中、彷徨さまよいながら歩いて行くと、目の前には、3人の死体が転がっていた。

息を呑んだ。

何も声が出ず、その光景を眺めることで精一杯だった。

光里は、思考回路を変え、急いで村の住人達に助けを求めた。

たちまち、その事件は村中に知れ渡った。

「美子っ…!」

泣き崩れた光里を見たこの頃の千幸は、家族が殺されたことを理解していない。

やがて、日本中に報道され、『十七女村事件』と呼ばれ、歴史に刻まれたのだった。

それから、千幸はどうなったのか、知りたい?

「Who are you?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「推理」の人気作品

コメント

  • 椿 花鈴

    はやく、続きが見たいっ!

    2
コメントを書く