最強無敵の賢者(ワイズマン)

奈楼小雪

Love25話「エキシビションマッチ始末記」

『お母さん、起きて、お母さん起きて』
 ペチペチと頬を叩く感触で少女ナナが目を覚ますと其処には15cm程の可愛らしい幼女の人形が居た、朱黒い長い髪に右眼が赤茶色左目が琥珀色そして顔は端正な顔立ちで有り少女ナナ少年カレを合わせて2で割った様な面影で紅色のフリフリの服を着ていた。取り敢えず少女ナナはヌイグルミを抱くように人形を抱き
「この人形よく出来て居るわ、でもどうしてアイツの面影が入っているのかしらもしかして、アイツが私に作った人形とかね…考えたくない…」
『お母さん、お母さん!』
「どうしたの、可愛いお人形さん?貴女は誰に創られたの?」
『お母さんに創られたの!』
幼女の人形は少女ナナを指差した
「私が貴女を作ったの?」
『うん、そうだよ!』
「どうやって…作ったの?」
「其れを説明しよう!」
 ベッドそばのカーテンが空き少年カレがウサギ型に切られた林檎を差し出すと部屋が黒く成りフォログラムが展開された
***
 此れは朱い少女ナナ少年カレとキスをし気絶した後の光景、闘技場は荒れ狂う炎に蹂躙され生徒達は我先に非常口へ逃げ始めた、闘技場の中心に巨大な太陽の様に紅いメラメラと燃え上がっている球体が現れた。その球体は触手の様な物を出し朱い少女ナナ少年カレ蒼い少女ブラウに触った後に
『奈々《ナナ》お母さんと匡央まさひろお父さんこんにちは!』
何と挨拶をしたのだ!少年カレはその球体の触手を触りながら
「君は一体?何処から?」
『うーん、分からないんだけど…何ていうかさっきまでお母さんの中に浮いて居たら急に投げ出されて来ちゃったの!』
「そうなのか…そうだ!そのままだと君の影響で周りがメラメラ燃えちゃうし暑いから少し形態を変えられないかな?」
 現在この球体の半径1m程の周りの温度は6000℃程有り全てが蒸発し始めている、生徒が避難した闘技場内は1400℃程に成って居り地面が溶け始めガラス層が形成され始めている蒼い少女ブラウ喧騒く海神の槍さんざめくポセイドンを展開している為に問題は無いが足元で水と溶けた大地が合さり見事な黒曜石が生まれている
『うん分かったお父さんやってみるよ!』
 ピカッと光り先程までの熱さが嘘の様に消えると其処には人形サイズの可愛い幼女が現れたのだ、幼女人形は
『出来た出来た!お父さん出来たよ!』
 嬉しそうに少年カレの周りを飛び回った。やがて、少年カレ朱い少女ナナを抱えながら蒼い少女ブラウと共に闘技場の外へ向かって歩いていると其処には吉良大和ミスタープロテインがパンツ一丁で仁王立ちしていた。まだ、春先だというのに躰はこんがりと焼けて健康そうであった、決して21世紀に薬物で捕まった野球選手や歌手達が競って日焼けした様な意味深な日焼けでは無い事を強調しておく。
「お!大和さんどうして?」
「イヤね、先日のジャスコの件で警察の事情聴取が終わって学園に戻って来たら闘技場で炎が荒れ狂って居て大変な事に成っていたから私のメンタル・ギアでシールドを張っていたのよ!」
「其れは有難う、所で凄い日焼けだ!」
「最初は制服を着ていたんだけど、焼けちゃって何時の間にか躰も焼けちゃったの全身焼けて最高の出来よ三年生の部の試合が楽しみだわ!」
『凄い、筋肉ですねお父さん!』
少年カレの肩に乗っていた幼女人形は興味深そうにかのじょを見つめた
「あれ、会長いつの間に副会長と子供さん作ったの?可愛いわ!触ってみる?私の筋肉?」
『いいの?触って?』
幼女人形は少年カレが頷くのを確認するとかのじょの元へ飛び込んだ
「所で、ブラウさん、周りの火を消しといて貰えますかね?僕は闘技場を創り直すから」
「分かった、今度一回、一緒に二人きりでお出かけを求める?」
「うん!良いよ!其れくらい!」
蒼い少女ブラウは 喧騒く海神の槍さんざめくポセイドンを一振りすると炎は消えた…イヤ炎が凍った
「あ、加減が難しいな…水で炎を覆うイメージで消したら凍ってしまった!追加で拡張リモデリングに慣れる為に帰宅後個人レッスンを求める!」
 炎が瞬時に凍った、熱力学の法則を無視した状態で有り氷の表面温度は-7000度で有り、後に低温物理学会で喧々諤々の議論が生まれる事に成る
「分かったよーじゃ、次は僕だね!取り敢えず仮染めの技名だけど…」
少年カレが刀の柄に左手で触り
色即有空有即是色すべては充実する
 右手をパチンと鳴らすと凍った炎の中に巨大なサッカースタジアム3つ分の真っ黒な巨大な闘技場が地面を破り上がってきた朱い少女ナナに溶かされ蒼い少女ブラウが急速冷熱し少年マサヒロによって加工された建物は全てが黒曜石で出来ている。 周りからは凍てつく炎フローズンファイアで囲まれた黒い闘技場が見え後に魔王の闘技場サタンズ・デススタジアムと呼ばれる全天候型複合型多目的施設の完成で有り、建築の専門家達が施設の耐震等の確認に訪れ長期の詳細な調査結果が出て震度12でも耐えうる驚異の設計である事が分かった。 何故なら魔王の闘技場サタンズ・デススタジアム事態が少し宙に浮いており地面に設置していない事が分かったからだ理由としては魔王の闘技場サタンズ・デススタジアム事態が何らかの影響で常温超伝導体に成って居る為のされているが詳しい要因は分かっていない。此れが報道されると魔王の天空闘技場サタンズ・デススカイスタジアムという名称が定着する事に成る
***
「っという訳なんだ奈々さん、理解してくれた?」
「流れは分かったが、この子は一体何者なのだ?」
『わからにゃいよー、名前も無いからー』
「一応確認してみたんだけど、この子は君のメンタル・ギアの一部みたいだね、前のブラウさんの思い込み●●●●で長い刀に成って居た様に奈々さんの場合は拡張子リモデリングパーツ外装ペルソナの中で思い込み●●●●この子が生み出されて異物として弾き出された感じかな?何か心当たりが有る?」
 少女ナナはあの時の事を思い出す少年カレとキスをした瞬間に思ったのは[赤ちゃんできちゃう]であった。少女ナナは男を知らない箱入り娘の為にキス=性行為ラブクラフトと認識し思ってしまった●●●●●●のだ[子供ができた●●●●●●]と。だが、瞬時に我に還り自分の知識を元に其れは有り得ないと思った所で何かが抜ける感じがして意識を失ったのだ。
「どうやら、心当たり有るようだね」
「ナイ!ないに決まっている」
『お父さん、分かりましたちょっと耳を貸して下さい』
幼女人形は少年カレの耳にコチョコチョと話をした
「成程ねー精神内で赤ちゃん●●●●が出来ると誤認して其れで君が生まれたと、そして我に還って外装ペルソナから切り離されて君が生まれたんだね!それにしても外装ペルソナ完全独立スタンドアローンしているのは面白いね!ファンタジーの世界だと使い魔見たいな物だね。今は僕と奈々さんのメンタル・ギアとか周りのエネルギーを吸収して最適な状態で保って居り、知識や思考は僕と奈々さんのを共有していると面白い」
幼女人形は少し心配そうな顔をしながら
『お父さん、私はどうなるの?また暗い所へ戻るの嫌だよー』
「大丈夫だよ!君は君が戻りたいと思わなければ完全独立スタンドアローンとして居るから刀の中に戻ることは無いよー後で安定させる為に追加で拡張子リモデリングパーツを入れようねー』
『有難うパパー』
 幼女人形は少年カレの頬にキスをした、此処に思考をバラされ恥ずかしさの余りに布団の中に潜り込んだ少女ナナ少年カレの間に新しい家族ピクシーが産まれたのであった。
『パパ、お願いがあるのです!』
「何だい?」
『名前を付けて貰えませんか?』
「そうだね、太陽、アポロンの女の子、アポコ違うなアホの子みたいだ、太陽の子で陽子でどうかな?」
『陽子いい名前ですね!有難うパパーー』
 幼女人形と少年カレのやり取りを見ながら少女ナナは心地よい春の風に誘わる様に眠りの世界に落ちて行くのだった。

「最強無敵の賢者(ワイズマン)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く