最強無敵の賢者(ワイズマン)

奈楼小雪

Love26話「パペット・インシデント(前編)」

  此処は少年カレを乗せている付焼警備保証ツケヤキセキュリティのヘリ、自衛隊より軍隊で高待遇と言われているこの会社は少年カレペンタゴンを本社とし役員とする事で日米安保条約を無視出来る治外法権アンジャッジの管轄に有る稀有な警備会社セキュリティカンパニーである。
 そんな中で護衛のフル装備の兵士達は互いに各機で連絡を取りあっている、彼等の話を聞いてみよう
「そういえば、今日は珍しく隊長がピリピリしていたな?」
「お前、聞いてなかったのか?隊長の占い結果?」
「碓か、[運命の車輪]と[正義]に[節制の逆位置]と[星]だったよな?」
「ああ、そうだ!状況の変化、正義、対立する者の混入、星だ!」
「だから?」
「では、問題だ!この国でこの国に居ながらこの国で無く縛られない正義が大好きな星は?」
「星…縛られない…正義大好…介入する…日米地位協定…米軍スターか?」
「その通りだ!隊長は何らかの行為が行われると予測しているのだ!気を付けろよ!」
「了解した!」
 この会話だけを聞いた人はどこぞの20世紀の第三帝国魔術部オカルト・ナチスかと思ってしまうが補足をしておこう、先程の会話で出た隊長のメンタル・ギアはタロット内の21枚の大アルカナカードで事象的中率は凡そ100%である。 だが、タロットカードは見る人物によって解釈が変化しすると言われており、この隊長の場合では解釈による正解率は最高では95%悪い場合は55%と成って居り平均として75%と成って居る。
 だが、多数の兵士達や政府要人からはこの占いはとても支持されておりこの間のジャスコ事件の時も塔・悪魔・皇帝・隠者の正位置が表示され、本来ならジャスコに行く予定だった人物が行かず巻き込まれなかった程だ。 後に、事件の概要を知った隊長は[間違え無く、魔王で賢者が塔を破壊すると予言してみたらそうなったか]としたり顔で言っていたそうだ。
 さて、彼等に何か異常事態が発生した様だ
「此方、戦鷹バトルホーク01、レーダーに不審な物が写りこんでいる!此方に接近中、機影と機体エンジン音から確認!米軍の戦闘機だ!」
『此方、親鷹パレントホーク、全機、武器安全解除セーフティ・リリース!メンタルシールドを展開!何時でも撃墜出来る様にしとけ!後、録画録音忘れるな!』
「「「「01,02,03,04ラジャ」」」」
 親鷲パレントホークから指示が発せられ全機が状況を完了した時だった、戦闘機から一発のミサイルが親鷹パレントホークへ発射された
『チャフ、フレア発射!効果なし!急速降下しつつ機体を限界高度まで下げ森を突っ切る!戦鷹バトルホーク01-04は各自迎撃せよ!うっぉお!』
 隊長が声を上げるのも無理は無い高速戦闘ヘリ親鷲パレントホークはヘリと思えない速さと俊敏さで森の中へダイブし縦横無人に駆け巡りながらミサイルを躱し木に当たったミサイルが爆発する。 一方上空では、米国軍戦闘機USA・AF戦鷹バトルホーク達の戦いが始まっている、普通●●なら戦闘機と戦闘ヘリの戦いなど比べ物に成らないハズだが戦鷹バトルホークは残念ながらヘリでは無い。元と成ったのは米空軍の黒鷹ブラックホークで有るが汎用性メンタルギアを展開しロータ等を格納する事で米空軍A-10サンダーボルトばりの変態的な重装備と機動を行う事が出来るのだ!
 戦鷹バトルホークの名前は伊達では無いのだ!そして、そんな獰猛な戦鷹バトルホークが素顔を晒すと同時に
「「「「ファイヤ!」」」」
 各機から夏の隅田川の花火大会の様な熱烈爆裂死お・も・て・な・しな対空ミサイルや機銃を受け粉々に砕けながら地母神から朝の接吻げきとつを受け爆発リアジュウした
戦鷹バトルホーク01、相手さんもう来ないよな?」
戦鷹バトルホーク02、来ないことを祈ろう…」
戦鷹バトルホーク03、レーダーに感アリ多数の機影有り、方向、米軍横田基地!」
戦鷹バトルホーク04、どうしましょうか?所で親鷹パレントホークは?」
『此処だ親鷹パレントホーク、把握、此方、一発で葬るらしい…全機我が機の後方に移動しろ』
隊長はどうしてその様な指示を出したのだろうか?
***
 かって290年ほど前に糞の様な記事を書いていたクズの様な新聞社が有りその国は日本の事を貶める●●●●●●事を社是とし日付すら間違える放火犯の火種以外としては役に立たない新聞とネットでは話題に成って居た。その新聞社の迷語・名言の一つに[一発なら誤射かもしれない]という言葉が有る。
『お父様、一発だけならいいでしょ?』
 可愛い幼女人形が眠そうな少年カレの頬を触りながら言う、少年カレはどうやら自堕落的ルシフェストな生活をしていた様だ眠そうな顔をしながら
「うん、良いけど気を付けてねあまり無茶をしないでね…少し寝させて」
 少年カレがゴロリと向きを変えると幼女人形は口角を上げながら部屋に付けられた無線機から
『あの、隊長さん?お父様から一発で決めていいって言われたから一発で葬ってみるわ』
「お!?早いね!了解した、此方に来れるか?」
『はーい、行きマース』
そして、今は幼女人形は隊長と呼ばれる人物の足元に居る
「嬢ちゃん、敵は方向、米軍横田基地から向かっている米軍空軍機多数だ!本当に行けるか一発で?」
『勿論ロンだよー、何時でも良いよー合図をして』
幼女人形は小さい腕を前に出して上を見上げた
「分かった、やってくれ」
『ありがとー隊長さんー』
幼女の脚元に複雑な幾何学模様が現れ始め
『いんどらーのにゃー!』
舌足らずの声で言うと同時に何か紅い物が米軍横田基地の方面へ向かっていった。
さて、米軍横田基地の方面はどうなっているだろう。
***
 此処は米軍横田基地、在日米軍司令部と第5空軍司令部で有り東アジアを俯瞰ふかんする上でアメリカ軍の戦略的重要基地と成って居る。
『まだ、機体達と連絡は取れないのか!?』
「はい、司令サー各機無線封鎖をしている様で連絡が取れません」
『其れで、機体達が向かった方向は?』
「このコースです!」
司令官の男のディスプレイに表示されたのは東京西郊外奥多摩の付近に5機の纏まった機体が映っている
『この5機は何だ!何処の機体だ』
「詳しい事は機密シークレットですが、コードネーム:賢者ワイズマンの時間通りの通過ですね」
賢者ワイズマンだと!!』
 ワイズマンが乗る機体は付焼警備保証ツケヤキセキュリティが運用する治外法権アンジャッジで有り縦横無尽に空を移動する事が許されている。 だが、賢者ワイズマンと来たら丁寧に時間とコースを常に米空軍エアフォースに提供し風速や急な用事が入った場合は確実に連絡をしてくる。前に、付焼警備保証ツケヤキセキュリティの警備隊長に理由を聞いた時は不幸な行き違い●●●●●●●によって日本と米国政府に無用な緊張関係や犠牲を生まない為にしていると言われた時は何の事だと思ったが、今回はその不幸な行き違い●●●●●●●以上の事態が起きている。
 司令官の男はせわしげに軍帽を取り額を拭ぐいながら、自軍の戦闘機が許可なく離陸しその上で賢者ワイズマンの機体に向かって居るのだ撃墜されても何も文句言えないなと思って居ると
「先行していたアルファ01ワンのレーダーから機影が消えました、撃墜された模様」
『衛星画像を出せ』
 映ったのは自国空軍A-10サンダーボルトと似ても似つかない変な機体が5機有り地面からは煙が上がっていた
『現在のアルファ02-20の様子は?』
場所が変わり編隊を組みながら飛行している姿が見えたが、紅い何かが通ると機体が爆発四散した
『一体何が?おい、アレは何だ!』
 司令官が指差すのは管制塔から空に見える紅い矢のような物だ、其れはドンドン高度を下げて此方に向かってくる、やがて其れは滑走路に刺さった瞬間に其処から紅い球体が生まれ滑走路と停止している輸送機を飲み込み始めた、異様な何かを感じ優秀●●な司令官は
『全員退避せよ!!』
 指示を出したが、何もかも遅かった!そもそも優秀●●●●●●なら初期の内に付焼警備保証ツケヤキセキュリティのヘリに無線でも入れて事態を説明しておくべきだったのだ!紅い球体はドンドン大きくなり管制塔に居た愚者しれいかんを飲み込みやがて生き物の様に動き始めると基地全体7平方kmを飲み込み更地にした。
***
 一発たかが一発で有ったとしても戦術的に致命傷な一撃タククリティカル・ダメージがある事を忘れてはいけない、進歩した文明科学世界には魔法と区別がつかない幼女人形ファンタジー生物メンタル・アニマルが居るのだから…
『おにゃか、いっぱいーーー』
「嬢ちゃん、普通はメンタル・ギアを使ったらお腹が減るんじゃないのかな?」
『そうなの?うーうん、だって、沢山、食べたから大丈夫』
「そうか、それは良かった、朝ごはんをしっかり食べる事は大切だ!後もう少しで付くから旦那と一緒に居なさーい」
『分かったーおじさーん』
微妙に噛み合わない会話を終えて幼女人形は少年カレが居る所へ戻る通路りながら
『朝ごはん?私がさっき、食べたのは鉄と人間だったわ、鉄は美味しいけど人間はイマイチね、夕食の牛肉の方が美味しかったの』
 この幼女人形が放った[いんどらーのにゃー]は[イン・虎の・ニャー]という猫の様に俊敏で可愛く虎の様に獰猛な自分の写身で有り特定地域のインを食べるという特徴を持った炎で有る。現在、幼女人形ビスクドドール生物メンタル・アニマルの躰の中には米軍横田基地内の一万名と機材が転がっている。 恐るべし幼女人形ビスクドドール!と神という者が目が有ったら間違えなく300年前に有ったケイ酸塩グラスの仮面の如く白目を向いているだろうと誰かがツッコミを入れたい所だが突っ込み役の少女ナナは既に学園に朝早く出かけている為に居ない! 機体はヘリポートに着くと高度を下げ始めると幼女人形ビスクドドール少年カレの制服の胸ポケットに入ると目を瞑り寝始めた。

「最強無敵の賢者(ワイズマン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く