最強無敵の賢者(ワイズマン)

奈楼小雪

Love37「魔王と花嫁:第五章(魔王と王子)」

   周りを土煙が覆い大きな穴が空いた大地に鋭利な刃物で切られチーズの様にパックリと切れているのは防衛省の建物達、可哀想にスライスした四角いチーズを断面に沿って滑らせた様に綺麗に重力に引かれて土煙を上げながら地面に落ちている。
『貴様!貴様貴様!!』
 M・Sメンタル・スーツの中では怒り狂った王子エンリケが声を上げている其れも無理もない行き成り飛ばされたと思ったらヒノキの棒が金色の剣エクスカリバーに成りそして反撃の暇も与えられず、再び攻撃をされディスプレイには機体損傷率90%と[非難推奨]が表示されているからだ
「う、うっ」
 集音マイクを通して呻き声が青年の耳に入り聞こえる方向にアイ・カメラを向けるとリムジンから出てきた男を顔認証でスキャンしその結果を見ると青年エンリケはほくそ笑んだ
「さて、エンリケ君だったかな?ブラウさんの事は諦めて自分の国に帰ってくれると嬉しんだけど…君にも家族が居るだろうし」
 少年カレは土煙の中で全身から火花を散らせているM・Sメンタル・スーツを見ながら言う
『成すことへの渇望を求める限りは、神は我を見捨てる事は無かった!貴様!此奴がどうなっても良いのか?』
「誰だっけ?」
『お前の国の宗主国カイヌシのアメリカ合衆国大統領、トーマス・ガン・ストロングだぞ!此奴がどうなっても良いのか?』
「あ、大統領閣下!閣下におかれましては本日はお日柄も良く、随分具合悪そうですが大丈夫ですか?」
『此奴は世界の支配者なんだぞ!此奴が死ねば世界が混乱するぞ、世界経済は暴落してお前の国は世界から孤立するぞ!』
「ちょっと待ってね!」
王子エンリケ少年カレが大統領を取って自分の言う事を聞いてくれると一安心し
『潔く、ブラウを諦めて私に渡せば寛大な…』
要求を述べていると少年カレが遮り
「えと、ズヴィッダーzvezdaのメッセで質問をした所、各省庁を回され最期が副大統領さんに行きました。副大統領のネクスト・チェア・チェイニーさんからメッセでどうか安心して政権を運営するから逝ってくれたまえ。君は悲劇の大統領として後世に名を残すのだ!次の新宇宙空港の名前に君の名前を付ける事を下院議長とCIAカンパニー長官と三人で今決めた!あとイスパニア・ポルトゥス連合王国への報復は任せてくれだそうです…」
『「え」」』
M・Sメンタル・スーツの中と外で同時に声が上がった
『おい、おいどうして我が国が報復される!』
「私をやはり邪魔だと思っていたか!クソ!チェイニーめ!!そうだ!賢者ワイズマン!世界の半分をお前に来れてやろう!だから私と手を組もう」
「えと、チェイニーさんから返信で宇宙艦隊と最新鋭空母バラック・オバマを破壊した上に長年の合衆国ステイツ計画プロジェクトを破壊し、横田基地とNEoネオサンノー米軍戦略センターが破壊された事を許すほど我が米国は寛大では無い!我ら有志G8は現在総力を上げてイスパニア・ポルトゥス連合王国への報復作戦へ入った!作戦名オペレーション自由の征服:リヴァティー・オブ・レコンキスタだ。あと、賢者ワイズマンさんへ私と組んで大統領に成った暁には今度エリア51グルーム・レイクへ招待しますよーより世界の深淵●●●●●を見たいと思いませんか?」
少年カレ情報端末ウォッチの内容を彼等に見せると其処には言ったとおりの事が書かれて居た
『あばばばbっばっばあば』
「うごっごおごごごごご」
王子エンリケ大統領プレジデントは其々半狂乱に成って居たがやがて我に返り
「よし、クソ王子エンリケ今だけ手を組もうか?」
『乗った大統領プレジデント!先ずはこの国を乗っ取って…』
「あのー申し上げにくりのですが…」
「『なんだ!』」
「既に大統領閣下は亡く成った●●●●●事に成りまして、ネクスト・チェア・チェイニー副大統領さんが大統領に成りました。僕にエリア51グルーム・レイク年間自由券フリーパスが大統領令で来ている!チェイニーさんへありがとうと大統領就任おめでとうってメッセ送っとかないと…後は、追伸で王子エンリケと元大統領閣下とわかる程度に処分しておいてくれだって、貰ったお礼は返さないと!という訳で二人共、僕が興味●●●を持った世界の深淵●●●●●の探求の為に犠牲に成ってね!」
「そんな事がゆるるる…」
 少年カレが刀の柄に左手をやると元大統領の首が宙を舞い地面に落ちM・Sメンタル・スーツの右手からは彼岸花が咲いたかの様にプシューと血が舞う
『貴様!!貴様だけは許さない!殺して我が蒼き乙女ブラウを娶る!!』
 擦れる金属音を無視しながらM・Sメンタル・スーツはトンファーを出しながら少年カレに飛び掛った時だった
「ブラウさんは僕の大切な資料いとしいひとだから上げられないな!ブラウさんのメンタル・ギアの冷たさは鉄の処女アイアン・メイデンの様、君にはブラウ●●●さんの替りに鉄の処女サッチャーさんを上げよう!」
『うっぎゃやyぎゃyがyぎゃぎゃyg』
 途中でM・Sメンタル・スーツが止まり拡声器からは苦痛と痛みの悲鳴の様な声が上がり胸をトンファーで叩きやがて宙に手を向けたかと思いきやM・Sメンタル・スーツが停まり背中からゴロリと何かが落ちた。其れは、操縦席が鉄の処女アイアンメイデンの様に変形トランスフォームした姿で有り、落ちた衝撃で顔の部分が開き其処には虚ろな瞳のイケメンの王子エンリケが居た。
「さて、現大統領ナウ・プレジデントさんのネクスト・チェア・チェイニーさんに二人の場所は送ったしさて、学園へ帰るか」
少年カレは学園の方へ小走りに向かった。
***
 少年カレが去った後、一人の大男が鉄の処女アイアンメイデンの前に立ち叩くとパカッと開き其処からは朱黒い液体と青年エンリケが出てきた。の適合者フィッターの強さか仰向けに成りながら息を吹きし開けた者の顔を見ると
『カルロスか!?良く来た!此処はひとまず逃げて体制を建て直す」
「ええ、我が君安全な場所は既に確保しております!」
『流石、カルロスだ、其れは何処だバミューダ、イヤ天国と言われるタヒチも良いな!』
「ええプリンス、最高の天国の切符を用意しました!」
『そうか、流石…グッぐほっつ貴様…』
青年エンリケの胸には何か細長い黒い剣の様な物が刺さって居た
「天国、イヤ地獄で如何かがですかね?プリンス」
その黒い剣は大男の右手から生えていた
『一体何者だ…カルロスでは無いな!カルロスのメンタル・ギアでは無い!』
大男は胸から剣を抜くと折り紙●●●銃の形●●●にし王子エンリケの額に銃を向け
「女は秘密を着飾って美しくなる、さようなら王子エンリケ楽しい日々だったわ、カルロスならジブラルタルで魚の餌に鳴っているわ!ではさようなら!」
 パンパンと音がし此処に航海エンリケ王子の旅は終わった。旅が終わった男の瞳に映るは大男では無く金髪ツインテールに翠眼で褐色の肌が健康そうな喪服のスーツを来た美少女が居た
「此方、[ペーパー] 王子の旅は終わった、繰り返す王子の旅は終わった」
左指の情報端末リングに話しかけると[OK]と[君の亡き両親に祝福あれ]が表示され少女は
「まだ、終わっていないわあの国が滅ぶまでね」
 連絡を受けてやって来た米軍のヘリが遥か遠くから来るのを見つめながら呟き、やがて黒い紙吹雪と成って少女の姿は消えた。

「最強無敵の賢者(ワイズマン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く